和 dining 清乃(せーの)

店主渾身の裏メニューの実力はいかに!?


■和 dining 清乃
@有田市野696
【営業時間】
11:00~14:00
17:00~22:00
【定休日】月曜日(祝日営業)、第三火曜日
【電話】0737-83-4447
【駐車場】専用アリ
■せーのなう
先日の訪問でその実力と情熱それに味わいをしっかり感じとって帰ったのですがその興奮覚めやらぬ間に『自信の裏メニューを提供します!!』との嬉しいお知らせが飛びこんで来た!(≧ε≦)『肉諾々』と名付けられたそのラーメン。内容は知らされてなかったので色々想像しながらお店へと向かいました。カウンター席でも店主さんと話が出来る正面の席に陣取っり先ずはご挨拶を。そして『例のものを』とオーダーを入れました。その瞬間に『キュッ』と店主さんの表情が締まります。この気合いがラーメンを美味しくさせるのでしょうね♪ ゆっくりとそのラーメンを作る姿を見させてもらいながら待つことに~(*^o^*) 
※余談ですが... この日は「中華そば」の看板は降ろされてませんでした(笑:画像参照)



■肉濁々セット
(1,000円)
●スープ
鶏メイン+豚骨+魚介の強粘度
●麺
かなり太ややちぢれ
●具材料
チャーシュー、穂先メンマ、味玉白葱、万能ネギ、海苔
■この日の感想
入店したのが13時30分過ぎ。店内にはランチのお客さんが2組残られてます。聞くとやはりランチタイムは奥様方を中心とした女性のお客さんが多いとか。そんな中でおっさんひとりでラーメンを啜る姿はちょっぴり いや、かなり変ですな(笑) そうこうしているうちに限定裏メニューが配膳されました♪



『お、おー-ー!!(」゜□゜)」』
『なんじゃこの濃度はー!!』

おもわず叫んでしまったそのビジュアル。
その名前からはチョイと違ったラーメンを想像していたので
なより大きなリアクションとなってしまいました…(^。^;) 


見た途端すぐわかりますが濃厚を通り越して
『ドロドロ』でございます。
その濃度を写真で表すあために不本意ながらレンゲを使った次第です…m(_ _)m 
そして早速デッドで飲んでみますが…
『うぉぉぉ!!やっぱりドロドロやんか-!!』正直、ここまで濃度は経験ありません。が! 不要な脂分は削ぎ落とされているので口当たりはギトギトせず 鶏、豚それに魚の旨味が純粋に楽しめました。



■麺
合わせる麺は棣鄂謹製のかなり太めのちぢれ。ここまで濃厚だと逆に太麺でないとスープの押しの強さに負けてしまうでしょう。そしてややちぢれているので言うまでもなくマッチングはグッド♪ 麺量も250gまでなら同価格で好きな量をチョイスできる点も『◎』 女性でも気兼ねなく食べてもらえます♪




■トッピング
前回のつけ麺ではウルサく感じたトッピングでしたが今回は全く問題なし。逆に特筆すべき点はチャーシュー!  個人的には煮豚タイプよりこちらの方が好みなのでラッキー♪ おそらく和歌山でこのタイプのチャーシューを食べれるのはここだけじゃないでしょうか(`∇´ゞ







■イクラ丼&シャー
ベット(柚風味)
実はこの日の裏メニューには特製イクラ丼とシャーベットが付いてました♪ ラーメンを食べ終わった後店主さんから『どないしましょ?』と尋ねられましが元々イクラ大好き人間の私としては有無を言わず『お願いします…m(_ _)m』とオーダーしました(笑)  配膳されたイクラ丼はしっかりと漬かったイクラがタップリトッピングされてるうえ小ぶりですが深い器にご飯がしっかりと入れられ予想以上にボリュームがありました。250gの濃厚ラーメンの後にこの丼をいただくのはハッキリ言ってキツかったですが旨いのでOKです( ~っ~)/ これで1,000円というのはめちゃめちゃ嬉しいです♪ さて、ラーメンを食べながら店主さんとラー話をし始めたわけですがシャーベットを食べ終わってからもまだまだ話が盛り上がり、結局気づけば15時を回っておりました…(^。^;) 
盛り上がった内容はといいますと...
・プロデュースされてる月乃家の事
・ラーメンとのなれそめ
・麺&スープに対する思い入れやこだわり  等々
色々お話させてもらいましたが、いちばん感じたのが店主さんの研究熱心さと熱意!!! 
その意欲的な姿勢でこれからもどんどん創作性の高いラーメンを提供していって欲しいです。
その都度、馳せ参じますのでこれからも宜しくお願いいたします!



※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:有田市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター