俺のらーめんあっぱれ屋  2010/02/18

遠路はるばる来て良かった~♪と素直に思えます!!!


■俺のラーメンあっぱれ屋
@京都府城陽市奈島下小路11-34
【営業時間】11:30~14:30
(売り切れ終了、目安は14時頃までに・・)
【定休日】日曜 祝日 第4土曜
【駐車場】専用アリ
■あっぱれ屋ナウ
この度、二度目の訪問となったこちらあっぱれ屋。和歌山からだと高速をフルで使ってもゆうに片道2時間はかかるという距離にもかかわらずやはり行きたくなるお店。この日は午後から奈良市で所用がありましたのでここぞとばかりに先乗りシャッター狙いを敢行しました♪




■しかし…
到着が11時過ぎだったにもかかわらずこの行列にあんぐり…(°□°汗) すぐ列に並ぶも既に二十数番目でした。ま、コレより遅くなるともっと並ばなければならないという憂き目に合ってしまうので良しとしときまひょか~(笑)



■いざ!店内へ!!
入ったものの一巡目からは余裕で外れてしまいましてご覧のポジショニングに… しかも【限定20食】のスーパーつけ麺を楽しみにしていた会社の仲間はつけ麺が自分の番まで残っているかが気が気でない様子。私はハナから醤油狙いだったので余裕をブッかましてますが一巡目のお客さんのオーダーをチェックしてみると約一名を除きオールつけ麺だったのです。30分後、席についた時にはつけ麺は22食を数えおり(さすがにアカンやろ…(-o-汗))と完全に諦めていた彼。ところが『つけ、まだいけますよ~♪』と予想に反し奥さんの声が!!!。早朝より和歌山から来たかいあって無事あつけ麺にりつけたわけであります(^_^)v




■こくまろ醤油ら~めん(700円)
●スープ
豚骨ベース+煮干し
●麺
やや太平打ちちぢれ
●具材料
レアチャーシュー、極太メンマ、味玉子
■この日の感想
お客さんの8割以上がスーパーつけ麺をオーダーする中、コソッとこくまろ醤油をチョイス。というのも前回の訪問で『塩、つけ』と連食済。実はいちばん食べたかったのがこの日の醤油だったのです♪



■こくまろ醤油ら~めん(700円)



つけ麺に比べ配膳時間の短いら~めん。
ビジュアルは濃厚さと繊細さに溢れ、煮干しの香りにKO寸前になっちゃいます。
豚骨の旨味と煮干しのハーモニーは今の流行りですが
店主さんの力でさらに滋味深く仕上げられ感動の一言でした!!!





平打ちの自家製麺とのマッチングは言うまでもなく、
茹で加減の素晴らしさと粉の風味を噛み締めます。





レアに仕上げられた肉はチャーシューというよりローストビーフ!!!
そのままいただくのがもったいなくて、

『ワ、ワインください~♪』

マジで言いそうになりましたから(笑)

そんなこんなで気づけば全汁していました。
個人的には『塩』より『醤油』の方が好みですが
どちらもハイレベルなのは疑いの余地ナシ!!!といったところ。

満足感一杯でお店を後にしますが店前にはまだまだ長蛇の列がっ(°□°汗)
駐車場にも我々の和歌山ナンバーをはじめ近畿一円の車が止まってました。

ホント、人気店になりましたな~(^O^)


Tag:城陽市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター