和 dining 清乃(せーの)

またまた新メニューをいただきたく候


■和 dining 清乃
@有田市野696
【営業時間】
11:00~14:00
17:00~22:00
【定休日】月曜日(祝日営業) 第三火曜日
【電話】0737-83-4447
【駐車場】専用アリ
■せーのなう
有田ブラックの味わいが忘れられず悶々と過ごす日々。あれから10日くらい過ぎただろうか。その限界も頂点に達したので和歌山ラーメン部を召集!!!(といっても副部長ひとりだけですが(爆)いざ有田へ向かいます。到着は午後9時前。なんと!! 店前には黒アクリルに書かれた新たなるお品書きが登場してるではありませんか~
|( ̄3 ̄)| お目当ての『有田ブラック』はもちろん、新メニューの『鱧つけ麺』も!!(」゜□゜)」 これは心していただかなければならないと気持ちを引き締めての入店となりました。


■鱧つけ麺(小)1,000円
●スープ
サッパリ清湯醤油系+鱧骨あぶり
●麺
真空ミキサー内麦14番切歯
●具材料
鱧、松茸、茗荷、大葉茎、梅肉
■この日の感想
この日も当然ながら『二杯』食べるつもりでいたのでオーダーの順番をしばし思案する。とは言えマスター渾身の自信作である『鱧つけ麺』は外せるハズもなく先ずはこちらでしょう(笑)



しばらくして運ばれたのが鱧&薬味。そして続けざまにスープ→麺の順番で目の前へ配膳されました。先ずはスープをデッドで飲んでみますが真っ先に飛び込んできたのが『松茸』のその香り!!! 清湯系つけスープに傘が1/4にカットされた松茸がスープに浮いていました♪ そして気になる味わいですが、しっかりと旨味が凝縮されたものでほのかな酸味が見え隠れしています。マスター曰わく『魚節から出る自然な酸味です』とのことですがコレも全体の中では重要なアクセントになっているのが素晴らしい。「このまま飲み干してしまいたいなぁ!!!」という衝動に駆られたのは事実です(笑)



■麺
コチラもマスターオススメ真空ミキサーで打たれたMTG麺。麺哲のDNAが宿るやや細の麺は小麦の香りがダイレクトに伝わり、滑らかなのど越しは上品ながらどっしりと全てを受け止めてくれる安定感がありました。思わず『あぁ!コレコレ!!』と声を上げてしまったくらいです(笑) 



■実食
久しぶりの真空ミキサー麺の味わいを噛みしめながらつけスープに麺を浸してみます。表面が滑らかな麺なのでスープとの絡みを心配しましたがそんなものは杞憂に。しっかりとスープが絡んでいるじゃありませんか!!!(」゜□゜)」更にお互いの良さを引き出すほどの相性の良さで、途中で薬味の茗荷と鱧をつけスープに浸すのも忘れるくらい…f^_^; 


『あっ!』という間に麺は胃袋へ収まってしまいまして跡には空になった白皿のみが佇んでました... この後もまだまだ控えているにもかかわらず(コレほどの出来栄えなら麺は大にしとけば良かったなぁ…)と感じるくらいでした。そんな余韻に浸りながら次をオーダーします…

【後編へつづく...】 v( ̄∀ ̄)(ニヤリッ)




※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:有田市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター