【後編】和 dining 清乃(せーの)

その実力を垣間みたとたん連食(爆)

■和 dining 清乃
@有田市野696
【営業時間】
11:00~14:00
17:00~22:00
【定休日】月曜日(祝日営業)、第三火曜日
【電話】0737-83-4447
【駐車場】専用アリ
■せーのなう
一杯目はつけそば金醤油の(小)をいただいたがこの麺量で(小)をチョイスしている時点で「次があるな...(ニヤリッ)」と考えれる方はラヲタレベルが上がってます(笑)順番としてはよりコッテリしているアイテムを最後に回したかったので最初は清湯系で挑んだわけです。さて次にオーダーしたのがテロリ濃厚鶏白湯!!! お店の看板アイテムそうなのでかなり期待しておりまする(笑)


■コラーゲンさらに倍
テロリ濃厚鶏白湯
(750円)
●スープ
淡海地鶏+紀州梅鶏+丸干し(多種)
●麺
麺屋棣鄂謹製 細麺
●具材料
チャーシュー、メンマ、煮玉子、海苔、穂先メンマ、白葱、万能葱
■この日の感想
つけ麺を食べ終えて待つこと数分。汁麺のため「つけ麺」より作る時間はかからないようでした。よってそれほど待つことなく鶏白湯が目の前にドドーンと運ばれました。

そしてそのスープを見るやいなや...





「うぉぉぉぉぉぉぉぉ」
「このスープの色はなんやねーん!!!」

やや黄緑色がかったスープはまさに鶏の色。そしてそこからは
なんとも言えない鶏と魚介の合わさった旨そうな匂いが立ちこめてます♪

すぐにデッドで飲んでみますがその完成度の高さ、レベルの高さに驚かされました。
テロリストである私が虜にされてしまうほどのほどよい粘度と濃度で、
鶏の心地よい香りもグッド♪ 地鶏特有のイイ香りは個人的には大好きなもの。
そして旨みの中にも微妙な甘さがあるうえ、丸干の風味に加え、かつおや昆布の味わいも
隠し味のように襲ってくるんです。
(この複雑さはかなりの種類の魚介を使っているやろなぁ...)
その証拠に麺を食べる前にスープが少なくなってしまってましたからー!!!(笑)


■麺
麺はかなり細いタイプでこちらも「棣鄂謹製」のストレート。加水率の高い麺は延びにくそうなボディで、粉の風味はもちろん鶏白湯のスープをしっかりと受け止め、そして絡んできます。最初は加水率が低いのかな?とも感じたのですが食べるにつれその高さを感じてきました。個人的には棣鄂の麺でここまで細いタイプのものは食べた記憶はありませんでしたが、そのスープとのマッチングとバランスには唸らされてしましました。 トッピングはつけ麺と同じ種類ですがなぜかそれほどノイズィには感じませんでした。でもやはり玉子は好きになれません... 玉子麺で十分か、と(苦笑) さて、久しぶりにつけ麺と汁麺の連食をしたのですが... やはり年のせいかシンドイですね。あまり無理はできませんなぁ...(汗)
食べ終わり個人的な好みとしては「テロリ特濃鶏白湯」に軍配を挙げることにします。つけ麺もいいのですがあの太麺にはもっと濃度の高いスープが合うような気がしたのと、店主さん渾身の鶏白湯の気合が何よりも勝ったように思います♪ 清算時にちょこっとだけお話できたのですが「お客さんに旨いラーメンを食べてもらいたい!!!」という気持ちがヒシヒシと伝わってくるのがわかりました。この気合で更なる旨いラーメンを作って和歌山に新風を吹かせるとともに旋風を巻き起こしてもらいたいですね♪ ご馳走様でした、これからも頑張ってください~!!!
 
※マイナーチェンジ情報 
2011/9/2現在の店主さんからの情報ですがこちらのテロリ濃厚鶏白湯は
仕込み(返し)の変更により色合いが茶褐色になります。そのため鶏白湯の
「白」の文字を外し「鶏テロリそば」と改名されるそうです。
メニューはできるだけ早く修正されるそうですが「鶏白湯」のままの時は
ご容赦下さいとのことです。 
 


※お知らせ
この記事以降にコチラに訪れた記事は
【今日の和 dining 清乃】書庫にまとめてますので
あちらをご覧くださいませ。



※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:有田市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター