【ザ・北海道】その11  エスカ 一丁!!!  2010/6/5

そーいえば、喫茶店って朝早くからやってたよなぁ…


■喫茶どりあん
@北海道根室市常盤町2-9
【営業時間】8:00~20:50
【定休日】火曜日(祝日の場合翌日)
【電話】0153-24-3403
【駐車場】ナシ
■朝飯
実は朝一番で花咲市場内の食堂で朝飯を食べるつもりだったのが生憎のお休み(泣)おかげで『イクラかに丼』が食えなかったんです。次の目的地の羅臼までだと3時間くらいかかるのでどうしても根室で朝ごはんをば。根室の情報を片っ端から調べていると目に入ったのが『エスカロップ』の文字。昔からある釧路の洋食という事がわかり、じゃ、食べてみよう!となりました。朝の8時と時間は早かったのですがようよう考えると(喫茶店やったら早くから営業してるや~ん)と。電話で問い合わせるとスグにでも食べれそうな勢いが(笑)というわけで数あるお店の中で老舗喫茶店どりあんをチョイスしました。





■ロウsample
入口のウィンドウにあるロウsampleを確認します。コレにカレーがのると完全にカツカレーのビジュアルですな(笑)



■店内
はこんな感じ。入ると何も言わずにお店の奥に通されます。そこには既にナプキンとフォークがセットされており我々が来るのを待ってくれてました。もちろん先ほどのTELがオーダー代わり。『直ぐお持ちしますからね~♪』奥さんの一言です(笑) ちなみにこの「エスカロップ」地元では「エスカ」と呼ばれるそう。しかし私の中では「エスカ=エスカレーター」というどうでもいい事を付け加えておきます(爆)


■おいたち


テーブルに置かれている『生い立ち』です。こちらのエスカロップの歴史が読み取れます。








■エスカロップ(840円)



生い立ちを読み終わる頃に運ばれてきました♪

バターライスの上にトンカツ。そしてデミグラスソースと
思ってた以上にシンプルなビジュアルです!!




■カツ
香ばしくサクッと揚げられたトンカツは口当たりは抜群!!その香り以上に全体的には軽めに仕上げられ食べやすいカツが印象的です♪その上からはデミグラがかけられてます。




■カツ&バターライス♪



カツを受け止めるのが自慢のバターライスです。
バターバターしていないのが好印象で、中に入れられた具の歯ごたえがアクセントに♪
カツ(肉)は普通より薄いですが食べやすいので◎!!

ただソース自体の味わいは濃厚じゃないので
個人的にソース量がもうチョイと多い方が嬉しいなぁ...


■色紙代わりの暖炉

 

帰りに暖炉の横を通ったのですがコチラを訪れた有名人の方々は色紙じゃなく
暖炉に直接サインを書かれてました。

っぱらから濃い飯っぽいですがそんな事は全くなくめちゃ美味しかった~♪
そして開いててよかった~♪(笑)

選択成功です( ̄∀ ̄)v

Tag:【北海道】 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター