和 dining 清乃

お酒を飲むのが楽しいぜ~♪(`∇´ゞ

■和 dining 清乃
@有田市野669
【営業時間】
11:00~14:00
17:00~22:00
【定休日】火曜日、第三月曜
【電話】0737-83-4447
【駐車場】あり
■せーのなう
『とこさん、有田へ飲みに行こらよ~♪』と、知り合いの社長さんからのグッドタイミングのお誘いが!!(笑)ちょうど行こうかと思ってたのでご一緒させていただきました♪(*^o^*) 『限定のコラボができました!』とマスターからの情報。久しぶりの別店とのコラボに胸を踊らせながらの訪問でござい~! そしてとりあえずビールか!(笑)ラーメンは置いといて久しぶりにマスターおまかせの肴を、ば。最近置きだしたという『ハートランド』で喉を潤しまふ。そして…

■だし巻き

まずは初めていただく『だし巻き』です。意外ですがこんなポピュラーなメニューをいただいてなかったんですね(笑) 何もかけずにそのままの旨さを楽しみます♪

■『あこう』刺身


これまた生まれて初めていただく『茂魚』と書いて『あこう』と読むそうです。
この日は小さい『あずきあこう』で3kg台は非常に珍しいとのこと♪ 
身は真っ白ですがしっとりとしたほのかな甘味が舌の上で広がり旨いです。

■黒毛和牛ステーキ


待ってたゼー!!(≧∇≦)
お約束化しつつある和牛ちゃん♪
岩塩の上で軽~く炙り、ヴェルダンでいただきますが…
何も言うことなく最高ぢゃ!!!


一通り飲み食いしてからの~ぉ

■鉢の葦葉さんとの
コラボラーメン
●スープ
鶏ベース醤油清湯
●麺
中太ややちぢれ
(鉢の葦葉さん自家製麺)
●具材料
チャーシュー、鶏ハム、
■この日の感想
たっぷりお酒とお料理をいただいた後ですがラスト〆に限定コラボをオーダーしました!

■デッドで!

スープはいつもの醤油青湯。
で、そこに入るのが鉢さんの自家製麺でした。



第一印象ですが、とにかく麺のしなやかさにもっていかれちゃいました。何て言うか こう癖のないビジュアルなのに噛めばじんわり甘みが口いっぱいに広がるんですよ。決して粉の風味が強いワケじゃないんですが『気は優しくて力持ち』むたいな~♪なんか意味がよーわかりませんが(爆) 食べれば食べるほど引き込まれます。
(はぁ~旨いなぁ~(≧ε≦)) 
と、ラーメンを食べているその時、
マスターより重大な発表がありました... 

つづく...



※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:有田市 

【限定:秋鯖の白湯味噌】和 dining 清乃

味噌のハ~モニ~♪


■和dining清乃
@有田市野669
【営業時間】
11:00~14:00
17:00~22:00
【定休日】火曜日、第三月曜
【電話】0737-83-4447
【駐車場】あり
■せーのなう
ラー友のビーマ君から『味噌の限定に★★★★★をつけた!』という話を聞きつけた。北海道遠征で味噌ラーメンに造詣が深くなった彼から★5つをもらうとはいったいどんな味わいなんやろ??? それからというもの、その味噌が気になって、気になって…(笑) しかも土日限定というハードル付きでしたが、なんとか無事いただけましたよ~(`∇´ゞ



■お品書き
入口の扉に書かれたって言うか貼られた限定の値書き。そしてもうひとつの限定品である「秋さんそばかけ」がありますが、こちらは以前プロトタイプをいただきましたのでスルーで。一応、味噌があるのを確認してから入店いたしました(笑) そして中メニューにもちょっとしたマイナーチェンジである「かけそば」なんかが登場しております♪



■秋鯖の白湯味噌
(780円)
●スープ
鯖のみ魚介味噌ベース
●麺
太ちぢれ(有ブラ同様)
●具材料
チャーシュー、メンマ、分葱、味玉子(個人的に割愛)
■この日の感想
しばらくして配膳された味噌ラーメン。特有の存在感を最初は感じませんが、徐々に…

■デッドで!! 
味噌と鯖の香り漂う中をデッドで飲んでみますが…



『味噌~~~!!!』

というリアクションを予定してたのですが、チト違う。
味噌がベースなのですがその中から湧き出るような鯖の香りと風味のハーモニーが。

何て言ったらいいのか、ある意味その個性が強い鯖ですが味噌と見事に融合し
どちらもそのギリギリの味わいのラインを保ちながら互いの旨さを引き出し合ってるんです!!!

特筆すべきはその鯖の白湯スープ。
鶏や豚骨といった動物系レギュラーを外して生鯖一本
その風味をスープを絞り出しているというから驚きだ。

そして和の世界ではあまりに有名かつシンプルな名コンビが
麺を迎え入れて夢の饗宴となったわけであります(笑)
またそのスープに小粋に現れたのが摺り下ろされた生生姜にちょこんと載った分葱♪


「鯖特有の臭み」と書くと「あぁ~あれね!」と思われるかたもいらっしゃいますが、
このスープに関してはそれは皆無。

それより、この生姜を徐々にスープへ溶かしていくことで、
シャープなエッジと鯖風味の変化を楽しむ事ができるでしょう。
最初からちょこっと、ゆっくりと… 
あなたの好きな味を見つけてみてはいかがですか♪



麺はご存知、棣鄂の中加水太ちぢれ麺。
これが味噌と鯖とを紡ぐ糸となってきめ細やかな味を表現されてます。
最後まで、ため息と感嘆の中で食べ終える事ができました。

余裕の完汁で
ございました(笑)

この限定は大漁の鯖を使用しないとスープが採れないそうで

土・日のみ限定品

となっておりまして数杯の提供しかされないようです。
もし行かれる場合は必ず事前確認をおすすめします。


感動の中、マスターとラーメン談義に花を開かせてからは
久しぶりにトリトンをオーダーしました♪


■トリトン(260g)
850円
●つけスープ
豚骨+鶏
●麺
やや平打ち常圧麺
具材料
2種類のチャーシュー
■この日の感想
清乃で唯一、豚骨が使われたスープは濃厚豚骨+鶏+魚介。麺茹でにそこそこ時間がかかりますが久々のトリトンを前にワクワク待機です(笑)




■デッドで!
そして運ばれたトリトン。魚介の香りが立ちこめるつけスープからは甘みも同時に感じられる一品。そしてデッドで飲むとその旨味の層が目の前に押し寄せてまいりました。麺は角断麺の太常圧麺。いろいろ試行錯誤を繰りかえされて現在はコチラの麺に落ち着いてます。食感よりそのじんわりと後から粉の味が感じられるタイプの麺で、派手さは無いが実力アリといったところですかね。つけスープとのマッチングは素晴らしく最後まで美味しくいただけました。具材料はセパレートになってまして、自分好みにカスタマイズすることができるので個人的には嬉しい♪ 

■総括

いつまで提供していただけるかわかりませんがこの日の
「秋鯖の白湯味噌」
は是非とも食べていただきたい限定品。
これを食べると味噌ラーメンの概念が
覆される可能性もあります(笑)

これからもアグレッシブな限定品を
楽しみにしております。
ごちそうさま~m(_ _)m


※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:有田市 

三度目の訪問の巻(笑) 和 dining 清乃

漢ならだまって『かけ』をデッドで!!


■和dining清乃
※スペックは本店のものです
@有田市野696
【営業時間】
11:00~14:00
17:00~22:00
【定休日】火曜、第3月曜
【電話】
【駐車場】専用アリ
■物産展なう
台風一過で爽やかな火曜日。かなり怪しい宣言でしたが、有言実行! 3品目の角長ゴールドをいただくべくなんとか訪問いたしました♪ で、ゴールドをオーダーするとレジで麺線を聞かれます。「ん?」元来はちぢれ麺が売りなんですが「ストレート麺」もチョイスできるようになってます。マスター曰く「年配のお客さんにはストレートの方が食べやすいようなので選択してもらうようにしました」との事。そういうことでしたら私も一度トライしてみます♪ ということで「ストレート麺のかけそば」をお願いしました。



■持ち込み♪
レジ係のオネーサンが『ラーメンを一緒に注文してくれるな持ち込みOKよ~(^з^)ч』と教えてくれたので、会場内でご飯類をあさってみた。本来なら最高峰の「めはりずし」を食べたいところですが行列が長いので諦めて珍しい太刀魚むすびが目に入りました。有田産の太刀魚の骨を抜き、天ぷらにしたものを俵むすびに載せ海苔でまいてます。抹茶塩かタレをチョイスできましたので「抹茶塩」を、ば。比較的大きいものですが3個入って315円とはHicpですやん♪ そして肝心要のオーダーですが純粋にゴールドのスープと麺をいただきたかったので具材料は白葱のみの『ゴールドかけそば』を注文しました!



■ゴールドかけそば(680円)
●スープ
丸鶏+角長匠+魚介
●麺
ストレート
●具材料
白葱のみ
■この日の感想
太刀魚むすびを食べたいところですが麺を先にいただきたいので撮影のみ♪ そんな中、お隣の女性グループの方々も(美味しいね~)とぶやきながらお召し上がりになられてます(笑) そうこうしてると配膳されてきました♪




■デッドで!!
チンチンに熱くなった器は触るのも大変ですが、それでもやはりデッドで… まずはその香りの洗練を受けちゃいま… もう何も言えません。余計な具材料が無いので麺とスープに集中、集中(笑) 生醤油らしい香りが立ち込めるとそこにあるのは鮮度のみ。舌の上で転がせばこりゃまた特有の甘味がじんわり染み込んできまして五感を刺激するんですね。そんなスープに絡むのが常圧ストレート麺。正直、ちぢれた麺の方がからみはいいと思ってたのですが、ストレート麺


とのマッチングも全然負けてません。若干麺線が細いのですが、食べやすいのでスルスルと入っていきます。ザクッと感もいいですが、スルスル感もイイ感じ♪ ただし個性はなくなりますがね(笑)そして「 具材」という名の邪魔者がいない中で、ただただ純粋にラーメンを楽しめ集中できました♪ 





■初挑戦の太刀魚むすび
恍惚感覚めやらぬ中ですが、持ち込んだ太刀魚むすびをほおばってみますが…  『ウマいっ!!( ̄∀ ̄)』 太刀魚の天ぷらって旨いですよ、うん。初めていただきましたがこの味わいでこの価格は納得。 あっという間に3個完食でござい(笑) 





■暖簾を出ると…
そこには角長の醤油屋さんがあるじゃな~い(笑) ゴールドのメイン材料である『濁り醤の匠』が販売されてますがやはりイイお値段してますね~。300mlで1,575円とは、やはりゴールドのが他のラーメンより100円高いのは頷けます。さてさて今回の訪問はこれにて終了。今後はまた有田への行脚が始まりますのでマスター宜しくお願いしま~す(笑)


※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:有田市 

紀州路ブラック@紀州路物産展 by 和 dining 清乃

オリジナルをいただく(連日訪問♪)

■和 dining 清乃
※スペックは本店です
@有田市野696
【営業時間】
11:00~14:00
17:00~22:00
【定休日】火曜日、第三月曜日(祝日営業)
【電話】0737-83-4447
【駐車場】専用アリ
■物産展なう
はいはい、また次の日もやってきましたよ(爆)物産展です。なんとか時間をみつけての訪問ですがなんとかなるもんです。この日は昨日売り切れであった紀州路ブラックとチャーシュー丼をチョイスしました♪



■紀州路ブラック+チャーシュー丼
(980円)
●スープ
丸鶏+たまり醤油系
●麺
やや平打ちぢれ麺
●具材料
チャーシュー、小松菜、白ネギ など
■この日の感想
入店がこれまた15時となったこの日。そこそこお客さんもいらっしゃいました♪ そして運ばれた塩ラーメンとチャーシュー丼。ビジュアルはとてもそそられるものがあります。


■デッドで!


ゴールドよりはどっしりしているが思ったよりかはシャープなスープ。
麺とスープを混ぜ合わせると、どんどん麺にスープが染み込んでいくよう。
醤油の香りも十分で中々のインパクトと旨さでございます♪ 




どうしても有田ブラックと比較してしまうのですが遜色ない出来映えに満足。
マスターに聞くと、初日はゴールドを注文される割合が8割以上だったそうですが、
2日目からは各々が30%くらいに落ち着いたそうです。

■チャーシュー丼



 
オリジナルの器に入れられたチャーシュー丼ですが
見た目以上にボリュームがありまして、ラーメンと丼だとかなり満腹になります♪ 

小食の方だとチョイと厳しいのかな? でもCPは高いと思いますね。
この日も満足いたしまして気がつけば完汁でございます(笑)

あと1杯、ゴールドをいただきに伺う予定でありますが...


時間... 

作るのかなり厳しいかもです、ハイ。



※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:有田市 

【紀州路大物産展】和 dining 清乃

有田へ足を運ぶ必要がないので
交通費が助かりありがたい♪(爆)

■和 dining 清乃
※スペックは本店です
@有田市野696
【営業時間】
11:00~14:00
17:00~22:00
【定休日】火曜日、第三月曜日(祝日営業)
【電話】0737-83-4447
【駐車場】専用アリ
■物産展なう
はいはい、今年もやってきましたよ紀州の名物物産展へ。今回は有田へ出むく費用をラーメン代に充てる事ができるのが何より嬉しい私。そのため、普段は食べないセットメニューで応戦(笑)そして、今回用意された商品は3種類あるので、3回訪問したろかな!!!(爆)会社の仲間と共に訪問したのが15時前。一段落ついた雰囲気でお客さんもパラパラだったのでゆっくりいただくことができました。メンバーからは「何がおすすめ?」と聞かれますが、やはりデフォの「角長ゴールド」をすすめてみる。そして「違うスープも味見してみたい」という希望もありまして私のチョイスは「塩」でございます。(だって1日限定の「オリジナル紀州路ブラック」が既に完売してましたから...)そして皆、丼のセットも一緒にオーダーしました。



■いなむらの塩+しらす丼(980円)
●スープ
丸鶏+魚介(いりこ)系
●麺
やや細ストレート常圧
●具材料
チャーシュー、小松菜、白ネギ、フライドネギ、干し魚介 など
■この日の感想
お客さんが少ないのでしばらくして運ばれた塩ラーメン。意外と早く(笑)そしてオペレーションも問題なさそうです。



■デッドで!
久しぶりの塩。その名の通り「広川はいなむら」で作られた塩を使ったもの。まろやかな塩味は丸みある滋味深い味わいでございます。そしてひときわ印象深いのがその魚介。いりこがふんだんに使われ、想像を越える魚介の素晴らしさが滲み出ている気がします。(おぉ、この香りよ~♪)みたいな(笑) 実に塩らしい「塩」だと言えるでしょう。そして麺をいただこうと持ち上げてみようと麺を見ます。

が!!!



「麺が変わっとるがなぁーーー!!!」

元々は真空麺だったのが常圧麺に変更されておりました。
個人的に真空麺が好きだったので若干ショックです、正直(泣)
でも仕方がないのでいただいてみます... 




『え...?旨いし(笑)』

麺線は20~22くらいかな。
スープの味わいをキッチリ持ち上げるっていうか吸い上げる感じ。
真空麺だと麺に『載る』っていう表現が適切ですが
常圧麺だとまさしく『吸って馴染む』というもの。
そして麺ボディはしっかりと、決して柔らかくないのがイイ♫
気がつけば全汁しておりました(笑)

ちょうどその時、マスターが厨房から挨拶に来てくれました。
そしてその手には納品されたばかりのややグロい丸鶏が!!!
『これを店より1羽分多く入れてますねん♪』とこっそり教えてくれました(笑)




■角長の「匠」やん!
そして麺を食べ終わったあとは「しらす丼」を、ば。地元有田産のしらすは無線別イカ入りバージョン。これが入ってるんで旨いですよね。ストレートにいただくのもイイのですがせっかくなんで角長「匠」醤油を数的滴しました。福よかな香りが広がりまろやかな風味がいいですね。丁度、お店の正面で販売されてるのですが、この匠ってメチャメチャ値打ちがありますよね!300mlで1,500円もしてますもん(笑)そんな醤油を惜しみなく出してくれるのも嬉しい限りです♪ そして忙しい中、挨拶に出て来てくれたマスター、ありがとうございました。1週間頑張ってくださいね。有田まで足を運ばなくてもイイから出来るだけ時間を見つけて食べに行きますから~♪ で、次回は売切ていたオリジナル「紀州路ブラック」をいただきます!


※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:有田市 

限定ラッシュ~♪ 和 dinig 清乃

『ブイヤベース』は魔法の言葉~♪

■和 dining 清乃
@有田市野696
【営業時間】
11:00~14:00
17:00~22:00
【定休日】火曜日
【電話】0737-83-4447
【駐車場】専用アリ
■せーのなう
休日出勤の今日。抱えている仕事をさっさと終わらせ一杯引っ掛けて帰ろうかの~♪なんて考えてたところ『1日限りのブイヤベースつけ麺と天然カンパチ丼が登場!』なんて言うホットな情報が飛び込んできたではないか(≧ε≦) 『ブイヤベース』なんて言われたら行くしかないやーん!! つーわけでやって来ましたお馴染みのコチラであります(笑)




■ブイヤベースつけ麺(1,200円)
●つけスープ
伊勢エビと土入蟹をふんだんに使った濃厚系
●麺
真空ストレート麺
●具材料
チャーシュー、玉葱、小松菜、タルタルソース
■この日の感想
箕島から徒歩でほんの数分の距離なんですがやはり真夏だと安締橋辺りから汗が吹き出て止まりません(^。^;) そんな時、飲む一杯の泡の出るお茶が喉の渇きを癒やしてくれるんですよね~♪ そんなお茶受けには大家さん自家製の古漬けがピッタリ!をグビグビしながら待ってると配膳されましたよ~(*^o^*)




■デッドで!
目の前にはオレンジ色がベースになったつけスープがっ!。このスープが基本となるブイヤベースでござい~o(^-^)o 使われているのは伊勢海老、土入蟹、アサリ、いか等の魚介類がタップリと。オリーオイルで炒めた野菜にトマトをドバッと入れさらに鮮魚ダシを合わせ、コトコト煮詰めるそうです♪そんな手間ひまかかったスープが美味しくないわきゃないでしょうがー!!(笑) 出来上がったスープを濾し、更に豚骨+鶏スープと合~~~身\(☆o☆)/♪ 濃厚来ながらキメの細かいなめらかなスープは『お見事!』のひとこと。弾力のある真空ストレート麺とのマッチングも申し分なく300gの麺が『あっ!』と言うまに胃袋に収まりそうなったので慌てて1/2でストップ! ここで満を持して『ルイユ(平たく言えばマヨネーズね(笑))』が登場♪半分のところでスープにそのまま落としていただきました。実はコレが大当たりo(^-^)o ほどよい酸味が舌を刺激したと思ったら、すぐに野菜の甘味とエビの風味が襲ってきました。そしてルイ


ユの脂成分が麺の表面に膜を張ったような状態になりまして旨味を逃がしませんね~。即興とはいえ恐るべきこの完成度!!! これから涼しくなる季節は蟹をはじめ旬の魚介がわんさか登場するので第二、第三弾のブイヤベース系限定品を期待しちゃってイイですか?(笑)待ち遠しくなるばかりです~♪



■天然カンパチ丼
ブイヤベースを完食したあとはこれまた滅多に水揚げされないという天然カンパチが登場!!  最初は丼でいただくつもりでしたがお酒もあったので先ずは刺身を、ば。なんとも言えないカンパチのひかえめな甘味が舌の上で広がりますがな~~~(≧ε≦) そしてストレートで味わった後は白飯をオーダーしてマイセルフ〆丼(笑)  広げ並べるカンパチは薔薇の花弁の如く♪ 最後に角長のたまり醤油をさっとかけ一気にいただき幸せの極みでございました。今回はお店が夏休みになるのでイケスの魚介を使い切るべく出来上がった限定品でした。この10杯限りの1,200円は値段以上の価値があったか、と。 なにせ次回はあるかどうかもわからないのだから…(笑)


そして...  
9月に入っていただいた限定メニューはコチラ!!!

『口に秋刀魚をくわえたらこうなる』的なインパクト~♪


■サンマ「かけ」(680円)
●スープ
オール秋刀魚の清湯醤油
●麺
手もみちぢれ麺
●具材料
葱のみ!
■この日の感想
季節限定のさんまそばをオーダーしたんですが... そのビジュアルがなんと...





■デッドで!!!

はい、「サンマ「かけ」」(680円)ですよーー!!!
具材料はネギのみという潔さ。
ということでデッドでいただいてみましょう♪



ぶはっ!!! ∵ゞ(≧ε≦; ) 
なんぢゃこりゃーー!!!
さんまそばを食ってるっていうより

「さんまをそのままかじってる♪」

という方が絶対に正しい(爆)

これはマジ強烈。
聞くと、さんまのはらわたをそのまま全部醤油に漬けこみ、かえしに使ってるそう。
スープにも生の秋刀魚が入ってるので好きにはたまらない一品だが、
苦手な方には絶対にオススメできないと言っておこう(笑)

ちなみに私は一口目からそのスープの強烈さに笑っちゃいましたから~~~♪



麺は手モミを入れて使用。
秋刀魚スープをキッチリと持ち上げてくれます。個性的&鮮烈なスープに負けないボディの強さを持ち合わせておりました。そして... 付け合わせの大根おろしを入れ、スダチを搾るとこれまたより秋刀魚の良さが全面に。にしても、インパクトは当然のことながら味わいもホント凄い!お店を出ても、ズーッと生のサンマをカジり続けているくらいの魚風味が口の中で残り続けましたから(苦笑)

さすが限定品です!!! ごちでした♪



■紀州路物産展
そして、お知らせ。今日の朝刊に折り込みが入ってたんですが、明日27日(木)より一週間、近鉄和歌山店の「紀州路物産展」に出店されますよ~♪ 「角長ゴールド」「いなむらの塩」が載ってます。またマスター曰く、これらに「紀州路ブラッック」を加えた3品の麺メニューで展開されるそーです。そして「しらす丼 or チャーシュー丼」も麺とのセットメニュー(980円)としてひかえております。そのため有田のお店は1週間休業←:ここ重要w)となるそうですのでお間違えのないようお気をつけくださいね~~~♪ 

「有田へなかなか行かれへなしょ!」

という方は是非ともこの機会にお試しあれ~♪( ̄▽+ ̄*)



※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:有田市 

【夏季限定:汁なし担々麺】和 dining 清乃

汁なし初登場じゃ!(≧ε≦)ゞ

■和 dining 清乃
@有田市野696
【営業時間】
11:00~14:00
17:00~22:00
【定休日】火曜日
【電話】0737-83-4447
【駐車場】専用アリ
■せーのなう
さて、一杯目のブラッシュアップされた豚盛黒醤油つけ麺の後は夏期限定の『汁なし担々麺』をいただきます。最近ではこの『汁なし』カテゴリーもメジャーになりつつありますよね~♪(^w^) でもこの『汁なし麺』、中々にくせ者でコンセプトが明確になってないと表現が難しいカテゴリーじゃないんですかね~と個人的に思います。


■汁なし坦々麺(780円)
●スープ
ラー油、山椒、唐辛子のハーモニー系
●麺
有田ブラックと同様
●具材料
ミンチ、白葱、ナッツ、メンマ四川唐辛子、玉ネギ
■この日の感想
メジャーになりつつあるとは言え和歌山県内ではほとんどと言っていいほどキッチリとした汁なし麺は食べれない現実。そこでマスターがどんな料理を提供してくれるか!? 非常に楽しみでございます!ワクワクしながら配膳を待ちました♪

■デッドで!
見た目に派手でボリューミーなビジュアル。
そんな麺を無理矢理舌を伸ばしてデッドで飲んでみたところ…

『めちゃくちゃ辛いやんか~(>_<)』






担々麺ということである程度は想像してたんですが、
それを遥かに超える辛さに怯んでしまいます(マジっす…(;_;))

個人的には普通に辛さは大丈夫!と思ってたんですが、
それは独りよがりと気付くにはそれほど時間はかかりません。
とにかく辛いんですもの~~(ToT) 食べ始めてスグに滝汗が滴り落ち、
(※これには絶対に手を出せん!)
とガマンしていたお水ですが敢えなく陥落…f^_^; 
こうなると1、2口食べては水、1、2口食べては水、と
「水飲みスパイラル」に陥ってしまいまして食べ終わる最後まで続きます...




途中、トッピングのミンチとナッツで中和するも、
とにかく水を飲んでしまったのが敗因。
微妙な味わいがわからないまま麺を食べ切る結果となりました。うーん残念!!...orz 

幸いにもナッツ君達が私の口の中の辛さを中和してくれる役目を担ってくれました。

「た、助かったよ…」m(_ _)m



■〆飯サプライズ♪
麺を食べ終わった時点で豆腐が載った〆飯が運ばれました。ただの白飯が運ばれてくるって思ってたのでこれは嬉しいサプライズ♪ ナッツとミンチが残ったスープに豆腐飯を入れて混ぜ合わせていただきました。しかーし!!! ここで予想もしなかった事が。辛さを中和してくれていたナッツ君達ですがそのままの固さがご飯の食感にはマッチしなかったんですよ。頭はご飯の柔らかさをイメージしてるのに実際はそれを凌駕する硬さが…(°□°;) ナッツが擂られ
た粉末の状態の方が食べやすい気がしましたのでマスター、いちどご考慮のほどを(笑)しかし


ながら辛いのがへっちゃらな皆様には非常に魅力あるパンチある汁なし麺となっていると思いますので夏限定が終わるまでに是非ともお試しあれ♪ (※ご飯 in 画像がお見苦しい点、お許しくださいませm(_ _)m



※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:有田市 

【ブラッシュUPの1杯目】和 dining 清乃  

豚盛黒醤油が新しくなりました♡


■和 dining 清乃
@有田市野696
【営業時間】
11:00~14:00
17:00~22:00
【定休日】火曜日
【電話】0737-83-4447
【駐車場】専用アリ
■せーのなう
『豚盛のつけスープがマイナーチェンジをした!』という情報を聞きつけたのはしばらく前のこと。一刻も早く食べたかったのですが中々行くことができずヤキモキしてました…(^_^;) ところがたまたま仕事が近くであったのでこれは神のおぼしめしだと訪問決行でござい(笑)


■えっ!
店内へ入ろうとすると…
『ん?汁なしやってるやーん♫』扉に限定のアイテムが添付されてました。(むむむ…こっちも気になるがなぁ…)とこの時点で連食決定でおま(笑) テーブル席に座りいつものメニューを見るも先ずは豚盛黒醤油を実食いたします。






■豚盛黒醤油つけ麺
(780円)
●スープ
醤油エッジのある甘辛酸系
●麺
ストレート真空麺
●具材料
モモスライスチャーシュー、ブロックチャーシュー、万能ネギ
■この日の感想
しばらくして配膳された豚盛ですがビジュアルから全然違います。スープの周りを飾るチャーシューはまるで花が咲いたような華やかさで存在感アリアリ。そしてスープからは醤油のいい香りがガンガン漂ってきております♫ 醤油のエッジが利きまくりingな予感をさせる深みある色合いでございます。



■デッドで!
『おおっ!』思わず声が出るほど印象が違います。これまでのスープと比べると醤油エッジがあるも酢の効果で甘辛酸の味わいがより鮮明に打ち出されてますよ、うん。元来ワザと荒々しさを残したスープでしたが甘&酸を加える事でよりマイルド感あるものに仕上がってますね。鉢の底からは別の豚がゴロゴロと(笑)「豚盛り」の名前通りにボリューミューでかつ豚自身を楽しめるようになってます♫ そして麺と一緒にいただきますが、新たに加わった酸が


麺を咀嚼するのを後押しする働きがありまして滑らかな真空麺との相性も更に良くなった印象でした。ツルッとした食感も申し分無く、麺が喉を通る瞬間はまさにつけ麺を食べている醍醐味を感じれるか、と思います。


■一枚だけデッドで...


いただいたモモスライス。
『ジワッ♪』
と旨味が広がりましてこれまでの豚スライスより旨さが増しましたね♪
私はこっちの方が断然好きです。

いい意味で、よりマイルドにブラッシュアップされたつけスープは
最後まで余韻が残る一杯に。

そしてジューシーなスライスチャーシューかはまるで
ピンクの花びら♥
のように。
豚花黒醤油と名前を変えたいくらいでした(笑)

そして二杯目、魅惑の担々麺へつづくのじゃ…



※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:有田市 

和 dining 清乃  

ニボニボビーム(≧ε≦)ゞ


■和 dining 清乃
@有田市野696
【営業時間】
11:00~14:00
17:00~22:00
【定休日】火曜日
【電話】0737-83-4447
【駐車場】専用アリ
■せーのなう
仕事のため上司+同僚とで有田川へ。『とこちゃん、例の店へ案内してくれるやろ?(ニヤリッ)』と上司。
ハイハイわかってますがな~例のところでっしゃろ、例の(笑)
というやりとりがあった前日。たっての希望にお応えすべく訪問いたしましたよ!!



■店内&お品書き
この日は珍しく奧の座敷に通されました。
個室になってるので落ち着くのですが掘りこたつ式になってないのが残念なんだよなぁ~(^。^;) 
さてオーダーですが同僚は大阪出身なのでどうしても馴染みの薄い味わいを試したかったようで
和歌山の醤油を使ったゴールドを熱望。私は前々回にいただいた煮干し背脂醤油の煮干し強め、
ニボニボバージョンを上司と共にオーダー。
そして店主さんオススメのおまかせ丼も一緒にいただくことにします♪


■背脂煮干し手揉み(ニボニボ)
●スープ
溜まり醤油の清湯+煮干
●麺
やや平打ち手揉みやや太麺
●具材料
チャーシュー、太メンマ、背脂、
■この日の感想
配膳されるまでの間、同僚にはゴールドにまつわる蘊蓄やこだわりを、
上司には背脂煮干しのセールスポイントを、それはそれは分かり易く説明をば。
ラーメンが配膳された頃には洗脳完了でごんす(爆)



■デッドで飲んだ
鶏ベースのスープですが飲み進むにつれ現れてくる豚骨&煮干。
前の味わい良かったですが若干おとなしい印象があったのも事実。
しかし今回は醤油の風味が損なわれることなく豚骨と煮干しが幾重にも織りなされるさまは
ませに繊細なミルフィーユのよう。
じんわりと舌に広がる旨味は煮干しがダメな方にでも十分受け入れられるかと思います。
そんなスープに合わす麺は平打ちタイプの手揉み常圧タイプ。
隣で上司が
『旨いわぁ~、とこちゃんホンマに旨いわぁ~♫』
と連呼するのを聞くと(気に入ってもらって良かったわぁ~)とひと安心。
元々はストレートらしいのですが茹で上げる前に手揉みを入れる事で
ナチュラルウェイビーになり、よりスープが持ち上がっていくようになります。


当然マッチングは問題なし!
清湯にはコレしかないんとちゃうの~(*^o^*) 
背脂もよくある『とりあえず入れときました』的で甘いだけのものではなく
キッチリと効果的に使われてましてやはり完汁でした♪


■店主のおまかせ丼(300円)



さて気になる本日のおまかせですがなんと!

『本マグロ丼』でござい~(≧ε≦) 

鉢は小ぶりなんですが、ご飯も赤身マグロもなんともボリューミー♪ 
脂もきちんとノッてまして最高!モチモチっとしたならではの食感を楽しみました。
有田で穫れた本マグロ万歳~♪ 思わず口からでちゃいました。

麺とセットした場合のみの丼価格が2~300円なのですばらしいCP。
このお任せ丼も楽しみのひとつですよ~♫
(※決して単品では注文しないでね~お願いいたしますm(_ _)m)



※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:有田市 

和 dining 清乃  

最後の晩餐ならぬ最後の白湯…orz


■和 dining 清乃
@有田市野696
【営業時間】
11:00~14:00
17:00~22:00
【定休日】火曜日
【電話】0737-83-4447
【駐車場】専用アリ
■せーのなう
仕事帰りに立ち寄った日曜日の午後。箕島駅に到着し炎天下の中を歩きましてお店に到着したのは13時30分。しかーし!この時間でも6名の行列がありましたが見る限りファミリーの座敷空き待ちの様子。ひとりの私は行列を横目にカウンターへまっしぐらさ~(`∇´ゞ んでもって座ったいつものカウンター。ここで目についたのが禁煙の案内。以前は14時まで、つまりランチの間は禁煙だったのですが、14時を越える時もあるとのことで夜の部までは禁煙でございますのでご協力くださいませm(_ _)m


■カミングアウト!
席に座りオーダーを模索しているといきなりマスターから『鶏羽二重白湯止めようと思うんですが…』と予想だにしないカミングアウト。『ぬぁにぃぃぃぃ(」゜□゜)」』一瞬耳を疑いました! 動揺する気持ちを落ち着けてあらためて理由を聞いてみるも『清湯のスープに磨きをかけ極めていきたい!』という気持ちが日に日に強くなってきたとのこと。そんな高みを望む気持ちはよく解るが濃厚ポタージュ好きな私には不本意この上なく悔やんでも悔やみきれない現実だった。一生懸命留意するも『清湯を極める』こともさることながら『白湯の専門店じゃないのでqualityの維持が難しく、そんな中途半端な気持ちで提供するくらいならいったん白紙に戻す方がイイ。これも泣く泣くの決断だった…』という。そこまで言われると流石にこちらも無理なお願いはできない。 そんなやりとりを経て『じゃあ最後に渾身の鶏羽二重をお願いしますm(_ _)m』とラストオーダーを入れました!



■鶏羽二重白湯醤油(680円)
●スープ
鶏のみ濃厚ポタージュ系
●麺
やや太チヂレ
●具材料
チャーシュー、味玉子、玉葱、ネギ、メンマ
■この日の感想
配膳されるまでこれまでの白湯の変遷が走馬灯のように蘇ってきます。マスターのラーメンを作る姿も気合い溢れ鬼気迫るものがありました。そんな中で最後の一杯が配膳されてきました。

■デッドで!





スープ面スレスレに鼻を近づけますが
純度の高い白湯は濃密な鶏の香を辺りに放ちます♫

鶏の旨味にアゴ出汁の風味がmixingされたスープは幾度も進化を遂げた重厚なもの。
静かに飲み干すも
『うふう~っ(≧ヘ≦)』
何とも言えない溜め息に近い吐息がが漏れてしまいます(苦笑)





最終的には4回の変更を加えらられたちぢれ麺も
最後の最後までスープを持ち上げ、そして引き立て、
シッカリと自己主張ができる物でございました。

■ついに…


微塵切りされた玉葱の甘味とチャーシューの旨味をジックリ最後まで味わいながら…
気づけば完汁に。そんな何もなくなった鉢の底を眺めていると

(そーいえば黄色のテロリからのスタートやったなぁ…)

とあらためて思い出しましたよ、私はテロリストやったと言うことを…(^w^)

そして...


鶏白湯にまつわるこんなたくさんの変遷があったことを...

でもね、メニュー落ちって残念と思いがちですがコレってツイてる事なんでしょう?

だって...
次に目の前に現れてくれる時には
もっともっともっと
美味しくなってるでしょうからね♫



※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:有田市 

【限定メニュー】和 dining 清乃  

「新鮮な刺身が食べたい!!」
というリクエストがあればどうする?


■和 dining 清乃
@有田市野696
【営業時間】
11:00~14:00
17:00~22:00
【定休日】火曜日
【電話】0737-83-4447
【駐車場】専用アリ
■せーのなう
いよいよ7/1より始まったの道』スタンプラリー。この日は午前中より和歌山は有田川町の月乃家へ県外ラヲタがこぞって押し寄せる中、私は法事のため迎撃できず…orz そんな意気消沈中に「美味しい刺身が食べたい!」という家族からのリクエストが♫ 仕方なく(笑)夜の部に参戦しますはコチラ。私の狙いはもちろん「同系列で清湯の美味しい」コチラへ(笑)土日限定の「角長ゴールド『匠』の冷やし」でございます。事前リサーチはばっちり♪満を持していただこうではありませんか!(*^o^*)



■『匠』の冷やし(780円)
●スープ
角長匠醤油の利いた煮干系
●麺
中太ややチヂレ
●具材料
レアチャーシュー、味玉子、茗荷、干し梅肉、大葉、小松菜
■この日の感想
オーダーしてからぐるりと店内を見渡す。(しかし麺メニューをチョイスするお客さんが増えたよなぁ…)私がコチラにお邪魔するようになってまだ1年経ってませんが最初に比べたら本当にラーメンを食べてる方々が増えましたよね。これもひとえに店主さんのラーメンに対する探求心と熱い思いがここまで押し上げたのだと思います。そうこうしているうちに配膳されました。



■デッドで!!
ビジュアルはまんまゴールド! スープがちべたくキンキンに冷やされ『ヒャー(≧ε≦)』って感じ♪ 汁麺に比べたら醤油の香りは弱いですがそれにも負けないコクと旨味はしっかと表現されておりグッドです。麺もザックリ感はそのままに締まったボディはイチローの体脂肪率数%のそれ(←なんじゃそりゃ…笑)  想像以上にスープとのマッチングが良くちぢれトレーにスープがちゃんと受け止められてます、うんうん(=゜-゜)(=。_。)。そして食べすすむにつれじんわりと広がるサッパリ感。それもそのハズ、茗荷谷に大葉、それに加え干し梅肉から流れ出る梅エキスが醤油の隠れた甘さを引き出してくるんです。この冷やしを最後まで堪能させてくれる仕掛けがこれら!!! まさに三種の神器と言っても過言ではありますまい。香味油もキッチリと冷や


し用に仕上げられ最後の一滴までいただきました♪「いやぁ~満足、満足(笑)」 しかし一杯で終わる訳がないのが清乃マジック。この後「夏塩』をいただこうと思いますが箸休めにいただいたのがコチラです。

■鮪、まぐろ、マグロ!!!
店主さん曰く「たま~に舞い込んで網にかかる」らしいです、本マグロ。
たまたまそんな日に当たったということでガッツりと刺身とニギリをいただきます♪


ズキューン!!!

新鮮な3種の刺身もコリャ、ええですわw 
リクエストした家族も言葉がありません(笑)

そして更に!


ズキューーン、
ズキューーーン!!!

肉感、肉質、新鮮なだけあって、いい意味で固めのモチモチ感は
超新鮮さを意識させられるもの。毎度ながらこの寿司列には圧倒させられまんがな~~ぁ!

そんな中、画像を撮るのに必至で気がつくと寿司が1カン、刺身が少々のみ...

お前ら、もっと考えて食わんかーい!!!

と一喝するも、残りの1カンを食べると...


うまぁ~(◎´∀`)ノ♡

この言葉しか出ませんよ... ハイ...

そして、この日二杯目となる夏塩を、ばいただきます。



■夏塩(680円)
●スープ
紀州地鶏の塩清湯
●麺
清湯に合う真空麺
●具材料
鶏ハム、メンマ、干し梅肉、小松菜、茗荷、大葉
■この日の感想
匠の冷やしを食べ終わりますが余韻覚めやらぬ間に限定の夏塩が配膳されました。それは普通の塩っぽいビジュアルですが…

■デッドで!!


こちらはメニューupされてないですがmixiでは紹介されている限定メニュー。
店主さん渾身の塩は丸鶏ベースの魚介。「夏塩」という名前からは

「これまた塩の冷やし???」

と思いがちですがnonnon汁麺でごじゃります。

デフォの塩と違う点はというと茗荷、大葉、干し梅肉と
こちらもサッパリ夏らしい具材が使用されてます。
そして鶏はもとよりサンマ節、ホタテ、スルメ、昆布等のベースに
煮干しをガツンと利かせたうえ香味油も夏らしくまろやかなテイストがちりばめられ
工夫が凝らされてます。

トッピングは地鶏のハム。こちらも初登場からはしばらく経ちますが
最初に比べ部位、塩加減、風味、食感が幾度となくブラッシュアップされてまして
かなり素晴らしいものに仕上がっております♪

麺もこの塩にピッタリとマッチングされてまして
滑らかながらコシのある麺がその喉を通る瞬間は麺好きなら堪えられません!!!(笑)
汁麺ながら清涼感溢れる一杯。この夏にぜひとも一度はお試しあれ~♫


※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:有田市 

和 dining 清乃  

精力的に新メニューが登場♪(≧ε≦)


■和 dining 清乃
@有田市野696
【営業時間】
11:00~14:00
17:00~22:00
【定休日】火曜、第三月曜
【電話】0737-83-4447
【駐車場】専用アリ
■せーのなう
有田と言えば『清乃(せーの)』、『せーの』と言えば『有田』
という公式がすっかり定着した感のあるコチラ。
この日のツアーが午後2時までという時間的制約のある中の
プチツアーだったので最後を飾る〆に選ばれました♪ 
(つーか地元ナビゲーターの特権でございますわよ)
 
(´∇ノ`*)オホホホホ♡

■ニューメニュー♪
さぁさぁ何をいただきましょうかね~♪とメニューを覗き込んだところ… 




『新メニューあるし!!(」゜□゜)」』 

2種類あった塩がひとつにまとめられ、
新たに『煮干背脂手もみそば』『塩つけ麺』が加わってました。
もちろんオーダーはその新メニュー。さてさてどんなラーメンが飛び出すのやら…(^w^)



■煮干し背脂手もみ醤油
●スープ
醤油ベース清湯+背脂ちゃっちゃ系
●麺
平打ち太麺+手もみ
●具材料
バラチャーシュー、味玉子、玉ねぎ、生姜、極太メンマ、小松菜
■この日の感想
メンバーは各々好きな麺をオーダーするも、そんな中、
ビーマ君は当たり前のように『塩&トリトン』のWギャザー(笑) 
流石は神の胃袋を持つ男、その見事なまでの注文っぷりに

(惚れてまうやろー!!)

と内心叫んだのは言うまでもありません(笑)



■デッドで
配膳されたラーメンのビジュアルですがさほど機をてらったものではなく、
至ってマイルドなものでした。

骨かと思いきや基本は鶏清湯のスープで余分な脂分は抜けてます。
そして背脂チャッチャ系ですがその液状脂はキチンと取り除かれ
特有の臭みはありません♪ 
自分の中では前にいただいた『燕参上』に近いものをイメージしてたのですが
それよりライトな出来映え。その理由は大量にすり下ろされた新鮮な生姜!!! 
サッパリしながらも醤油の輪郭をクッキリ表現されてます。

それに対応する麺はいちばん平に打たれた太麺。
粉の旨味がスープの後についてくるタイプで、
茹でる前に入れられる手もみがスープの持ち上げを補助してます。
あまり食べた経験のない麺ですが思わず

『ものすごく清湯向きの味わいやなぁ…』
と言葉がもれてしまいました。マスター曰わく
『煮干しガツンのオプションも直ぐに仕込みますのでお楽しみに〜』
とのこと。


これから暑い毎日が続きますが『夏でも楽しめる爽やか汁麺』
というフレーズがピッタリな一品でございました。
しっかりと全汁にて評価させていただきました♪


■マジっすか!
最後に店の看板を撮影しようとカメラを入口に向けたところ…
『角
長しょうゆ匠の冷やし』
ってなんやねん!?(」゜□゜)」

ここにも限定がありました!!!  
こんなんあるの知ってたらもう一杯食べたのに~ と思うも時間切れ…orz 
悔し涙にくれていると...
  


「これでも食べてくださ~い♪」と出されたのがコチラ。





じゃじゃじゃ~~~~ん!!!
ご存知ガリガリ君でござい~♪ 

子供のようにすっかりご機嫌になっちゃいまして(爆)
ニコニコ顔でお店を後にしました。

つーわけで、
近日中にあらためてこの冷やしをいただきに参りますので宜しくお願いします。
そしてこのゴールドの冷やしですが
「土・日の限定品」
らしいので御注文の際はご注意くださいませm(_ _)m 
(※事前に確認されたTEL確認された方が賢明かも) 

さてさて午前中だけのプチツアーでしたが非常に実り多いものでした。
また近々開催しようと思いますのでふるってご参加くださいね~!
ご参加くださった皆様、お疲れ様でした~(`∇´ゞ


※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:有田市 

祝!初コラボおめでとうございます♪m(_ _)m

祝!彩々とのコラボレーション(≧ε≦)

■和 dining 清乃
@有田市野696
【営業時間】
11:00~14:00
17:00~22:00
【定休日】火曜日
【電話】0737-83-4447
【駐車場】専用アリ
■せーのなう
『彩々とのコラボが実施される』との情報をゲットしてから
開催日まで指を折ながら待つこと数週間。やっとこの日がやって来ました♪
晴れてむかえた6月3日(日曜日)緊張の面持ちでカウンターへ腰を下ろし
先ずは限定の冷やしをオーダー♪ ホント楽しみですわ(^w^)


■鱧と彩々味噌の冷やしすりながし 900円
●スープ
彩々味噌+清湯冷やし
●麺
彩々の中太ややちぢれ
●具材料
鱧天ぷら、茗荷、大葉、味玉、メンマ、肩ロースチャーシュー
■この日の感想
背筋を伸ばして厨房に目をやると
気合いの入ったマスターの厳しい視線が鉢に向けられてます。
並々ならぬ決意と集中力の生み出すオーラはかつて無い雰囲気… 
そんな中で1杯目の冷やながしが配膳されました!



■デッドで!
目の前に配膳された冷や冷やのラーメンをデッドで飲んでみました。
ひとくち目から味噌の風味がガッツリ押し寄せてくるスープは
(うーん、さすがは『和職人』やなぁ…)
と唸らされるもの。
味噌の風味を生かしながら鱧のすり身と馴染ませ
それを清湯スープに合わせるとは正に職人技でございます( ̄∀ ̄)v
 
更に驚かされたのが彩々麺とのマッチング。
そんなスープにバッチリ絡むのはプリプリの彩々麺。
その落ち着いた存在感は私の中でもベスト3に入るものなので
「あんた、ようこんなええ人おったなぁ~ 幸せに暮らすんやでこれからも」
と嫁ぐ娘を心配しつつも喜ぶ隣に住むおばちゃんの心境、みたいな(←これ例えかよー!(笑))
心から
『旨いっ!!』と叫んでました。
そして生姜の香りが残る香味油を混ぜ合わせれば
さらにスープの旨さが引き立たされます。
半分くらい食べたところで鱧天ぷらとカットしてもらったレアチャーシューを♪ 
レアチャーシューの旨さ


は言うまでもないですが... 
鱧天
うまぁ~~~(◎´∀`)ノ 
味噌と鱧それに冷やしという要素を見事に融合させたその作品の余韻に浸りながら
つづけて2杯目へ突入です。




豚骨魚介の彩々味噌 750円
●スープ
ガッツり豚骨+鯖節+彩々味噌
●麺
やや中太&ややチヂレ
●具材料
バラチャーシュー、味玉子、メンマ、きんぴら牛蒡、豚そぼろ牛蒡、ネギ
■この日の感想
冷やしの洗礼、この上ない衝撃が覚めやらない中、
続けざまにいただいたのが豚骨魚介味噌のあったかい汁麺でございます。
こちらも先ほど同様にマスターのただならぬ気合いとともに
ピリピリした雰囲気が伝わってくる一杯です。

■デッドで!
飲んだ瞬間...


ナンヤネン((驚゚д゚驚))ノコレワァ!!!

待ってました!!! Mr.豚骨。

マスターの作る鶏もエエけど豚骨は格別!!!

「ちょっと言い過ぎちゃうん?」

と言われそうですが「いいんです!」私、豚骨が

「好・き・な・ん・で・す!!!」
(川平慈英風にw)

ガッツり、こってりの豚骨なんですが嫌な匂いは全くナシ!
それどころか(もうちょい臭っててもええかな?)と思うくらいでした。





個人的にはド・ストライクのど真ん中。
久しぶりに気合いの入った豚骨をいただけましたよ♪ 

一般的には「濃厚すぎる」と思われるくらいなんですが、
彩々さんの特有の味噌風味を失うどころか比較的アクの強いとされる
根菜の牛蒡を合わせるとここまでその旨さが引き立つんですね!!!

 彩々&清乃らしさあふれる出来映えに脱帽を通り越して

恐れ入りました...orz

トッピングも和 dinigらしさが溢れたもので
(※2杯目のためチャーシューは割愛させていただきましたが)
最後の一滴までバッチリいただきました。


■総括
今回は本格的なコラボ&饗宴だったのですが正直、ここまで完成されたラーメンをいただけるとは思ってもみませんでした。驚きとともに非常に感動させていただきました。そして今後の新たなる可能性と創作性にさらなる期待をこめてこれからもどんどん通わせていただこうと思います。m(_ _)m  さて、明日9日(土)麺屋彩々@大阪市阿倍野区にてコラボメニュ「31清の焼きそば定食」(950円)限定30食にて提供されまする。残念ながら明日はどーしても仕事のため訪問することができません。もし行かれるのなら早々のシャッターを敢行しないとありつけないと思われますのでご注意くださいませ。 しかし... ホントに旨かったなぁ。またコラボ企画があれば是非とも実施お願いします。ごちそうさまでした。うまぁどした~(◎´∀`)ノ



※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:有田市 

【カレーランチ】和 dining 清乃

「日々精進」言うのは簡単、実行は難しい... 
そんなランチ日にいただいた物は...

■和 dining 清乃
@有田市野696
【営業時間】
11:00~14:00
17:00~22:00
【定休日】火曜日
【電話】0737-83-4447
【駐車場】専用アリ
■せーのなう
なんか行脚というより布教活動状態(爆)になってきた感のあるランチレポート。日が経つとどうしても、いや、やっぱり食べたくなったのが「カレー」でおま。あの厚みのあるフォンから作るカレーを求めてこの日も有田へやってまいりました、ハイ、せーのでございます...m(_ _)m



■おすすめランチでGo♪
まずは入口にあるメニューを熟読し店内へw(何てったって普段は麺のみなんでこのメニュー見てないもんw)そしてカウンターへ腰を下ろしオーダーを、ば。一応確認するもやはりオススメは「鱧」との事。「よしっ、それ!」ということで「ハモ(鱧)フライ」とお約束「なめらかカレー」をいっときます♪

■ハモフライランチ


「これからはもっとイイのがでてきますよ♪」

とはマスター談。身厚でプリップリの白身がホクホクになってまして
フライ好きの方にはたまらない一品。
自家製パン粉を使ってるのでサクサク感がイイんだな、これがね~♡ 
そして秀逸なのが「南高梅の梅肉じょうゆ」と名付けられた梅醤油ソース。




胡麻の香りとさわやかな梅の香りが見事なコラボ。
自家製タルタルソースもイイですが、これもまたいいじゃないか~( ̄ー ̄)ニヤリ 
やはり旬のテイストには勝てないね。

■そして、お待ちかねのなめらかカレー
をデッドでいってみたところ... 


うまぁ~(◎´∀`)ノ

何ですかコレ!

 前回いただいたカレーはよりスパイシーで「大人のカレー」っていう雰囲気だったのですが、今日のはより熟味が進み数段旨味と甘みが増してるじゃないっすか!!! 
聞くと、やはり香辛料の配合を変えコクと甘さを出したとのこと。



より洗練されたのは間違いではなく「ホテルのカレー」に負けない味わいと言えるもの。
ピリッとくるイイ意味での辛さは残されつつ、その後にじんわりとくる「コクと甘味」
これが今回のポイントでございました。

辛・甘の饗宴にまたもや覚醒状態に陥る私め...
(● ̄▽ ̄●)ぼぉ~~~
↑:おそらくこんな顔になってたハズ(爆)

いやぁ~美味しかったっす。
ふと思ったんですが「鱧フライカレー」にしてもよかったかな?って。
いやいや、もったいない、もったいないw やっぱストレートだな、うん。
そんなカレーの余韻に浸りながらも...





もちろん麺は忘れません!!!(笑)

今回は「鶏羽二重」をいただきました♪ 

春休みが終わってかけたパーマも違和感なく馴染んできましたね(笑) 
麺のウェーブに濃厚鶏羽二重スープが絡み、っていうか持ち上げられ、
クセのない鶏の香りと味わいを存分に楽しみました。
やっぱ麺を食べないとランチは終わらないよね~やっぱ。

そして最後に柚子シャーベットをいただきまして
この日のランチはお開きとなりました。にしても... 
カレーはリピート必至だわなこりゃ 
┐(´ー`)┌ マイッタネ♪
【お店の場所はコチラをクリック♪】



※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:有田市 

【母の日限定】燕が参上!@和 dining 清乃

母の日の限定は店主渾身の一杯!!!

■和 dining 清乃
@有田市野696
【営業時間】
11:00~14:00
17:00~22:00
【定休日】火曜日
【電話】0737-83-4447
【駐車場】専用あり
■限定なう
「明日は母の日ですね~」という件からその情報は突然発せられた。「皆様のお宅にも燕が巣を作ってませんか? 今の時期にぴったりな限定ラーメンでもないかね~と考え、やります!! 母の日企画!  ~たらちねの母はまだまだ元気~ 」とは熱いマスターからのメッセージ。新潟は燕三条系をリスペクトした「背脂煮干し醤油」が【限定20杯】で提供されるとあっては食べ逃すわけにはいかないぞ! 居ても立っても居られず仕事が終わってダッシュで訪問。「燕が参上!」と名づけられた限定麺ですが燕より先に参上しお店の軒下で口を開けてエサを待っときます(爆)



■燕が参上!(680円)
●スープ
鶏メイン清湯+魚介系
●麺
太ストレートやや低加水ちぢれ
●具材料
レアチャーシュー、タマネギ、極太メンマ、背脂
■この日の感想
お店入口に添付された限定品のお品書き。期待に胸を膨らませてのオーダーとなりました。実は私、勉強不足で「燕三条系ラーメン」というものが新潟のご当地ラーメンくらいの知識しかなく、背脂がタップリ入った魚介清湯くらいのイメージ。ましてやビジュアルなんかは想像すら出来ないし。。。(汗)色々思いを馳せていると運ばれてきましたよ~♪

■まずはデッドでガン見する。


「絶対旨い間違いなし!」
(オヒオヒ。。。この人言い切っちゃったよ。。。)

ハイ、旨いの決定。も~一目惚れでございますわよ~オホホホホ。
一面に張られた背脂に玉葱の白色が眩しすぎるスープをデッドで飲んでみます。
基本的には鶏ベースの清湯ですが若干の豚骨も使われてるよう。
キリッと立ったしょう油系にたっぷりと背脂が入りますが見た目ほど甘さがくどくなく、
地元湯浅のしょう油の持つ自然な甘さがピッタリとはまってます♫






そしてガッツリと効く魚介類の旨み。
煮干と魚介がタップリと使われているのが容易に想像できます。
そんなスープに絡むのが中加水(であろう)の太麺。
最初はコシの強さを感じますが徐々にぷりぷり感が表れる複雑で存在感のあるややちぢれ麺。

スープの色は濃いですが麺と一緒にワシワシといただくとわかります。

スープを立てる潔さがあることを♪

意識しないで食べるとわかりづらいですが
じっくり咀嚼するとその粉の風味が口のなかで広がります。
そしてアクセントになるのが玉葱! 
そのシャリシャリ感は一服の清涼剤として口の中をリセットする役割を担ってくれました♪ 
そして...



ご覧のように
完汁!!!
でございますわよ~♡ 
オホホホホホ




■しらす丼



さてこの日はマスターのオススメで「しらす丼」をいただきました。
サイドメニューはほとんど食べない私ですが「若干(わかぼし)」がタップリと載った
丼がドドーン!!!と目の前に運ばれると一気に触手が(笑)
しらすの持つ自然な味わいがご飯と一体となって旨いですね~ホント♪ 

個人的には「しょう油かけない派」なんですが、もし必要なら希望に応じて
「角長の濁り醤(にごりびしお)」を出してくれるそうです。



欲しい時は
「にごりびしおをくださ~い♪」
と発声してくださいね。そうでないと出てこないからお気をつけくださいませ(笑)

さらに特筆すべきはこちらの漬物!

「旨いっすね~コレ!」
ということで聞くと、こちら清乃の入る建物の大家さんの自家製漬物だそう。しかも野菜から無農薬で自ら育てた物を使用しているということでこれまたこだわりたっぷりのお値打ち品ですやん♪ これは是非とも食べてもらいたいですね。さて今回の母の日限定品「燕が参上!」ですが当初、母の日のみの限定だったそうなんですが土、日のみの限定品として5月19日・20日からしばらく再登場されるそうなんです(ムフフフ) ただし【限定10食】のみなのでお早めにね~♪ これはマジで嬉しいぞ。再訪決定だww
【お店の場所はこちらをクリック♪】



※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:有田市 

「大人の火遊び」=暴飲暴食 というオフ会

仲間内でのオフ会のご案内が届いたのは先月やったかな?
日程は5月の5日,6日の一泊二日の宴会&麺ツアー。
そして会の名前が「大人の火遊び」とのこと。
何をどう火遊びするのかわかりませんが...(笑)

とにもかくにも私の第一声は...

「GW中は仕事やし~
 (ノд・。)(号泣)」

と参加を諦めていたんですが... 

なんとか自身で万障繰り合わせ(笑)
5日のみさ参加させていただきました♪ 
午前中に仕事を片付け電車に乗り込みます。
そして降り立ったのが... そう懸命な皆さんならもうおわかりでしょう。
向かったお店は、毎度のコチラでございます♪


参加者はラー&ネット仲間6名と私。
仲間はすでにコチラでラーメンを1杯
食べてました(爆)
で私を含めた総勢7名にて昼の部がスタート!!!

「昼の部...?」 ということは...

当然「夜の部」もあります(笑)

まずは昼のランチですが、メンバーは思い思いに麺と酒をオーダーし、
マスターのお任せでランチメニューが運ばれてきます。
洋食メインのランチメニューですが、普段なかなか食べれないので
ここぞ!とばかりにいただきました。
















イカのおき漬けも旨いし、
チキンフライにはマスターの力作のカレーソースがかかってまして
これが旨いし、ポークチャップの肉が旨味がありありで旨いし、
ハンバーグも旨いし、鯛のフライも身がほっくりして旨いし、
 どれもこれも

マジうまぁ~(◎´∀`)ノ

でございました♪

そして宴もたけなわの15時に一旦昼の部をお開きに。
近くにある鮎茶屋にて夜の部スタートまでの間に皆で温泉につかり小休止。
ラーメン談義に花を咲かせたわけであります。そして...

18時より夜の部スタート♪

夜の部ではいきなり酒をあおりフルスロットル全開!(爆)
まずはいつもの

ズキューーーーン!!!













と鮪にぎりバズーカーの先制攻撃を受け、
その後は黒毛和牛の岩塩焼きの連続攻撃にタジタジ。

そこからはこれまたおまかせの波状攻撃がっ、





フグ、ピザ、生パスタと続く、続く...

そしてワインを飲み始めた頃から雲行きが怪しくなり...


見事、撃沈..._| ̄|○ ガクッ

そして...
どれだけ経ったかは覚えてないんですが、
時計の針は確か21時を指してたかと...

そんなこんなで「大人の火遊び会」はこれにてお開きとなりまして
メンバーは御宿へ。

楽しい時間をありがとう♫
そしておいしい料理をありがとう♪

とみんなをお見送りしました。

そして私は泥酔し、もうろうとする意識の中を
箕島駅へ帰路についたのでありますが安締橋の上、
川の真ん中にさしかかった辺りで...

「Σ( ゜Д゜)ハッ!」








 
 
「角長ゴールド食うの忘れた~~!!!」

清乃の連休が明けるのが本日。
明日以降、速攻でリベンジ決定!!!(笑)

Tag:有田市 

麺 dining 月乃家

駐車場400台完備!(≧ε≦)(爆)


■麺 dining 月乃家
@有田川町天満428-1
【営業時間】
11:00~14:30
17:00~22:00
【定休日】火曜日、第三月曜日
【電話】0737-52-5716
【駐車場】専用アリ
■つきのやなう
『部長、月乃家のカレーって旨いですか?』と我がラーメン部員。『旨いかどうかはわからんけど個人的には好っきゃなぁ~♪』と答える。すると『車出すんで月へ行きまへんか?』とエラい積極的なアプローチ。久しぶりに食べたくなってたので断る理由は無く『よっしゃ!ほな行こか~!!(笑)』と、こんな流れで南下スタート。しかし向かう道中で『実はカレーって外食したこと無いんですよ…辛いのがアカンので…』と部員から予想外のカミングアウトがっ! (そんなんやったらカレーなんか食われへんしー!!(」゜□゜)」)と内心で湧き上がる心の叫び。一応平静を装って『お、おそらく、あ、甘口やから、だ、大丈夫やろ…』とフォローするも(ほ、ほんまにいけるやろか…(-o-;)?)と不安を胸に到着しました。



■お目当てをオーダー♪
席に座り先ずはお目当てのカレーをオーダー♪ そして!! これまた以前より気になっていた名物餃子を一緒に注文してみますと、しばらくして配膳されました。カレーは相変わらずのコクと旨味♪ スプーンを口に運びながら『ウマァ~~( ~っ~)/』を連発(笑) 食べながら部員の様子を横目で伺うと、『このカレー、旨いッス、旨いッスよ♪』と自分が外食のカレーがダメだと言う事なんか完全に忘れて一心不乱に貪っている部員がそこに(爆) そして同時に平たく巻かれたパリパリ餃子も一緒にいただきましてホント満足♪ 手作りの餡はニオイは緩めで食べていて楽しい代物。 唯一の不満点はビールが飲まれへんとこか、な......(^。^;) いずれにせよこのカレー&餃子の強力コンビは私の独断で『月乃家CG砲』と命名させていただきます…m(_ _)m(爆)   そしてメインディッシュの麺メニューへと移ります。



■特濃(780円)
●スープ
豚骨醤油+魚介利いた煮干系
●麺
かなり太いストレート
●具材料
チャーシュー、味玉子、メンマ、ネギ
■この日の感想
カレーと餃子をいただきましたがラーメンとなると別腹になるのはご愛嬌(笑) 久しぶりの特濃なんですが初めて『太麺』を合わせてみようと思いチョイス。さぁさぁ太麺が楽しみだぁ~♪

■デッドで!!



どんなにコッテリでもデッドで飲んでみた(笑)

もう何度も食べる特濃ですが相変わらずコクがありどっしりボディ。
それなので安心して我が身を委ねることができまする。
そんな味わいはファンの皆様なら御承知の通りでございますが今宵のお相手は太麺。
中加水タイプでこちらも負けじと強靭な肉体の持ち主でパワーがありました。

個性派同士のマッチングですが食べてみると違和感なんかは微塵もナシ! 
互いの長所を伸ばし、尊重しあっているかのようで、気づけば
『あっ!( ̄∀ ̄)』という間の完食劇でございました♪ 

ただし...
気になるのが『細麺と太麺のどちらもチョイスできる』という点と
『どちらも相応に旨い』という2点。

つまりこれが 
・このスープにはもっともっとバチッとはまる麺があるんじゃないか?
・もっともっとブラッシュアップできるんじゃないか?
という個人的思いに繋がっていくんですよね...

『特濃はこのスープにこの麺やねん!』

という作り手(店主)さんの熱い思いを今以上に感じたかったのかもしれない… 
今回はそんな素直な感想です(=゜-゜)(=。_。)


※『食べ歩きランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ラーメン ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:有田市 

和 dining 清乃

新メニューで一番濃厚で、なおかつ茹で時間が15分オーバー♪

■和 dining 清乃
@有田市野696
【営業時間】
11:00~14:00
17:00~22:00
【定休日】火曜日
【電話】0737-83-4447
【駐車場】専用アリ
■せーのなう
新メニュー紹介のラストを飾るのはつけ麺『トリトン』でございます!『トリトン』はその名の通り『鶏+豚(トン)』の略だそう。鶏の旨味と豚のパンチを併せ持った濃厚スープらしいっす♪ これまでも濃厚系のつけ汁はいただいてきましたがマスターが言う『美味しいとこ取り』という点がめちゃめちゃ楽しみなんです~♪



■濃厚トリトン(850円)
●スープ
鶏+豚骨+魚介トリプル系
●麺
極太全粒粉
●具材料
チャーシュー、味玉子、ネギ
■この日の感想
元々、濃厚つけ麺には定評がありましたが『これ!と言った決まった形がなかった』例えるなら『平幕力士が自分の型にハマると三役にも勝てる力を発揮する』みたいな~♪(このたとえでわかるんかよ(笑)) よーするにもっと高みを狙っていった今回のブラッシュアップポイントをマスターより聞きながら配膳を待ってました♪



■デッドで!!
飲んだスープなんですが『濃~厚~♪(^w^)』と唸るほどのもの。従来型では脂分の多い魚介節が使われいた関係上、個人的にはややアクの強い味わい… つまり最初は強烈な個性と感じるのですが食べ進むにつれそれが雑味になってたんですね。どころが新たなスープではそのアクの強さが『パンチ』となるような魚介節が投入され新たなチューニングが施されました。さらに『10番というメチャメチャ太い、しかも全粒粉という麺を受け止めるだけの強さ

も兼ね備えたマッチングが完成!!!』とは店主さん談。いやぁ~、確かにこれはスゴいです。今までの荒削りな部分が丸くなり、鶏、豚それに魚のバランスが見事に融合しました。強烈な個性を放つ子供を聖なる母的な大きな愛で包み込んだみたいな~(笑)←なんじゃそれ!(爆) しかし和歌山ではまだまだ認知度が低いと思われる全粒粉麺ですがこのつけスープとのコンビで和歌山のつけ麺シーンを牽引していくだろうと大胆予想してみます♪ 


■新しい器
そんなブラッシュアップしたののは麺&スープだけではなく器も新たに導入されてます。チェックポイントはつけスープの器の口が大きくなったので麺が入れやすく、そして食べやすくなってます。そして麺量はデフォが260gで「大」が390gとボリューミーなひとしなに。濃厚ですがスープ割りが必要な濃さなんじゃなくて「密度が濃い」っていうのが適切ですかね(笑)とにかく濃厚好きな方にはオススメの一杯です♪ ただし麺茹でに15分はかかりますのでグループでのオーダーや時間の少ない場合にはお気をつけくださいね。

そうこうしているうちに従兄弟が到着したので
カウンター席からテーブル掘りごたつ席へ移動しての酒盛りモードへ(爆) 
本日はもう終わりですが4月のおすすめとマスターのお任せメニューで軽~く一杯♪







まずはビールで乾杯♪
そして...
サラダ、刺身盛り、ウドの天ぷら、肉じゃがグラタン、
アオリイカとアスパラの紹興酒炒め 等
旬の味から趣向を凝らした逸品まで堪能させていただきました。
この中で一番気に入ったのが...

「ウドの天ぷら♫」

が印象的でした。 そして今宵もまた... 酒を喰らうんです。
ごちそうさまでした...(笑)


※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:有田市 

【限定】ピリ辛ホルモンの金 和 dining 清乃

ピリ辛の金(カネ)じゃなくて金(きん)(≧ε≦)ゞ


■和 dining 清乃
@有田市野696
【営業時間】
11:00~14:00
17:00~22:00
【定休日】火曜日
【電話】0737-83-4447
【駐車場】専用アリ
■せーのなう
『今日から限定スタートやろ?』というメールは副部長から。(ぬぁにぃぃぃ(」゜□゜)」)情報をまったく持ってなかった私は寝耳に水の話。とにかくスグに調べてみると… 『「金醤油」に関する問い合わせが多いので自家製ラー油を使って作ってみました♪』と、確かに期間限定ラーメン麺がリリースされている。(アカン、食いたいやんけー!!(ノ><)ノ)といてもたってもいられず電光石火の訪問となりました!(笑)



■ピリ辛ホルモンの金
●スープ
塩ベース系金かえし+ラー油
●麺
中太真空ミキサーストレート
●具材料
ホレモン(丸腸)、味玉子、白葱、小松菜
■この日の感想
入店していつもの指定席へ。マスターがおもむろに『コレでしょ(笑)』と出して見せてくれたのがコチラのペット。真っ赤なラー油にはゴマがびっしりと。『挽いたゴマじゃなく炒ったゴマを使うのがミソで、香りがイイんですよね♪』と言ってすぐ、『じゃ、作りましょか』と調理に入ります。あのう…私、まだオーダーしてないんですけど…(^。^;)

■デッドで飲んでみた!
しばらくして配膳されたラーメンをデッドでガン見…



真っ赤っかやんかー!!(」゜□゜)」

クリアレッドで覆い尽くされたラーメン。
明らかに辛そうなそのスープをとりあえず撹拌しデッドで飲んでみた!

『辛~っ!!(;∇;)/~~』



というリアクションを用意していたのですが、そんなものは微塵もナシ!(笑)食べすすむにつれ ラー油と混ざりあった金醤油のスープは互いの長所を伸ばし始めたんですよ!(驚) 適度にマイルドで、適度に辛く、まったくもって具合よし♪ ピリ辛の後には魚介のテイストが感じられ、その後更にホルモンの甘さが襲ってくる。正に三位一体となった攻撃に予想してなかったコチラは防戦一方。そんなスープに合わすのはやや太めの真空ミキサーストレート麺!! ラー油が絡むのはもちろんなんですが加えてまとわりつくのが例の炒りゴマ


くん達。麺を咀嚼するたびに何とも言えないセサミスメリングが『う、ウマァ~~( ~っ~)/』ラー油の素晴らしさは言うまでもないですが、いちばんのキモは丸腸だと実感。その元来持ち合わせている甘味が味わいに深みとバランスを注入しているんですね♪ 



■結局…
ご覧の通りの完食劇に(笑) 大変おいしゅうございました。この限定はゴールデンウィーク明けくらいまでできるそうですがマスターにご確認をお願いしますね... 個人的に思った注意点ですが、胸ナプキンって言うか胸風呂敷を忘れずに(笑) けっこうスープ跳ねるのでワイシャツなんかには致命的、それに大切な洋服などへこのラー油が付くとかなりガンコな汚れになるそうですからね!! 食べる前には必ず 「紙風呂敷一丁~(`∇´ゞ」のご発声を忘れずに♪



※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:有田市 

〆はやっぱりおまかせ&麺で!  和 dining 清乃

「お、お前パーマかけたんか!(怒)」

■和 dining 清乃
@有田市野696
【営業時間】
11:00~14:00
17:00~22:00
【定休日】火曜日
【電話】0737-83-4447
【駐車場】専用アリ
■せーのなう
「乱食の日」のラストステージのトリを飾るのはオーソドックスな「ラーメンセット」を、ば(笑)そんな中、〆ラーメンの栄えあるラストは「春休みが終わったらあいつパーマかけてきよったで!」と学校中で噂になった真面目で有名だったあの娘。テロリとした彼女、春休みの間に何が起こったのか?? それを検証すべく鶏羽二重白湯をチョイス、っていうか単に鶏白湯を食べたかったのですがね...(笑) ※「乱食の日~その1~」 「乱食の日~その2~」 はコチラをクリック♪


■お品書き
3月のメニューリニューアル時にはアイテム数が7つだったのですが、紀ノ国地鶏の塩が新たに限定メニューとして加わったので総数が8アイテムとなってました。鶏羽二重については(醤油・塩)をチョイスするのは変更なしでございます。そんなラーメンにオーダーしたのがマスターのオススメ丼。旬の魚を使った丼に(さぁさぁ、どんなネタが載ってくるんかなぁ~♪)とかなり楽しみにしておきます。





■鶏羽二重&おまかせ丼
●スープ
真っ白な鶏のテロテロ系
●麺
中太のウェーブでやや加水率高
●具材料
チャーシュー、味玉子、玉ねぎ、ネギ、糸唐辛子
■この日の感想
鶏のエキスと香りの漂うスープはしっとりと濃厚でポタージュのようなきめの細かさがウリ♪ そんな真っ白で滑らかなスープをデッドでいけるとは... ラヲタ冥利に尽きるってもんですよね~やっぱ(笑)

■デッドで飲んでみた!


トロ~っとしたスープは鶏の旨味のみを濃縮した味わいで、
鶏好きには堪えられない仕上りとなってます。

飲むと舌の上に絡み付く味わいは鶏の良さを知り尽くした上で作られた深みあるもので、

ホント「クセになる味わい」だと思います。

そんなスープから引っ張りだした中太常圧麺を見た瞬間...



思わず口から出た言葉、

『お、お前春休みの間に
パーマかけとるがな!!!』
アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!! 

そうなんです。もともとストレートだったにもかかわらず、
その麺線にウエーブがかり... でもちょっとキュートやん♡ 

真面目だった子が春休みの間に学校と親には無断で背伸び。
すこしばかり「おませんさん」になっていたというありがちなシチューエション(爆)

でも、これが意外にスープとマッチしてるんですね。
このウェーブがテロリスープを具合よく持ち上げ、
なおかつ味わいは代わってないのでグッドマイナーチェンジと言えるか、と。

「パーマ、結構似合ってますでしょ?(笑)」 

とマスター。
想像以上のマッチングだったので採用されたそうですが
これはこれでナイス判断。
このラーメンに対する貪欲な姿勢があればこれからも進化し続けることでしょう♪


■そしてお任せ丼
ラーメンと完食した後にいただく丼。
この日のお任せ丼は「鯛のヅケ丼」でございました。




一番驚いたのはそのヅケのモチモチ感。
口に入れるとその肉の厚みがとろけるようにまったりと絡まってきて

うまぁ~(◎´∀`)ノ

なんとも言えない食感にウットリ♪
そしてそのヅケダレがこれまた妙味で、ご飯にホント合いますね! 

そして2/3くらい食べてから大葉とわさびをちょびっとつまみ
それに醤油を少し落としてみると... こりゃ美味だ~~♫

和 dining ならではの味わいに

「うーん、さすがだ...ヾ(*゚A`)ノ 」

と感嘆のため息が漏れてしまうほど。

この日は家族同伴ということで乱食してしまいましたが、
どれもこれも満足させていただけ、家族も感動の嵐でございました。

そして旬の味わいに感謝です!!! ごちそうさまでした♪ m(_ _)m



※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:有田市 

2012.04.09 Mon

100%ランチ♪ 和 dining 清乃

ラヲたま乱食太郎になった日(o^-^o)

■和 dining 清乃
@有田市野696
【営業時間】
11:00~14:00
17:00~22:00
【定休日】火曜日
【電話】0737-83-4447
【駐車場】専用アリ
■せーのなう
まずは限定のラーメンをいただいたこの日。ただラーメンもいいですが基本的にはランチメニューが充実しているコチラ。これまでも内心では(ランチメニューも色々食べてみたいよなぁ~)と思ってたのですがひとりでの訪問となるとどうしても麺メニューを食べざるを得ないという状況に... よってこの日の主たる目的は人気のランチメニューを乱食してやるぞ!という意気込みで訪問した次第で(笑)ではではランチメニューのご紹介を、ば♪ とは言うものの...(ランチメニューの画像を撮るのを忘れました(汗))

■「名物になっちゃいました」

まずは「でっかいエビフライ」と名付けられたコチラ!





人気の和牛100%ハンバーグ(1,000円)に本当にデッカいエビフライをオプションで♪
元々どのメニューもボリューミーなのにこの組み合わせはもはや

「お子ちゃま大好き最強メニュー!!!」

といっても過言ではありません(笑)

そんなエビフライにガブッとかぶりつくと、プリッとしたエビが顔を出します。
そして次にハンバーグをパクリっ!

「うおぉぉぉ、ヽ(´▽`)/ 
々しいっ~~~~す♡」

思わず声が漏れますw


そして次に、これまた人気ランク常に上位の「チキン南蛮」を。





「どうだーーーー!!!」

と言わんばかりの圧倒的な存在感。
チキン南蛮のど迫力におののいちゃうじゃないっすか!(汗)

ソースには甘ピリ味が採用されており鶏好きにはたまらないか、と♪
季節の小鉢も添えられ、これに吸い物とシャーベットが付いて1,000円でご提供。

ランチとしての1,000円はチト高く感じられるかもしれませんが、
このボリュームと味わいだと素晴らしいCPだと言えるでしょう。


そしてこの日の「本丸」の登場!






「なめらかカレー」(贅沢版)でござい♪

何気にカレー好きな私にとって
「限定カレーが出来ました♪」
の情報は体に毒でしょ?(笑)

それに加えて、




たまたまこの日は大好きな和牛カツがありまして、
それをトッピングしてもらえました♪
(※通常この贅沢トッピングはメニューにありませんのでご注意くださいませ。
ただし夜の部のみ「もち豚カツカレー」が1,260円で食べれるそうですyo)


このカツ、カレーどちらもデッドで食べてみたんですが...

メチャうまぁ~~~
(◎´∀`)ノ

骨とアキレス腱それに色々な野菜をオーブンで焼き、
そしてことこと数時間煮込んでフォンドヴォーを作った後
仕上げていくという力作。香り、ビジュアルともに満点です♪
和牛カツはそれ自体が旨いので言うまでもなく、とても贅沢っす。

おしながきにも書かれてましたが若干の辛みがあるので
お子様より「おとなのカレー」という方がピンとくるでしょう。

ただし、私も含めてですが甘党の方なら「もうちょい甘さが欲しいと」
感じるかもしれません。 と個人的希望は言っといてっと(笑)

ずっしりとコクがあり手間ひまのかかった、よりスパイシーな味わいに納得!!!
カレー好きとしてはメチャメチャ満足させていただきましたyo~~
そして...


「そうさ~♪ 100%ランチ~♪ 
もう~食べ尽くす~し~かないさ~♪
このせ~いの~中のメニュー~♪
抱きし~め~ながら~~♪」


思わず口ずさんじゃいました~w

予想通りのカレーの旨さに気を良くした私。
この後、〆のラーメンをオーダーしたのはいうまでもありません(爆)


(↑:まだ食ってるんか!!! ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ)



※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:有田市 

新メニュー探訪の旅♪ 和 dining 清乃

巷は桜満開の便りが届いてますが

「乱れ咲き」ならぬ...「乱食」(爆)


■和 dining 清乃
@有田市野696
【営業時間】11:00~14:00/17:00~22:00
【定休日】火曜日
【電話】0737-83-4447
【駐車場】専用アリ
img_1734772_66444798_6.jpeg
自分の中の訪問タイトルは『メニュー整理が完了し新しくなりました♪
第三弾ひとり旅』の予定でしが訪問間隔が少し開いている間にも
前向きなマイナーチェンジが施されるコチラ清乃。
よってこの日は「新メニューを根こそぎ食べてしまおう♪」
と家族を引き連れての「キンバリー露天掘り大作戦」という
サブタイトルを設定したある意味強引な作戦に打って出てしまいました...(苦笑)



■お品書き
img_1734772_66444798_7.jpeg
実はこの日の一番の狙いは「塩」だったのですが
事前に「限定トッピングの塩をUPした」という情報も得ていたので
まずはソチラからいただく事に。
「稲むら塩清湯(しおちんたん)」がデフォなんですが
トッピングに「紀ノ国地鶏」を使ったものが限定として登場しました。
よってお品書きも若干のマイナーチェンジが行われ
『紀ノ国地鶏の塩清湯(しおちんたん)」が新たに加わってます♪


■紀ノ国地鶏の塩清湯(限定)
●スープ:鶏ベース+魚介
●麺:中太のなめらか麺
●具材料:地鶏鶏ソテー、味玉子、ネギ、小松菜
img_1734772_66444798_8.jpeg
まず運ばれたのがこちらの塩。
「塩」は広川でつくられた「稲村の塩」が使われてます。
さてこちらの塩は地元の高齢者の方々のグループが中心になって
100%太平洋の海水で手作りされてます。
まさに「手塩にかけた」という語源とも重なり、丁寧に、釜炊きされてます。
こんな塩を使えるなんて「地産地消」でいいじゃないっすか~♪


■デッドで♪

飲んでみた!!! 
滋味深い塩の味わいが襲ってくるスープはキリッとしたシャープさの中に、
魚介をふんだんに合せた味わいの層が幾重にも感じられるもの。
まずは塩がきて、それから魚介が徐々に感じられてきます。

食べすすむにつれそれらが合わさってじんわりと尾をひく旨さが、
これまた楽しいんです。塩が立ち過ぎず、かと言って弱すぎず、
素晴らしい塩梅に仕上がってます。色合いもほのかに
ゴールドがかっているのですがこれもまたイイ感じなんですよね♪ 


それに合わす麺は中太のストレート。
img_1734772_66444798_9.jpeg
真空麺ならではの滑らかさが際立ってます。



そしてトッピングですがデフォなら豚チャーシューが載ってますが
限定品は紀ノ国地鶏がドドーンと載ってます。
img_1734772_66444798_10.jpeg
表面がグリルされ「カリッ」と仕上がってメチャメチャ香ばしいです。
そして、皮を噛むと「ジュワッ」っと鶏の肉汁が溢れ出してくる... 
トッピングの旨さはもちろんですが、
やはり具とスープの「鶏&鶏」の相性の良さが素晴らしい。
数量限定なのでこれは見逃せませんよ!!!

そして...


じゃーーん!!!

img_1734772_66444798_0 (1)
大阪は麺屋 彩々(さいさい)の謹製麺を使った

「鶏塩そば」(780円)

でござい♪ 



自家製麺はヤッパ、「うまぁ~(◎´∀`)ノ」やわ~
img_1734772_66444798_1.jpeg
表面がプリッとしてるのに噛むとギュ~ッっとつぶれる感じの食感が

「た・ま・り・ま・せ・ん」(笑)

やはり塩のスープに合うよう作られてるのが手にとるようにわかるね~♪


そして... 
このコラボに花を添えるのがコチラ!!!
img_1734772_66444798_2.jpegimg_1734772_66444798_3.jpeg
紀ノ国地鶏のムネ肉を使った...平たく言うと

「鶏ハム」だそう♪

特筆すべきはその表面と中央の食感の違い!!!
噛んだ瞬間に

「な、何これ?」

モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!


もちろんいい意味でね(笑)
普通のハムの食感の10倍くらいの柔らかさなんですがしっかりとした噛み心地で
薄味ですが中央部分ではじんわりと鶏の旨味が広がるって感じかな。
何と言ってもまったく特有のぱさぱさ感がなくしっとり仕上がってる点がグッドです♪

彩々の麺とのコラボメニューですがこちらも限定数量っていうか

「麺が無くなり次第終了」となるそうですからお早めに~♡


■そして...
限定麺を食べている途中にやっと気づきました...
img_1734772_66444798_4.jpeg
img_1734772_66444798_5.jpeg


「あ~~~!!!

 器、代わってるし~~~!!!(驚) 


そうなんです。
見慣れたうさぎの柄ではなく屋号がシンプルに書かれたオリジナル器が登場です。
マスター曰く「もっと納品が先になる予定が今日来たんで、早速使いました(笑)」との事。

栄えある「器おろし」のトップバッターになれました。
次回からはデッドで飲む時は

「マークを見ながらデッドで!」

をお約束にします(爆)

そして次回は更なる新メニュー、
加えて「ランチメニューを乱れ食い」の巻 へとつづきます...

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:有田市 

【新メニュー考察】3杯目 和 dining 清乃

とにかく「ガッツリ」で勝負っす!!!

■和 dining 清乃
@有田市野696
【営業時間】11:00~14:00/17:00~22:00
【定休日】火曜日
【電話】0737-83-4447
【駐車場】専用アリ
img_1734772_66346530_0.jpeg
『メニュー整理が完了し新しくなりました♪』の3杯目でおます(笑)
「つけ麺メニューの種類は多かったのとスープの区別がわかり辛かったので絞ってみました」
とはマスター談。清湯系スープで「違い」を出すのならかなり個性的に仕上げなくては!
とレギュラー化されたのがコチラの「ブラック系つけ麺」 
以前にこの前身ともなる醤油強烈エッジつけ麺を少し試食させていただいたことがありましたが、
その時から比べると想像もつかない進化がそこにはありました。



■お品書き
img_1734772_66346530_2.jpeg
ホントすっきりとしたつけ麺メニューの中にあった醤油エッジ系。
有田ブラックのつけ麺版とひと言では片付けられないですが
醤油好きの胃袋を満たすには十分なパワーがありそうな雰囲気。
「スープに入る3種のたっぷり豚」がそのパンチ力を表しているようですね。




■豚もり黒醤油つけ麺 並:300g(880円)
●スープ:鶏+数種の魚介+エッジ醤油
●麺:真空ミキサー太やや平打ち
●具材料:スライス&ブロック&レアチャーシュー、ネギ
img_1734772_66346530_3.jpeg
お店に入る前から最初から醤油たべたい口になっていたこの日(笑)
安定した人気のある有田ブラックのつけ麺版を初めていただけるとあっては
期待大になるのは必然か、と。

(やっぱ醤油つけスープがキモやろ~)

と食べる前からワクワク感に征服されていることに気づきます。
若干の太麺なので汁麺に比べ茹で時間が長いですが、
旨い麺を食べるためには茹で時間が長かろうが何だろうが気にもなりません。
その麺茹で加減がつけ麺の全てを支配すると言っても過言ではないですから...(笑)



■デットで飲んでみた!
img_1734772_66346530_4.jpeg
じっくりと時間をかけて作られ配膳されたつけ麺。

「黒~~~っ!」

ビジュアルは確かに黒いです!!! 
しかしその香りは醤油独特の発酵臭と控えめな魚介の匂いが相まって
そそりングMAXでございます。デッドで飲んでいちばんに感じたのは
「有田ブラックとは違う魅力のある深みと味わい」
という点。あくまでもつけ麺としての存在感という立場を明確に表現されておりまして、
明らかに有田ブラックスープとは別物で
「よりシャープなエッジがその最大の武器(マスター談)」
となってます。伝家の宝刀的たとえなら
「平松政次のカミソリシュート」や「伊藤智仁の高速スライダー」
と言えばピンとこられるか、と。(ホンマにくるか?(爆))



■麺&具材
img_1734772_66346530_5.jpeg
img_1734772_66346530_7.jpeg
そして麺。
真空ミキサー使用の麺は見た感じはやや平打ち系。
粉の味わいがじんわりと感じられつつその滑らかさと喉ごしは
清湯系スープとの相性の良さをあらためて実感させてくれます。
醤油エッジスープとのマッチングは文句なし。
300gの麺もあれよあれよと言う間に胃袋に収められていきます♪ 



そしてこのつけ麺の最大の特徴となるのがガッツリと入っている3種類の豚。
img_1734772_66346530_6.jpegimg_1734772_66346530_8.jpeg
麺にはローストレアチャーシューが載り、スープには豚スライスとブロックチャーシュー
という食感と種類の違う肉がどっちゃり。マスター曰く
「最初バラ肉を入れてみたところあまりに生々しい味と臭いが際立ってしまって... 
肩ロースが一番合いました」との事。

最後までスープとかえし、そして具材のバランスをとるのが難しかったそうです。 
そしてつけスープの量も多く、汁麺と同量になってますから
(スープが少な~~~い)というストレスも皆無でしょう(笑)

とにかく醤油も肉も麺もガッツリいただけるつけ麺の登場はメチャメチャ嬉しいっす。
このメニューのオーダー回数も増えそうな予感が... 
つけ麺好きにはたまらない一杯となりそうです♪


※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:有田市 

【2杯目・新メニューをいただきます♪】和 dining 清乃

「麺固め」はご遠慮くださいませ...m(_ _)m

■和 dining 清乃
@有田市野696
【営業時間】11:00~14:00/17:00~22:00
【定休日】火曜日
【電話】0737-83-4447
【駐車場】専用アリ
img_1734772_66302342_6.jpeg
『メニュー整理が完了し新しくなりました♪』
との情報を聞きつけていてもたってもいられず
ソッコーお邪魔しましたyo~♪の第2弾っていうか
2杯目のこちら清乃(笑) 

1杯目はマスターオススメの限定品湯浅ゴールドをいただきましたが、
次にトライしたのは鶏羽二重白湯でございます。




■お品書き
img_1734772_66302342_4.jpegimg_1734772_66302342_5.jpeg
一杯目を食べ終わってから新しいメニューを再度眺めます。
つけ麺が気になりながらも『羽二重』という文字に興味津々(笑) 
羽二重とは織物の事なんですが、マスター曰く
『スープを濾す時にその羽二重を使う』のだそう。
コレで旨い鶏のスープがもっともっと取れますよね~(笑) 
そんな鶏白湯ですが醤油と塩のセレクトが必須。
少しばかり悩みますが個人的な好みでやはり醤油をチョイスしました♪




■鶏羽二重醤油(680円)
●スープ:真っ白な鶏のテロテロ系
●麺:中太のやや加水率の高いもの
●具材料:チャーシュー、味玉子、玉ねぎ、ネギ、糸唐辛子
img_1734772_66302342_8.jpeg
つけ麺を食べたかったのですが、それよりも何よりも、
これまで試行錯誤を繰り返されて来た鶏白湯。
鶏白湯→テロリ→肉濁→白湯ブラックかえし という変遷を経て
この鶏羽二重に行き着いたようです。

前回、前々回の試作訪問からどのように落ち着いたのか? 
期待大にて待っているところへ配膳されました。
第一印象としてはこれまでの鶏白湯とはそれほど変化のないビジュアル。
強いて挙げるならかえしの醤油色はそれほどでもなく
どちらかと言えばより白くなったというものです。



■そしてデットで
飲んでみた!!!
img_1734772_66302342_0.jpegimg_1734772_66302342_7.jpeg


「おっ!」


思わず口から出た言葉!!! 
鶏の旨味分がスープ全体から溢れ出しつつ
余分な香味は極限まで削ぎ落とされたその白湯に
「それほどの変化なし」と感じた部分は覆されてしまいます。

また必要以上の濃度はないものの従来のセールスポイントであるテロリ感は健在で、
それでいてちょっとしつこく感じていた肉感は自然に抑えられいる印象。
前々回では醤油が立ちすぎていた感のあるかえしもより
スープに合うようチューニングされたようで
鶏と魚介の風味が絶妙なハーモニーとなってました♪



■麺&具
img_1734772_66302342_1.jpeg
相変わらずチャーシューはラーメン全体を引き立てる存在感で旨い。


そして今回の注目すべきはこちらの麺。
img_1734772_66302342_2.jpeg
これまでとは違った麺が投入されております。
おそらく、より加水率が若干高めで麺線もやや太くなってまして、
粉の味わいも残しつつより白湯スープとのマッチングを重視されたのだと思います。
「やや固めかな?」と感じた茹で加減も
ひとくち食べたあとは丁度よい具合になりました。

「麺茹でもイイ感じですね♪」

と言ったところ... 

「実は(麺固めはご容赦くださいませ)の文字をメニューに入れ忘れたんですよ...(苦笑)」

とマスターがカミングアウトされてたことは
ここでボソッとつぶやいておきましょう(笑)



■完汁(苦笑)
img_1734772_66302342_3.jpeg
その結果はご覧の通り「完汁!」でございます。
1杯目も完汁したというのに2杯目までも。
っていうか意識することなく飲み干してしまうほどのバランス良さで、
そして食べ進むとわかりますが
スープが「テロリ」から「テロテロ~」という
粘度に変化していく様子が面白いですからコチラも見逃せません(笑) 

ちなみにこの日のチョイスは醤油味でしたが、
塩はこれまでの「鶏塩白湯の良い点を踏襲し、
女性好みに仕上げました」とはマスター談。

キッチリとブラッシュアップされた鶏羽二重白湯は
お店を代表する人気メニューになるパワーに溢れてましたね。
ごちそうさまっす!!!

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:有田市 

【新メニュースタート♪】和 dining 清乃

3/1よりメニューが一新されましたyo~♫(≧ε≦)

■和 dining 清乃
@有田市野696
【営業時間】11:00~14:00/17:00~22:00
【定休日】火曜日
【電話】0737-83-4447
【駐車場】専用アリ
img_1734772_66299325_9.jpegimg_1734772_66299325_10.jpegimg_1734772_66299325_11.jpeg
春の足音が聞こえてきそうな3月。
飛び込んで来たのが「メニューを一新しました♪」の新情報!!!
 「なぬぃいい、それは早よ行っとかなあかんやないかーい!」
という事でソッコー向かったのが有田のコチラ。ランチの人気も凄まじく
駐車場がいっぱいになる事を計算した上でお昼時を外した訪問と相成りました。



■お品書き
店前にあるブラックボードはこれまでもレギュラーメニューに加え、
限定品が載せられてましたが若干見づらかったのが正直なところでした。が! 
新メニューはスッキリとまとめられ、そして見やすくなり、
またランチメニューも旬の食材を使用したマンスリーメニューが。
人気のボリュームフライ&ハンバーグランチも健在です♪ 

そんなブラックボードを横目に店内に入り
指定席のスープかぶりのカウンター席に腰を下ろしました。
「どれどれ...」
新メニューに期待が膨らみながらコチラも新たに作られたメニューに目を通します。

なるほど以前よりかなりわかりやすくなってまして、まず
・「汁麺」と「つけ麺」を記載している点、
・つけ麺の麺量が記載されている点、
・メニューの種類別にそのスープ&麺のこだわりや特徴が
 わかりやすくまとめられている点 などなど 

色々工夫された跡が見受けられます。
「お腹周りの贅肉がスッキリ落ちました~♪」みたいな(笑)
そして何より特筆すべき点は... 

「値段、安なってますやん!!!(驚)」

img_1734772_66299325_12.jpegimg_1734772_66299325_13.jpeg
例えば「有田ブラック」はこれまで700円でしたが20円安くなり680円に。 
値上げをしても仕方ない今のご時勢なのに敢えて「値下げ」を敢行するとは...
「頑張りましたw」と仰る店主さんの心意気を感じずにはいられません。
そんな中チョイスするメニューですが

(オヒオヒ全部食べたいやんけ...)

とメチャメチャ悩みます(苦笑)すると..

「新メニューでは限定がイチオシです!(ボソッ)」と神の声がっ。

「よしっ!それでいこ!」ハイ、決まりましたよ~♪



■湯浅ゴールド(780円)
●スープ:鶏ベース+魚介+熟成生醤油
●麺:やや細チヂレ麺
●具材料:ローストレアチャーシュー、味玉子、穂先メンマ、ネギ、小松菜
img_1734772_66299325_3.jpeg
しばらくすると「プ~ン」と漂う嗅ぎ覚えのある魚介臭とともに
限定麺が運ばれてきました。先ず驚いたのがそのビジュアル。

もう少し濃い色を想像してたのですがもの凄くクリアじゃないっすか!!! 
澄んだ琥珀色のスープはまさに「ゴールド」の名前にピッタリ。
そしてチャーシューもレア状態ですこぶるイイ感じで
(早く鉢に吸い付きたい♪)そんな衝動すら覚えます。

そしておことわりですが味玉子と小松菜はいつもの如く
最初から抜いてもらってるので画像にはありません(笑)



■デッドで♪
img_1734772_66299325_7.jpeg
鉢に吸い付いてみた!!!

口を近づけたとたん鼻腔を「くすぐる」どころか「揺り動かされる」ように感じた
独特の醤油発酵臭。のっけから「醤油が立ってます!」的な
メッセージと衝撃的インパクトが伝わり、そしてじんわりと魚介風味が押し寄せてくるもの。
(この生醤油のまろやか感とフレッシュな香りを出すのは苦労したやろなぁ...)
と思わせるには十分すぎる出来映えにひとくち飲み干した後に思わず出たのが
良い意味でのため息です(笑)


■麺&具材料
img_1734772_66299325_5.jpeg
麺は和歌山ではほとんどお目にかかる事のできないウェーブ麺。
見た目は細く映りましたが食べてみると思いのほか普通くらいの太さかな。茹で加減は固めに仕上がっておりベストコンディション、そして咀嚼するとザクッとした心地よい歯ごたえがあり、
その後じんわりと粉の味わいを感じる事ができます。

同じテイガク製の麺でも
(粉の風味が全面に出る麺とスープを活かすべく一歩下がって支える麺があるんやぁ)
ってことに気づかされましたね。今回はもちろん後者のタイプです♪ 

チャーシューはこれまたいつもと違うレアタイプ。
img_1734772_66299325_4.jpeg
ここで和職人である店主さんの本領発揮、レアなのに香ばしさも感じるのは
表面を醤油でローストしているのがキモですね。
穂先メンマもグッドで一気に完食しちゃいました♪




■本当のこだわり
img_1734772_66299325_2.jpeg
食べ終わったあと店主さんとしばし談笑を、ば。
色々なこだわりを伺うことができました。実はこのゴールド。
和歌山が誇る醤油蔵である「角長」のこだわりの逸品である
「三年熟成濁り醤(にごりびしお)「匠」」をはじめとする生醤油を
「かえし」「チャーシュー」「メンマ」の味付けに至るまで全て使用しているそう。

「素晴らしい醤油なのでラーメンの値段がちょっと高くなりました...」

とのことですが湯浅が誇る自慢の醤油の特徴を遺憾なく発揮させ、
それを表現できる麺とマッチングと味わいにはホント、脱帽しました。

全体的な印象としては、すごく上品に仕上がってまして
トラディショナルな和歌山中華とは一線を画しますが
この滋味深い限定品は絶対にオススメ。

湯浅には角長さんの資料館もあるので
そちらを見学とセットで訪れられるのも面白いですね。
しかし他のメニューも早よ食べなあかんよな... 
やっぱ連食か!?(爆)

※2杯目へつづく...


※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:有田市 

和 dining 清乃(せーの) 2012.2.23

安諦橋(あでばし)の上は極寒の寒さナリ…(*_*)

■和 dining 清乃
@有田市野696
【営業時間】11:00~14:00/17:00~22:00
【定休日】火曜日
【電話】0737-83-4447
【駐車場】専用アリ
img_1734772_66241818_0.jpeg
この日は休日でしたが突然の仕事が入り湯浅方面へ向かうことに。
そして終了したのが14時前…
となるとやはり箕島駅では途中下車してこちらへ来なくてはなりませんよね(笑)
連日の寒波で外気は冷たく肌に刺さるような刺激が…(ToT) 
安諦橋(あでばし)の上ともなると有田川を渡る風をモロに受け半死同然に。
片道徒歩約15分の道のりを経てたどり着きました。



■鶏つけ麺(メニューなしおまかせ)
●スープ:鶏白湯系ブラックかえし
●麺:14番ストレート
●具材料:チャーシュー、小松菜、味玉子
img_1734772_66241818_1.jpeg
メニューを整理しようとしているころの第二弾。
この日は鶏白湯系のつけ麺をチョイスするもつけ汁はマスターおまかせに。
よってどんなつけスープが配膳されるのか?
それは配膳されてからのお楽しみということでして... 

しばらく待って配膳されたのがこちらでございます(笑)



■早速、デッドで飲んでみた!
img_1734772_66241818_3.jpeg
いい意味で鶏の香りが充満するつけスープの第一印象は若干ややシャバなタイプ。
かえしには醤油エッヂが利いており今までにはないスープでございます。


麺は真空ミキサーを使ったやや平打ちっぽい喉ごしのいいタイプ。
img_1734772_66241818_2.jpeg
個人的には一番好きな麺なのでコレを食べる喜びに浸ってしまいます(笑)  
食べ進むにつれスープの粘度がよりテロテロになってくるのはグッド!!!
濃厚なつけ汁も旨いですがどちらかと言えば『ラヲタ向き』だと個人的には思うので、
これくらいの粘度をデフォにすれば一般的に受けるのかな? という感じです。

img_1734772_66241818_4.jpegimg_1734772_66241818_5.jpeg
あとは… やはりつけ汁の醤油かえしがやや強めかなぁ、
だんだん鶏の風味が押されてくる印象を受けちゃいました。

ただしこのメニューですがマスター曰わく
『新メニューにUPされるかどうかわからない』
とのこと。まだ伸びていく可能性は十分ありますが
違ったつけ麺が登場するかもしれませんし、
更なるブラッシュアップ版が登場するかもしれません。

『新味はまかしとけ!』

というマスターの意気込みが頼もしいので期待して待っておきますね!(b^ー°) 


※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:有田市 

和 dining 清乃(せーの) 2012.2.14

メニューを整理されるそうですよ~(・◇・)(ボソッ)

■和 dining 清乃
@有田市野696
【営業時間】11:00~14:00/17:00~22:00
【定休日】火曜日(2012.1月より変更されました)
【電話】0737-83-4447
【駐車場】専用アリ
img_1734772_66198265_5.jpegimg_1734772_66198265_4.jpeg
2月に入りやっと訪問できたこの日。
会社が終わってソッコーの夜訪問となりました♪
相変わらず駐車場が満車で夜のdiningも繁盛しておりますね~(^O^)



■鶏テロリ(ブラックかえし)
●スープ:鶏濃厚系ブラックかえし
●麺:22番細ストレート低加水
●具材料:チャーシュー、穂先メンマ
img_1734772_66198265_0.jpeg
いつものカウンター席に陣取りましてしばらくはマスターと談笑を、ば。
お題目は『メニューの整理』について。
昨年は精力的に新しいメニューに取り組んでこられたので
新味がどんどん増えて楽しかったのですが反面、
それがお客さんには『選び辛い』という要因にもなってる点が見受けられるようで… 

そんな現状を打破すべくお店のメインメニューを「月別のオススメメニュー」として
旬の食材を使ったものを立ち上げるとともに「麺メニューの整理」も実施されるそうです。
詳しい内容はまたあらためておいおいと(笑)
との事でしたのでこの話題はちょっと置いといて。

この日は現状メニューのバージョンUP狙いの一環ということで
色々チューニングを試行錯誤されている中、鶏白湯テロリ系のおまかせをいただくことに♪




■先ずはデッドで!!
img_1734772_66198265_6.jpeg
img_1734772_66198265_7.jpeg
しばらくして配膳された鶏テロリ。今までの白湯に比べて
はるかに褐色がかったビジュアルに驚きつつデッドで飲んでみます。

鶏好きならたまらない心地よい香りに鼻腔をくすぐられるのは

相変わらずの『◎』

醤油っぽさがより立つ味わいは今までより更にエッヂが利いてます。
聞くと有田ブラックのかえしを基本にしているそうでより男性的な雰囲気が醸されてました。



■麺&具
img_1734772_66198265_2.jpeg
img_1734772_66198265_1.jpeg
そしてこの日の麺は従来よりやや細いタイプで
加水率も低めのものをセレクトされ
麺自身の粉の味わいが全面に出る麺が登場しておりまして、
麺好きな私にとってすこぶる嬉しい状態でございました。

ただし、若干ですがスープと麺のマッチングに違和感があったのが正直なところ。
全体的には旨いのですが『かえしとスープがジャストフィット』
とまではいかなかったようでした。そのあたりはマスターも感じられてるようで
さらに研究を重ねるとの事でした。

おそらくしばらくするとまったく新たな鶏白湯を登場させ、
我々ファンの度肝を抜いていただけることでしょう♪



■タモリ? たもり?
img_1734772_66198265_3.jpeg
麺の後なんですが「これがメチャオススメです♪」と出された刺身がこちら。
名前は「たもり」と言うらしいです。

(ん?...サングラスもかけてないし、いいともにも出てないよな...)

としばらく眺めてました。一般的にはそれほど出回らないらしいのですが
見た目は鯛っぽく、さっぱりしていながら身が締まってコクがあります。

浜にあがったばかりの魚なので刺身にされてますが
煮付けにするとこりゃまたすんばらしく旨いのだそう。

安価でめちゃめちゃ旨い「たもり」はオススメです♪
(オーダーされる場合は確認してくださいね)
こんな旬の魚も月単位のオススメへ載せられるとのことですので
麺メニューに関しても期待大ですな!!! 

めちゃめちゃ楽しみです~(`∇´ゞ


※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:有田市 

和 dining 清乃(せーの) 2012.1.22

あけまして

おめでとうございますm(_ _)m


■和 dining 清乃
@有田市野696
【営業時間】11:00~14:00/17:00~22:00
【定休日】火曜日
【電話】0737-83-4447
【駐車場】専用アリ
img_1734772_66083463_0.jpeg
新年が開けてから初訪問となったこの日。
何を食べようか?ワクワクしながらお店にお邪魔しました。
先ずはマスターに新年のご挨拶を済ませお品書きとにらめっこ。

 (やはり最初は鶏テロリか~♪)


とオーダーしようとしたところ、『柚子の限定ありますよ♪』とマスター。

よっしゃ、本年最初は限定で幕開けじゃ~(≧ε≦) 
ということで本年初のオーダーを敢行しました!!!



■柚子塩旨味そば(750円)
●スープ:柚子酸味の塩系
●麺:14番真空太ストレート
●具材料:チャーシュー、ブロックチャーシュー、メンマ、小松菜、ネギ、味玉子(お約束で抜きました(笑))
img_1734772_66083463_2.jpeg
入店は14時前、ランチタイプ終了直前の滑り込みとなりました。
いつもの指定席に座りしばらく待つと配膳されました。



■先ずはデッドで(≧ε≦)
img_1734772_66083463_1.jpeg
鉢からは新鮮な柚子の香りが立ちこめ、それを一気に吸い込むことで
「匂いデッド」を堪能します(笑) 
琥珀色したスープのベースは塩系ですが、それに魚介の旨味と香味が合わさると
滋味深さが一段と増しますね~♪シャープな飲み口も頼もしい限りです。



■麺
img_1734772_66083463_4.jpeg
そんなスープに絡む麺は太ややちぢれ麺の14番。
しっかりとスープを持ち上げてきます。最初は
(ん...茹で加減はやや固いかな...?)
って感じましたが、食べ進むにつれしっかりとした味わいのスープとの
マッチングを考えるならこれくらいの方がイイと思うように… 

細くなればなるほどスープの強さばかりが
クローズアップされるようになるんでしょうね、うん。



■具材料
img_1734772_66083463_5.jpegimg_1734772_66083463_6.jpeg
肉系はスライス&ブロックの2種類のチャーシューが。
特にブロックチャーシューの脂がうまくスープに溶けこんで更に甘旨味たっぷり。
ただ個人的にはもう少し柔らか目に仕上げてもらえるのが好みかな。

そして柚子の黄色と小松菜の緑のコントラストは
見た目に美しい取り合わせなんですが特筆すべきはこの小松菜♪
 『どんな味付けしてるんですか?』
食べてすぐに口から出た言葉なんですが実際は何も使わず単に水分を絞っただけのもの。
しかしながらシャキシャキ感は残ったうえ
スープの旨味のみがそれにしっかりとのっているとは…
うーん恐るべし小松菜(笑) 加えて実力を遺憾なく発揮していた柚子。

有田川町は月乃家店主宅庭産が使用されてまして
丸のまんまを見せてもらえたのでカメラに収めました。

で、限定期間はと言いますと『この柚子が採れる間』
つまり新鮮な味わいと香りが楽しめる間はいつでもどーぞとの事。

遠方からお越しの方々にもまだまだ大丈夫ですからね!!! 

最後になりましたが声を大にして言っておきます。
ヤッパ限定は楽しいもんだと。

あと本年もよろしくお願いしますと ( ~っ~)/(笑)


※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:有田市 

【年越しそば編】和 dining 清乃 2011.12.26

最後までとことんやな...(爆)

■和 dining 清乃
@有田市野696
【営業時間】11:00~14:00/17:00~22:00
【定休日】月曜日の午後・火曜日・第三月曜
【TEL】0737-83-4447
【駐車場】店前あり
img_1734772_65960684_8.jpeg
本年も押し迫った26日。
本年最後の訪問になるであろうコチラに
ご挨拶を兼ねシャッターでお邪魔しまして
最後にふさわしい乱れ食いを敢行♪ 

有田川以南地域の麺の〆といたします(笑)



■先ずは汁麺から~
img_1734772_65960684_9.jpeg
img_1734772_65960684_10.jpeg
麺を中2日食べないと禁断症状がでてくる現状で本年、
自分の中で一番ブレイクし、印象深い『有田ブラック』を1杯目にセレクトします。

醤油エッジの立ったコクうまスープがオススメポイント♪
テイガクの太麺とスープそしてプリプリホルモンががっちりスクラムを組んだ
ビジュアルと味わいは『今年のNO1ヒット』にふさわしい出来映えか、と。
デッドで飲んでみるといきなりのお出迎えは『エビ』!!!
醤油のコクに加えてエビの香りと風味は
あらためて魚介の存在感を認識させてくれますね~♪
スープの色に染まった麺を啜る恍惚感は…たまりません(笑)



■次の麺はつけ~
img_1734772_65960684_1.jpegimg_1734772_65960684_11.jpeg
img_1734772_65960684_12.jpeg
まだ正式にはメニューUPされてない鶏テロリ系つけ麺試作品です(笑)
従来の鶏パイタンから更に不要な脂分を取りながらも
コクのあるものに仕上がったスープは羽二重の職人芸ならではか、と。

そのビジュアルからでも十分にわかるのですが
鶏の奥深さをまざまざと見せつけられたような気がします。
特に鶏好きの方にはたまらないつけスープに仕上がってました...(恐るべし) 


■そしてデッドで…
img_1734772_65960684_2.jpegimg_1734772_65960684_3.jpeg
最初は黄色からスタートした鶏パイタンも
研究を重ねた結果ここまで真っ白に仕上がりました♪
しかも、テロリとしたスープは見た目以上にサラリとした口あたりなのに
食べるにつれその旨味と濃厚さが伝わって来ます。

そんなスープに合わすのは真空ミキサーのストレート麺。
濁々系なら太麺もいいですがこのスープになら中太麺がいいかな~♪

そして食べ終わる頃にはやや黄色がかった
クリーミーな粘度を持ったスープに変化してるんですよね!
いずれにせよ年明け間もなく新登場すると思いますので
「乞うご期待!!」ということで~~(≧ε≦)ゞ



■これが本番!!!
■鴨なん汁そば(630円)
●スープ:和風清湯醤油
●麺:全粒粉20番ストレート
●具材料:鴨、鴨つくね、ネギ
img_1734772_65960684_5.jpeg
こちらは既出の鴨つけ麺の年末年越し汁そば用の限定バージョン♪
和風のテイストを押し出しつつラーメンのイメージを残したという
マスター渾身の一杯だそうで~す♪



■ラストデッドで!!!
img_1734772_65960684_4.jpeg
最初に魚介がガツンとくるスープは和風エッセンスの効いたもの。
若干のオイリーさはマスターの言うラーメンの雰囲気を残した証ですかね。



そんなスープに絡む麺は全粒粉使用の20番ストレート!!
img_1734772_65960684_7.jpeg
和風そばチックに仕上がるよう工夫されてますや~ん。(笑)
かなり細いので茹で時間を聞いてみると『1分』とのこと。

(ソーメン並みやん!!(」゜□゜)」)

と驚いた次第ですがあくまでも『お好みで~♪』とのことでした。



■鴨・カモ・かも~!!
img_1734772_65960684_6.jpeg
『鴨なん』ということなので何と言っても具材料は鴨メイン。
特筆すべきは『慈姑(くわい)』が練り込まれたつくね!!
シャリシャリした食感は想像以上にイイよね~ お正月らしさが溢れてます。

しかもこの汁そば、630円という超CP高なので
懐にも非常に優しい設定となってます。
これはホントオススメの一杯だとおもいますよー!! 
「ウマァ~o(^-^)o」ですわ♫


■最後になりましたが…
img_1734772_65960684_0.jpeg
今年の一番大きなニュースと言えば何と言っても
こちら清乃さんとお知り合いになれたことです。
「お前いったい何回訪問しとんねーん!!!」というツッコミの中、
研究熱心なマスターの元で私自身も大変勉強させていただき、
そして更にスープと麺の奥の深さを感じさせられました。
個人的には「旨い麺を食べれるなら毎日でも通ってやる!!!」と思わせてくれたお店でした。

しかしなんと言っても日々精進ですよね、やっぱり(笑) 
というわけで旧年中は清乃さんには大変お世話になりました。
来年もよろしくお願いしますm(_ _)m 

最後になりますが、新年2012年より【今日のうらしま】に続きまして
【今日の清乃】をmy favorite 書庫としてスタートさせていただこうと思いま~す(笑)


※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:有田市 

和 dining 清乃

麺を食べるつもりやったのに…

とらふぐセレナーデ♪


■和 dining 清乃
@有田郡有田川町野696
【営業時間】11:00~14:00/17:00~22:00
【定休日】月曜日、第三火曜
【TEL】073-83-4447
【駐車場】店前あり
img_1734772_65948392_0.jpeg
月を後に向かった先がコチラ。車だと約15分の道のりですが
その道中では仲間と『さぁ、何食べよか!?』あーだこーだ言うのも
食べ歩きの楽しみだったりします。
特にメニューの選択肢の多いお店はホント迷いますもんね~(^w^)

この日も車内ではとことん迷いに迷って到着しますがまだ決まってません。
『とりあえずメニュー見て決めよか!』これもよく聞くセリフですわな…(笑)


■何で寿司なん?
img_1734772_65948392_1.jpegimg_1734772_65948392_7.jpeg
『さぁ、メニュー、メニュー』と見ようとすると、
マスターが『あれ?飲むんとちゃいますの(笑)』と言いながら
にぎりの皿を目の前に。

『えっ!(」゜□゜)」俺は運転しーひんからエエけど会長が…』

と横目でチラリと(゜∇゜)

『別に飲んでもエエよ!(ちょい怒)w』と寛大な声をかけてくれた会長様♪


『あざーす!!! m(_ _)m』



じゃ、遠慮なくって事で会長以外は呑みモードに

スイッチO~~Nでございます!

先ずは食前酒ならぬ食前寿司!!!(爆)

いつもながら新鮮で見事な握りがならんでおりますばい。
そして数の子握りもありまして一足お先にお正月気分に♪
そしてグラスビールを一気飲みしたあとはワインを開けちゃいましょう。



■和牛ステーキ&wine
img_1734772_65948392_8.jpeg
img_1734772_65948392_9.jpeg
img_1734772_65948392_10.jpeg
次に現れるは『和牛!!』これも肉好きメンバーが泣いて喜ぶアイテムです。
表面はカリッと、中はジューシー♪みたいな。

サシがホント甘いですわよ(^w^)(笑)

そしてメインディッシュを目の前にワインとお肉を合せていただきます…


■見たことないぞ!
こんな料理は!! ワインをいただいている途中、目の前にコンロが置かれます。

(ははぁ、さては鍋やな…(゜∇゜))

と勝手に想像してると出てきたのが石のプレート。
img_1734772_65948392_11.jpeg
それがコンロ上にセッティングされると今度は深さのある和の器が運ばれます。



覗けば…
img_1734772_65948392_12.jpeg
お酒&味醂ベースの下味が付けられたフグがわんさか!

(え、こんな料理見たことないぞ…)

と若干の戸惑いを見せてしまいます。
そして会長自らが器ごと石のプレートに置こうとして…

(あ~なるほどね~)と思った瞬間、

『あ!!!そうすんのとちゃいますよ~(笑)」』とマスター!

(ええっ(」゜□゜)」違うんや!!)

冷静になればスグわかるのにトラフグの行進に舞い上がってた私と会長がそこにいました(爆)
そら器は焼かへんわな…(^。^;) 



img_1734772_65948392_2.jpeg
img_1734772_65948392_3.jpeg
さて、気を取り直してマスターの手ほどき通り
肉厚のフグを熱々の石焼きプレートへ載せます♪
『お好みの焼き加減でどうぞ~ (^◇^)』と促されると同時に箸が動き出します。


『ウッマ~~(≧ε≦)ゞ』 


プリプリの食感にサッパリとした白身の妙味が何ともスバラシイ!!! 
醤油、ポン酢何でもいいですが少しの塩をまぶすのが個人的にベスト。
フグの持つ自然の甘さが引き出され何とも言えない味わいが広がります♪

口に入れると一瞬 放心状態に(笑)

それだけのパワーがフグにはありました。
鍋はモチロンですが「焼き」も旨すぎでした。



■She keeps moet&shandon~♪
と思わずkiller queenを口ずさみながら 『ポン♪』とモエシャンを開けちゃいます。
img_1734772_65948392_4.jpeg

こうなればフルスロットルバリバリ全開ですわよ~♡




■そして今宵の〆は
img_1734772_65948392_5.jpeg
img_1734772_65948392_6.jpeg
フグをたらふく食べた後なのにハンドメイドの
アンチョビ&デフォピザの2種類がやって来ました。

『和の後に洋??』と思われるかもしれませんが意外に大丈夫なんですよ、
この取り合わせって(笑) サッパリとしたフグの後なのでガンガン食べれます。

アッと言う間に2枚をペロリいっちゃいました。
そしてやっぱ『ラーメン!!』といきたいですが気づくとこの時点で午前様(笑)

「美味しくいただきたいのでラーメンは次の機会に~♪」
とメンバーの意見が一致したところでお開きとなりました。

いやぁ~食った、食いましたね~この日も。
ラーメンのつもりだったメンバーには想定外の
「呑みバージョン」
となりましたが全員大満足でお店をあとにしました。

ラーメンのみならず酒&肴もセレクトできるのが和 diningの強みですね~やっぱ。
マスター、ごちそうさまでした。そして、お酒の飲めなかった会長、
ガンガン飲んで申し訳ございませんでした...m(_ _)m

今度は新年会の席でタップリと飲んではじけましょう(笑)


※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

テーマ : 美味しくて、オススメ!
ジャンル : グルメ

Tag:有田市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター