旬菜と海鮮の店 森田屋

大阪本社応援4日目の夜はコチラ♪
天王寺では不動の定番店

■旬菜と海鮮の店 森田屋
@大阪市天王寺区堀越町12-11
【営業時間】17:00~23:00
【定休日】木曜日
【電話】06-6772-6256
【駐車場】近くにCPあり
■森田屋なう
大阪本社応援も4日目に突入しそろそろ本格的に飲みたくなってきたところ。
計画では天満へ行くつもりでしたが
仕事終わりが21時となるので天王寺界隈に場所を変更。
白羽の矢がコチラに立ちました♪ 
元々は西成区萩ノ茶屋にあったお店が天王寺のお店と一本になりました。
この日は取引先さんをご案内しての酒盛りでございます。


■店内&お品書き









一階はカウンターのみ。かなりの広さがありましてサラリーマンさん達で
賑わっておりますがこの日は二階のテーブル席へ案内されました。
お品書きは定番メニューにその日のオススメが別にあります。
お酒も大瓶ビールが460円、生中が390円。
天満価格とまではいきませんが十分及第点でございます。
この日は各々がフリーで片っ端からオーダーしました。先ずは生から♪


そしてオーダーした肴達です♪

■ホルモン…やったかな?w
■くじらベーコン(400円)

















■どて焼き(350円)           
■キンキ開き焼き(450円)















■にら玉                 
■イカ焼き















■かきあげ(350円)           
■焼きそば
















こんな感じでオーダーしたんですが
とにかくこちらも安い♪
ハイCPでございます~m(_ _)m 

そして本日の地酒一番はコチラ♪

■獺祭(だっさい) 600円
相変わらずこれは旨いね~♪
どちらかというと旨口に入りますが
決してトロんとしているこわけじゃなくス~ッと入ってきます。




その肴は不動の四番打者である…






「中トロすきみ」
ウマァ♪でございます!
決して見てくれはよくないですがそんなのイイんです。
これがあれば十分なんです!!! 

で、これで
350円なんです!!!(嬉)
こんな肴を食べ、酒を喰らい
楽しい仲間と楽しいお酒を飲んで夜が更けてまいります…



■飲んでみて…
この日ご案内させていただきました
仕事仲間である取引先メンバー様でしたがご満悦のご様子。
普段は天王寺界隈は来られないそうですが
リピート店に登録していただきました(笑)
仕事帰りに手軽に飲めるすわれるお店「森田屋」は
これからもヘビロテでごやっかいになるでしょう♪

【お店の場所はコチラをクリック♪】


 私のおすすめ:
獺祭(だっさい) 純米大吟醸 磨き50 1800ml

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

Tag:天王寺区 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター