【検証】更科本店

や、やはり... _| ̄|○


■更科本店
@和歌山市美園町4-59
【営業時間】11:00~21:00頃
【定休日】日曜日、祝日
【電話】073-422-1475
【駐車場】近くにCPアリ
■更科本店なう
表にあるメニューのショーケースから中華そばのロウ見本が外されエビフライに変わっている事にハンマーでどつかれたような衝撃を受けつつ「ガセであってくれ!!!」という祈りとともに入店。店内は何もなかったように時間は流れてます。サラリーマン、老夫婦、おばさん軍団 等 いつもの更科の風景がそこにはありました...





■メニュー
案内されたボックステーブル席に腰を下ろすやいなやメニュー
表を隅から隅までチェックしてみました!!! しかし...
「中華そばあらへんやんか!!! (ノω・、)(号泣)」 やはり中華メニューは完全に消えてました... そして洋食メニューも定食を残し単品が消滅しカレーとかつカレーだけが残ったという状況。それに隠れた人気のサバ寿司もメニュー落ち...奥さんに「いつからこのメニューになったんですか?」と聞くと「つい最近なんですよぉ」とのこと。若主人さんが他のお客さんと話をしているのを聞くとどうやらお母さんが厨房に立てなくなったような雰囲気でしたがハッキリとはわかりません。ただ「中華そば消滅!!!」という現実を目の当たりにし放心状態となりました。 ただ無くなってしまったのは仕方ないとしてとりあえず上記の前回レポにもあったようにランチ洋食メニューの中でも唯一残った単品のうちのひとつ「カツカレー」をオーダーしました。

■カツカレー(850円)


結構な時間が経過してから配膳されたのがコチラ。おそらくオーダーが入ってからカツを揚げたのでしょう。『(カツが)揚がったよ~!!』若いご主人の声と共に厨房内が慌ただしくなり、カツ丼やトンカツ定食が次々と出来上がってます。そんな中にカツカレーがありそのまま目の前に配膳されました。ビジュアルですがハッキリ言って見たまんまの『家のカレー』人参やジャガイモが一口大のデカさで入れられており、ご飯の上にカツが載せられその上からドバッとカレーが覆いかぶさるようにかけられてました。実は...私、具がデカいカレーはあまり得意ではありません。単なる好みを言いますと『ルーだけのシャバシャバタイプ』が一番の理想形なんですが...
残念ながら今回のカレーは『×』でした(;_;)

とは言うもののあくまでも『ビジュアルのみ』のお話。
気を取り直してカツと一緒にご飯をすくいパクッといただきました♪


ところが…


『熱っうー!!! (;`皿´)』

声を出したくても出ません!!! あまりの熱さに悶絶してしまいました(号泣)
理由はわかりません。わかりませんが、
かつてカレーでここまで熱かったのは私の記憶にありません。

炊きたて熱々のご飯+揚げたて熱々のカツ+グツグツ煮立ったカレー
という組み合わせでも

(こ、ここまで熱くならへんのとちゃうの??)

と思ったほど。
口の中の粘膜がヤラれて『ベロベロ』になっちゃいました…ハイ (┳◇┳) 


しばらくは冷水で口の中を落ち着けた後にあらためて実食を、ば。(それでもまだまだ熱いのですがね...(苦笑))さて、気を取り直してっと。カツの風味は香ばしく肉もスプーンで切れるくらいの柔らかさです。決して肉厚じゃないですが「良く叩かれた」後を感じる食感、ただ衣はちょっと厚めか、な... 結構な「衣のボリューム」がありました。ルーは具材料がデカいうえ最初の味わいはバーモンドカレーだったのですが、徐々にその違いっていうか香辛料っぽい深みを感じるようになります。ただし「パンチのある香辛料が効いた辛さ」というものではなく「中辛の中で徐々に感じるマイルドな香辛料感」という至極わかりづらい表現(苦笑)になりますがいわゆる「万人受けする」というもの。個人的には普通に好きな味わいでした♪  ただし「本格的」と言うには遠く、あくまで「家のカレー」の範囲だと思いますがゴロゴロ具材料が好きな方にはたまらないでしょう(笑) さて「カツカレー」を食べる時はいつも感じるのが「食べづらさ」なんですね。カレーライスだとライスとルーのバランスを考えるだけでイイのに、ここに「カツ」が載るとライス/ルー/カツが上手く混ざらない事がチョイチョイあるのでストレスフル状態になっちゃいます。ほとんどは問題ないのですが、たま~に「ライスとカレー」「カツとライス」ひどくなれば「カツにチョコっとライスが付着しているだけ」みたいな状態がスプーンの上で繰り広げられちゃうんですよね...(オマエハコドモカヨ!!!)といちおう自分でツッコんどきますが... これって私だけなんでしょうかね?(笑) 


■今後の展望
さて、残念ながら中華そばと洋食メニューは消滅しちゃいましたので悲しむ御常連さんは多いことでしょう。しかし国内産そば粉を使用した日本そばをはじめまだまだ多くの麺類、丼、定食メニューは健在ですのでお店は頑張ってもらえると思います。そしてまた状況が好転したあかつきには是非とも「中華そば」を復活させていただきたいですね!!! そんな日が訪れる事を切に願って今回のレポを終了します。m(_ _)m 


※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ


★ブログランキングに参加しております
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター