【ザ・北海道】その6  釧路のまるひら  2010/6/4

こんなラーメンを待っていた!!(o^∀^o)


■ラーメンまるひら
@北海道釧路市浦見8-1-13
【営業時間】9:30~17:00
【定休日】
水曜日・第2、4木曜日
【電話】0154-41-7233
【駐車場】専用アリ
■まるひらナウ
今回いちばん行きたかったお店がコチラ!! 釧路の老舗かつ釧路ラーメンを代表する魚系ラーメンを是非とも本場でいただきたかったのです。


■何と言っても…
ラーメン専門店なのになんと!9時30分から営業されている強者。やはり朝の早い漁師町だからなせる技か!(笑)ちなみにここは朝ごはんでした。


■いそがし、いそがし(汗)


店内には既に数名のお客さんがいらっしゃいます。
ラーメンの味は『正油・塩』の2味のみ。
奥さんに

『どちらがオススメですか?』

と尋ねるとすぐさま

『醤油かなぁ(笑)』

と返ってきたのでコチラも即答で醤油をオーダーします。




■醤油ラーメン(600円)
●スープ
かつお節系風味の醤油
●麺
極細ちぢれ
●具材料
チャーシュー、メンマ、焼海苔
■この日の感想
朝の早くから営業しているのも驚きでしたがそれに応えるようにお客さんもドッと押しかけてくるのが更なる驚きでした。カウンターとテーブル席はあっという間に満員になります!そして目の前では奥さんとご主人が一杯のラーメンを作る作業を。それはまさにあうんの呼吸で息のあったところを披露されてました。


■しょう油ラーメン(600円)



配膳と同時に辺りに立ちこめる香り。
デッドで啜るとガツンと魚節系の風味が襲ってきました!!

スープは澄んだタイプ。
うどんやそばのスープを彷彿とさせるところもありますが
その滋味深い味わいはなんとも郷愁をそそられるもので口当たりは優しく、奥深さを感じました。





■麺

加水率の低いタイプの極細ちぢれ麺。
細いですが決して柔らかくなく
しっかりとした食感を感じます。
スープとのマッチングも申し分なく
絡みあってました♪


■チャーシュー

赤身のチャーシューは
ご覧のように身の厚いタイプ。
しかも細長くカットされた形は
これまであまり見たことなく珍しいです。
味わいもいたってシンプルで、
普通よりやや軽い味わいか、と。





■店前には…


広い駐車場が控えてました。
かなり広いスペースがあり人気の高さがうかがえました。

食べている間もお客さんが絶え間なく来られます。
和歌山ではこの系統のラーメンは食べれませんが、
もしこのままの味わいでお店を営業しても間違いなく人気が出るだろうと思いました。

それだけ飽きのこないシッカリしたラーメンなので
毎日でも食べれそうで~すo(^-^)o

Tag:【北海道】 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター