春の彦根行脚♪ ~その3~

さらに追い打ちをかけてまたお菓子かよ!!!(笑)

■人だかり
老舗のお菓子を口にほおばりながらお城に向かって歩いていると目の前に人だかりが見えました。
そこからウィンドウ越しに見えたのがコチラ。



『たこ焼...き... か?』

一瞬、そう見えましたがよく見ると横にはつぶら餅」の文字が。
パッと見は完全にたこ焼きチックですがかわいいお餅です。
そしてまたもやスグお店に飛び込みます(笑)


@滋賀県彦根市本町2-1-5
【営業時間】
(平日)10:30~18:00
(土日祝)10:00~18:00
<甘味ラストオーダー>16:00
【定休日】火曜日不定休
【電話】0749-27-0011
■ぶんぶくなう
そこにはたくさんのおばちゃん連中(おそらくツアーのお客さん)が我先にこのつぶら餅を買い漁る光景がありました( ̄[] ̄;)!ホエー!!  そしてその波がようやく収まったのが約15分後...(苦笑)その荒れ狂う波が収まるのを待って購入下次第でございます...

■おみやげ購入!!!




家用に10個入りをチョイスしたところスタッフさんからは「季節限定のよもぎがありまして、お好きな数を入れさせていただきますよ~♪」とのことでした。
(お、限定品か!!!)
とオーソドックスにノーマル&よもぎが半々の5個ずつを入れてもらいました。
(画像は持ち帰ったお土産つぶら餅です♪)

続いてその場で賞味用として1粒購入しますがやはりここは限定のよもぎをチョイスします。

■いただきます


1粒が税込み60円のお手頃価格。
楊枝にさしていただきますが、こうして見るとそのまんま「たこ焼き」ですw。
表面はカリカリっと仕上がっております。その餅の中からは程よい甘さですが
かなり熱々の餡が顔を出します。そしてよもぎ好きとしてはこの香りもたまりませんね(^▽^)/ 

お店の奥には茶席(喫茶)もありまして、お茶を飲もうか飲むまいか迷ってたところ
「こちらは「たねや」の別ブランドとなります。」
「もう少し行くとたねやの大きいショップと喫茶がありますよ~♪」
とまたまたタイムリーなお声がけをしてくれました。(ありがとう)

しかしお城へ急がなければならなかったので、取り急ぎお茶は後回しにして
国宝を目指すことにしま~すε=ε=ε=┌(。・ρ・)┘[凸彦根城]

To be continued.

Tag:彦根市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター