時三(トキゾウ) 2010/02/25

モヤシワールドを堪能するにはここは外せない!!!(笑)


■時三(ときぞう)
@和歌山市美園町4-48
【営業時間】19:00~翌3:00
【定休日】日曜日
【駐車場】近くに駐車場アリ
■時三ナウ
日が変わる24時前、モヤシが無性に食べたくなった。そんな時はこちらへレッツゴー!! というわけでやって来ました時三♪ 深夜にもかかわらずビールをガンガン飲んでるお客さんがひとり。釣り談義にメチャメチャ花が咲き乱れ、常連さんオーラが店内にプンプン漂っていましたが… 『ホンマ、5年ぶりくらいやな~ここへ来るの~』と一言… (おいおい、常連やと思ったらそんなに久しぶりやったんかい!!(」゜□゜)」)心の中でツッこんだのは言うまでもありません(爆)




■モヤシそば(800円)
●スープ
豚骨ベース+鶏ガラ+醤油
●麺
細ストレート
●具材料
たっぷりモヤシ、人参、筍
■この日の感想
オーダー後、厨房からは鍋を振る音と共にモヤシand他野菜を炒める『ジュ~~♪』という音が景気よく聞こえてきます。それからスグにニンニクと脂の香ばしい匂いが… さぁ、出来上がりですよ~( ̄∀ ̄)/



■モヤシ~~ィ♪



相変わらずの圧倒的モヤシ量にニンマリ( ̄∀ ̄)

炒めたて熱々の野菜と残り脂がが中華そばに好影響を与え、スープも熱くなるのがイイ♪
ニンニクの風味と香りが全体のアクセントとなりデフォ中華とはひと味違う雰囲気に。






モヤシをかき分け底から引っ張り出した麺はやや黄色がかったタイプ。

細ストレートですが芯のある固めの仕上がりは個人的にストライクど真ん中で
シャリシャリモヤシとの相性、食感は素晴らしいです(笑)


そしてもうひとつ特筆すべき点は…
単にモヤシだけをトッピングしたり、炒め方があまいと水っぽくなりがちですが、
モヤシエキスを含んだ炒め脂と中華スープとが混ざり合うことの妙味を楽しめるところ!
これらが時三モヤシそばの醍醐味だと思ってやみません。


しばらくするとモヤシが恋しくなるねんなぁ…(=゜-゜)(=。_。)



※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m



テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター