【気まぐれ提供品】和 dining 清乃

強風のためしらす漁は
中止でした…(泣)

■和dining清乃
@有田市野696
【営業時間】
11:00~14:00
17:00~22:00(LO)21:30
【定休日】火曜日、第三月曜、
【電話】0737-83-4447
【駐車場】店前あり
■せーのなう
この日は早朝より仕事で湯浅は栖原漁港へ。天気は快晴で申し分なかったんです。しかしながら前日夜からの強風の影響で船が出ないとの事。お目当ての『しらす漁』を見ることが出来ない… 仕方ないですよね、天候には勝てません。そしてこの後、和歌山市内で商談がありましたので早めのランチでコチラに。何気にシャッターでした(笑)




■店内&お品書き
新しいバイトさんがオーダーをとってくれます。そしてお品書きを、ば。そうそう、こちらで長らく働いてはった若い男の子が同じ有田市で独立されたんですよね。そのためランチメニューも負担を軽くされたうえ、さらに土曜日・日曜日は麺メニューのみの提供となっておりますよ~♪ そんなメニューを見ていたその時、マスターから『面白いもの作れますが?(`∇´ゞ』との申し出が… それでお願いします(ニヤリと) 阿吽の呼吸であります(笑) どんなラーメンが出てくるのか気になりつつ『おまかせ丼』もオーダーいたします。



■本日のおまかせ丼は…
天然鯛の漬け丼(300円)でござい♪ 実は内心『けんけん丼』を期待してたのですが残念ながらこの日は無し。でもいいんです。天然鯛の漬けはほのかにゴマ油の香りのするもので絶妙の塩梅と鮮度がグッド! そして特筆すべきなのが白米。独特の甘さと噛むと味わい深いで凄く旨い。ネタの旨さを最大限生かすパワーを持ち合わせているご飯に完全脱帽ですわ~m(_ _)m







■和歌山車庫前中華そば
●スープ
豚骨清湯
●麺
細ストレート
●具材料
赤身チャーシュー、メンマ、ネギ
■この日の感想…
先に運ばれていた漬け丼をやっつけた頃に登場したコチラ。その鉢を覗いて、『ん?普通なん?』というファーストインプレッション。でも香ってきた匂いに鼻が反応しちゃいました!『豚骨醤油や♪』って(笑)


■デッドで!! 
そんなスープをひと口飲んでみました…



『ウ~ン♪豚骨醤油♪』

嗅ぎ覚えある和歌山豚骨系のアノ匂いが鼻腔を刺激してきます。

(お~ これよ、これ\(☆o☆)/

思わずつぶやいちゃいました(笑)
見た目の乳化は全くなく、深く澄んだ醤油の色。おまけに香味油なんかも皆無。

だのになぜ?

(豚の風味がこれほどまでしっかりでてるのじゃ(?_?)

そのあたりをマスターに尋ねてみたところ…

『豚骨に対し必死のパッチで作ってみたらできたんですよ!
ここまでになるとは自分でも驚いてますわ(笑)』

とのこと。

細ストレート麺とのマッチングも申し分なし。
途中、『麺がちと多いかな?』と感じるも、聞くと120gという普通量でした。



■チャーシュー♪
そんなクリアなスープには豚の旨味と醤油のエッジも残されてまして中に沈んでいるのが趣があるチャーシュー♪ 赤身メインなんですがありがちなパサパサ感は皆無でメッチャシットリとしてました。
そんなラーメンに、

『恐るべき完成度で
ございます!!!』

と評価を与えようと思ってたところにマスターが

青葱千代巻きが無かったので
まだまだ完成には程遠いんです…(笑)』

とひとこと。

「言われたら確かにそうやなぁ~」と言いながら全汁したのは言うまでもありませんでした。

ちなみに、この日同行した上司には角長の「匠」をオススメしましたが
結果はこれまた最高評価を頂戴いたしました♪ 気に入ってもらえて良かったです。



■しかし残念なことに…
食べ終わってからマスターに
『いやぁ旨かったっすわ~次は完全なる車庫前を食べたいですわ~♪』
とお願いしたんですがコレは限定品でもなくレギュラー入りの予定もなく
マスターの作りたい時、作れる時に作る!」
という至極キマグレンな作品なので一般的にはまず提供することが出来ないとのことでした。
メチャ残念です…
(※皆様もお気をつけくださいませ)

この先、いつ食べれるかわからない出会いは
まさに一期一会に相応しい中華そばでございました♪

ご馳走さまでしたm(_ _)m


※「ランキングがんばれよ!」
の激励をいただけるならコチラをポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

※「応援するよ〜♬」
とコチラも一緒にポチッとしていたければ嬉しいです♪ m(_ _)m
 ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ




 私のおすすめ:
「和dining清乃」角長醤油『匠』

テーマ : ♪おすすめ♪
ジャンル : グルメ

Tag:有田市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター