【後編】和 dining 清乃(せーの)

実はこちらが4番なのかもしれない!!!

■和 dining 清乃
@有田市野696
【営業時間】
11:00~14:00
17:00~22:00
【定休日】月曜日(祝日営業)、第三火曜日
【電話】0737-83-4447
【駐車場】専用アリ
■せーのなう
中津風鶏白湯塩の後で選ぶ麺としては『これしかない!!』と事前から決めていたのが基本的には飲みの〆用として作ったという『かけそば』がコチラ。麺とネギのみという潔さですが、実は『ごまかしが全く効かない』という最終兵器のような恐怖を感じさせられる恐ろしやアイテム。半面、それに自信があるから作るんですよねぇ、マスターさん(笑)


■かけそば金醤油(500円)
●スープ
鶏ガラ+豚足+魚節多種
●麺
真空ミキサーPH17番ストレート
●具材料
ネギのみ
■この日の感想
オーダー後しばらくして配膳されたかけそばですが製造工程は限りなく少ないのでメチャメチャ素早く現れました(笑)  




■ラーメン全体



一点の曇りもないそのビジュアルは『シンプル』などという言葉で表現するのは
あまりにお粗末で、まさに
『琥珀色のバイカル湖』
とでも言いましょうか!!! (↑:変わらんやろー!!(爆)) 

麺が底までハッキリと見える透明度です。そんなスープをデッドでいただきました。

まず感じたのが味わいの複雑さ。様々な魚節や昆布を使ったと思われるくらい
とにかく単純ではありません。かといって魚クサい訳ではなく、
様々な風味がミルフィーユのごとく折り重なってます。そして要所要所で感じた塩分系のエッジ。
おそらくかえしの影響でしょうか、それがイイ意味の「メリハリ」となっているのです。


■麺
スープに対する麺は真空ミキサープライムハードストレートですが、本当にマッチングは言うことなし!! バランスの良さもさることながら、なめらかなのど越しが咀嚼を楽しまさせてくれ一気に胃袋へと収められていきます♪ 多加水ながらスープにある若干の油分がスープと麺の連結器の役割をしてくれてるかのようでした。








■総括…
マスターさんに聞くとコレは前にいただいた『鶏旨味そば金醤油』が基本ベースになっているとのこと。(はて?と比較すると今日の方が明らかに荒々しかったぞ…)と思ってたのもつかの間、(あ!はホルモン入ってたし~!)そうなんです、おそらくホルモンの脂がスープに溶けてエッジが丸くなりその自然な甘さが全体をマイルドに変化させたのか、と想像します。ラーメンのみを食べるなら鶏旨味金醤油のホルモン入りの方がイイでしょう。しかしながら酒を呑んだ後に食べるなら間違いなくコチラをオススメします。アルコールの余韻を崩さず小腹を満たす絶対的なパワーが『かけそば金醤油』にはありますから~♪
締まった一杯を求めるならコチラに限りますな!(b^ー°)


※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:有田市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター