またまた♬ 麺と心7(めんとこころせぶん)

連日の登板!!!(爆)

■麺と心7
@大阪市阿倍野区阿倍野筋4-12-13-1F
【営業時間】11:00~15:00/18:00~23:00
【定休日】無休
【電話】06-6657-7479
【駐車場】近くにCPあり
■セブンなう
またもや昨日に続いてやって参りましたコチラ。
『限定醤油つけ麺』があるという情報は昨日のランチで収集済み。
この誘惑にはやはり勝てませんでした…(笑) 



■店内&お品書き











入店したのは14時30分頃。
カウンター後ろにあるアリナミン君達が私を迎えてくれます(笑)
この時間になるとさすがに空いてるね~♪ 
カウンターの端に座りましてひと言。
『つけ』で!



■限定醤油つけ麺(850円)
●つけスープ
鶏ベース+魚介
●麺
平打ちストレート
●具材料
レアチャーシュー、海苔、蓮根
■この日の感想
価格は850円で麺量は200gの「中」をチョイスしました。しばらくして手際よく調理されたつけ麺がスグに配膳されました。



■デッドで!
全体的に「あっさり感」が漂うビジュアル。
すごくさっぱりとしてそうな印象の中、デッドでいただいてみると…







「意外にオイリーですがな…(笑)」

という第一印象。でもこってりじゃなくて

「しっかり」

といい意味で締まった味わいでございます。

鶏の香りがほんのりの上がってきながらもその旨味がスープにキッチリと伝わってます。
そして酸味のさらっと感と一味(かな?)のピリッと感が
スープの甘さを引き出し食べやすくしてくれています。








麺は平打ちの中太ストレートでつやつやとした麺線が印象的♪
粉の味わいもしっかりと感じ取れるし、オイリーなスープを適度に弾きつつ
巧みに絡んでくる… 若干の驚きがありました(笑)









茹で加減も上々で、いわゆる
「加水率が低そうで低くない」
というタイプに属する麺ですね、これって♪


そしてお馴染みレアチャーシュー~~~~





桃レンジャーのお尻
を彷彿とさせる色合いに色めき立ちつつも(爆)

その繊細かつ淡い風味を堪能すると
「あぁ~食べたな」という満足感に満たされます。


最後はスープの中に入っている豚
〆させていただきました!




■食べてみて…
実はこの日、社長の井川君の弟さんとお話しする機会がありまして立ち話程度に麺談義をば。
色々麺のマッチングを試行錯誤されてるそうで、
その言葉の一言一句に日々精進の姿勢が込められてました。
静かな闘志っていいますか、その気合いが素晴らしいですね。
ビンビン伝わってきましたよ♪ 

そして最後に私が個人的に気に入ったスープのマイルドな酸味についてを尋ねたところ
これと言って酸味を出す材料は使ってないとのことでした…

それをうかがって更にその正体は何なのか? 探る楽しみが増えました♪ 
こうして訪問回数が増えて行くんですよね(笑)

【お店の場所はコチラをクリック♪】


 私のおすすめ:
つけ麺 多賀野 豚鴨のつけそば

Tag:阿倍野区 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター