ごっさん亭でごっそうさん!!!

もっぱら最近、
洋酒、焼酎はストレートで飲んでしまいます(苦笑)

@和歌山市友田町3-63-1宮崎ビル1F
【営業時間】
18:00~翌3:00
(日祝:24:00)
【定休日】水曜日
【電話】073-436-7170
【駐車場】近くにCP有り
■ごっさん亭ナウ
気心の知れた仲間とお疲れさん会が催されることとなり案内されたコチラ。創作、多国籍料理のお店だと聞きワクワク入店します。店内は噂通り多国籍感の漂うものでやや暗めの証明がその雰囲気をさらに盛り上げてます。そのモチーフは違いますが昔あった鶴亀飯店を思い出しました。店内に入るとカウンターとお座敷が5席の構成。既に店内座敷にはグループとカップルの2組とカウンターに1組のお客さんがおられました。我々が座った奥の座敷は7名座りだったので2脚のテーブルを合わせることに。その横壁にはスクリーンが降りてくるようになってましたのでブロジェクターで映像を見れるんでしょうね。カウンター上のテレビでは長渕剛のコンサートPVが流れてました。基本的にはダイニングバーなので料理もお酒も豊富に揃っておりガンガン飲めそうな予感(笑)そんな中で宴が始まりました♪ 最近の私は呑み助モード全開なのでもっぱらリカーメニューばかりに目がいきますが(苦笑)他のフードメニューもなるほど豊富なんですよ~!!! 希望によりコースメニューや飲み放題メニューがあるようですが、この日は各々フリーチョイスコースでスタートです
(´・ω)ノ[|_| |_|]ヽ(ω・`)カンパーイ


◆まずはビールでグイッと。
すぐにオーダーしたのが大好物の「ナチョチップ」なんですが... サルサソースのディップ付きはいいのですがチップスがパウダーフレーバのキツいタイプだったのです。これって最初から味がついてるわけでせっかくのサルサソースが台無しになっちゃいますよぉ... 個人的にはソルトチップがベストだと思うのでいいきなりのダメ出しをさせていただきまする(苦笑)そしてMIXナッツ、枝豆と「とりあえずメニュー」が続きます。まぁ男女入り乱れて各々がオーダーするのでそれをいちいち画像に収めるのが大変...
(;´Д`)モォームリ  そんな中で食べたメニューを紹介しますと...

◆おくらと納豆の山芋グラタン(530円)
納豆が苦手な方には問題外のようですがメニューには「オクラと納豆は外す事もできますよ~」と書かれてます... が!!! そんな事をしたらただの「山芋グラタン」になってしまうじゃないか!!!(`Д´) ムキー! 納豆」「オクラ」「山芋」といったネバネバ系食物大好きな私にとってはもう頬ずりしたくなるようなメニューなんですからね。ネバネバ三位一体攻撃の破壊力はそれはそれは凄まじいものでした...
( `^ω^)=3 ぃぃぉ スリムダンク真栄田フランチェン風になっちゃいますよw
◆スパニッシュオムレツ(650円)

オムレツメニューにはソフト~ハードタイプの色々なバリエーションがありましたがその「スパニッシュ」という響きに魅せられハードタイプをチョイスします。ハードと言いながらも適度なふわふわ感のありグッド♪トップのソースとの相性もばっちりでした。











◆たらことキムチのピザトースト(600円)

だったかな?(笑)というのもこのトーストの具材が秀逸♪ 塩/甘のバランスの良さが印象に残ります。
「甘い味噌???」
がトッピングされているような記憶があるんですが、実はハッキリと覚えてないんですよね...(泣)










◆だし巻みたいなたこ焼き(530円)

パッと見、だし巻にもたこやきにも見えない、なんだか「ロールケーキ」のようなうさん臭い形をしてますが食べてみると
おっ!w(( ̄ ̄0 ̄ ̄))w!!」
みたいなリアクション(笑)なかなかどうしてよくできてるじゃないか♪ 個人的にはこの味好きです!!! ビールにメッチャ合います!!! 隣にあったのはからしマヨネーズかな?これはもう必要なかったほどしっかりと味が付いてましたね。今回のメニューの中ではお気に入りベスト3に入ってます。
( ̄∇+ ̄)vキラーン

◆チャイナ風鶏から揚げ(530円)

わりと小ぶりにまとまっていたから揚げですが甘酢にごまがアクセントになったソースが載せられてます。それを絡めていただくと単なるから揚げではなくその味わいの幅を広げてくれます。
「ちょっとひと工夫でこの旨さ」なんか聞いた事のあるコピーですがこれは間違いのない料理格言なんですよね~。







◆木の子の醤油バターベーコンパスタ(700円)

湯気が立ちまくるホットメニューの登場。熱々のスープスパなんですが、バターより醤油のエッジがやや立ったものでビジュアル以上にマイルド。ベーコンも主張しすぎず出来上がってます♪ そして「いい茹で加減じゃないかよぉ~(゚∇^d) グッ!!」スープとの絡み具合も程よく美味しかったですね!!! 






さて、これらの他にも
















こんな数種類の料理やサラダがありましたが食べる事より酒とトークにシフトされていきつつありまして画像に収める作業は終了となりました(苦笑)既にワインのハーフボトルをほぼひとりで開けてしまってたんですよね。そのハーフボトルが美味しかったので
(しもた!!! フルボトルにしときゃよかった~~!!! ||||||||||||||(* ̄ロ ̄)ガーン||||||||||||||||)
と後悔していた時に 
「パチッ」と暗めだった店内照明がさらに暗く落とされました。
時計を見ると23時。ナイト営業のスタートです♪
こうなると完全に呑むオンリーモード」に。
ビール→ワイン→焼酎ロック→テキーラロック→テキーラストレート→ウオッカストレートとその種類と度数もヒートアップ!!!(爆)
居酒屋だとスピリッツ系のお酒を置いてない所が多いので2軒目に突入する必要がありますがコチラは酒類が豊富なので私のような呑んベでも最後まで好みのアルコールが楽しめるのが嬉しいですし、たくさんのご飯メニューは特に女性にはもってこいでしょう。これぞダイニングバーの強みか、と。そんなこんなで気づけば夜中の2時...平日なら夜中3時まで営業されてるので時間を気にせず楽しめます。しかし、エエ酒やったよ~満足、満足(笑)

Tag:和歌山市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター