【和歌山B級グルメを訪ねて/御坊編】◆その五 実はまだ未訪問だった御坊の課題店へ~♪

もうひとつの和歌山B級グルメ
課題店へ…いざ!

■さよなら田辺
さてさて、田辺で江川のちゃんぽんを堪能し、
もっともっと田辺市内を散策したかったのですが



もう一つのB級グルメをいただくべく泣く泣く田辺を離れることに…


■向かった先は…
田辺発の普通電車に乗ったのは14時。
ゆっくり進む車窓から山々の景色を眺めてるとアルコールの影響か
深い眠りに落ちていきまする…

『次は御坊~御坊~♪』

はっ!!(」゜□゜)」
あっぶなぁ~
乗り過ごすとこやったわ…

間一髪で乗り過ごしを回避し
降り立ったのは


『御坊!!』

でございます!
そしてここで紀州鉄道に乗りまして『学門駅』を目指すもちょうど電車が出たところ…
駅員さんに尋ねると次は30分後だと言う。
しかし目的地まで歩いても10分そこいらということでしたので
ちゃんぽんを消化させる意味で徒歩を選択しました(笑)

ここ御坊は新たなる麺屋の登場で課題店が増加している現状…
本来なら麺屋のみを攻めなければならないところです。
ただし二部営業のお店が多いんですわ… しかもこの日のメイン店舗は別にある。

そんな事情が重なる中、向かったのが
前々から狙っていたコチラだったんですが…
この住所にはそれらしいお店はありませんでした。

お店、やめたんですかねぇ…(ToT)
(画像ナシ)
※おそらくここであったであろう民家がありましたが
お店の跡が残ってなかったので撮影はしませんでした。

炎天下の中、歩くこと十数分。気を取り直して本来の目的地へ向かいます。

途中、歩いてるとこんな看板がっ!!!



『安っ!!( ̄∀ ̄)(爆)』

それ自体は駐車場の看板だったんですが道を隔てた正面には
提灯が掲げられた中華料理屋さんがありました。

普段なら間違いなく飛び込むところですが
駐車場の隣にシラス屋があったのでそこの販売員さんに聞いてみたんです。

でも誰も前の中華料理屋には行った事がないそうで…
そんなお店はこんな雰囲気ですねん。


(やっぱ行かんとこ…(弱気))

かなり後ろ髪を引かれますがナゼか
『行ぐなぁぁぁ(」゜□゜)」』
という魂の叫びが聞こえた気がして(笑)

今回はスルーし課題店リストに登録完了でござい。

そして、そのまま真っ直ぐ進むとお目当てのお店が見えてきました。

駅からダイレクトだと15分もかからない道のりですが
回り回ってゆうに1時間かかっちゃいました~~(^。^;)

ずーっと行きたかったお店です♪

【和歌山B級グルメを訪ねて/御坊編】


その六へつづく…

テーマ : 食べ歩き!
ジャンル : グルメ

Tag:田辺市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター