口熊野食堂【紀州路物産展にて】

約2年ぶりの実食やね~( ~っ~)/

@西牟婁郡上富田町生馬748-3
(現地データです)
【営業時間】
10:30~14:00(月~土)
17:30~21:00(木、金、土)
※スープなくなり次第終了
【定休日】日曜日
【電話】0739-47-6595
【駐車場】専用アリ
■物産展なう
今回は現地のお店じゃなく近鉄和歌山店で開催されていた紀州物産のイートンコーナーへ!!! もっと早くに来たかったのですが時間の都合がつかず最終日に滑り込んでの訪問でした…
ふぅ... (^。^;)(アブナイ、アブナイ)



■おしながき看板
入口で先に食券を購入するシステム。頭上にはお品書きの看板があり、『口熊野らーめん』『口熊野魚○(うおまる)ラーメン』がありました。この日は最初から(魚○でいこう!!)と決めていたのですがよく見るとなんかラーメンの雰囲気が違います… 女性スタッフさんに尋ねると物産展オリジナルもやしトッピングバージョンとのこと!!(°□°;) ご存知の通りモヤシ不要主義者の私としては『モヤシ無しでお願いします!』の一言を添えカウンターへ着席しました(笑)


■口熊野魚○ラーメン
●スープ
鶏+豚骨+魚介のトリプル
●麺
やや細ちぢれ玉子麺
●具材料
チャーシュー、大葉、ナルト、柚子
■この日の感想
しばらくして配膳されたラーメン。オリジナル器の縁には『口熊野食堂』のロゴがあしらわれてます。前回、たまたま見つけた本店でいただいたのが約2年前。断片的な記憶を辿りながらデッドでいただきます♪ 魚介の香り漂うスープはそのビジュアルから想像する濃厚さではなく洗練されたマイルド感を纏ったもの。口に含んだ時に感じるインパクトは箸を進めるにつれ優しい味わいへと変化していきます。以前の記憶ではもう少し濃厚な印象が強く残ってるのですが、そのイイ意味での軽さは「より角のとれた味わいに進化した」と感じました。



■麺
お店サイトによると『京都から仕入れる玉子麺』と謳っているのでスタッフさんに『テイガクさんですか?』と尋ねましたが違うお店だということでした。あらためていただく麺はやや高い加水率か、な?と感じるもの。若干オイリーさのあるスープとは見事にマッチしており、固めに仕上がった麺も好みです。そしてこれまたトロッと仕上がったチャーシュー♪ 濃いめの味付けがその存在感を主張していました。


■○高アロチ…
食べ終わってその余韻に浸ってると背後から聞こえてきた別のお客さんの声。
『アロチの○高の中華食いに来たのに違うんかえ~』 その台詞を耳にすると(あぁ、やっぱりトラディショナル中華を求めてやって来る人も多いねんなぁ…)と実感。ただ個人的には、この口熊野食堂の味わいも和歌山に新風を吹き込んだという点では非常に大きな役割を果たしたと思ってます。一番心配していた『その後の味わい』ですが今回食べてみて余計な心配だったことがわかりました。また南下した時には是非本店へお邪魔したいですね~( ~っ~)/




■旬のフルーツのおつかい
そして食後にフルーツのギフトを購入すべく地下食料品売場へおつかいです。母親から頼まれていた葡萄のギフトを先方へ送ったあとにスタッフさんから「今、送られた葡萄の更に完熟版のストレートジュースがありますがいかがですか?」と勧められたので1杯頼んだのです。

目の前でジューサーが回り始め...











コップに入れられたジュースをデッドでいってみました!





















「うまぁーーー!!!
ヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノ」

まさに完熟そのもの。 まさにかつて飲んだ事ない味わい!
まさか葡萄がココまでのテロリ感を出すとは!!!

聞くと、完全に実が落ちるまで熟させた種無しピオーネを使って100%葡萄使用らしいっす。
そして、一番熟した葡萄を使用するので毎日は飲めない希少性も魅力♪

マジで
「お・ね・う・ち・あ・り!!!」
の1杯に出会えました。

値段は400円ですがそれ以上のCPは間違いありません。
旬のフルーツをそのまま使用するジュースなので季節のバリエーションも豊富でしょう。
恐るべし...「フルーツセラー momo」
要チェックのお店が増えました ( ̄ー ̄)ニヤリ
※その日によって「ある時」と「ない時」があるそうですからご注意くださ~い。
(551かよ!!!(爆))


Tag:上富田町 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター