【よんスカツアーの2軒目】中華そば&お好み焼き 川上

よんスカ和歌山ツアーの2軒目

■川上なう
メンバー全員が満足した後は一気にハードルが高くなってしまうのはツアーの宿命か(笑)
そんな後に案内したのは我らがデッド会長の長年の希望であったコチラへ。

王道ではないが和歌山の中華そば文化を語る上で

お好み焼き屋の中華そばは外せない!

ということで意気揚々と車を走らせました。
駐車場が無いので店前へドン!と横付けしたその時でした!!






















マジかよ-!!”(ノ><)ノ


味のある喫茶店タイプね入口はシャッターで固く閉ざされ、
そこには-




こんな、こんな、こんな
張り紙がぁぁぁぁ(ToT)


またもや昭和から続く名店が和歌山から姿を消しました…

通算4、5回しか訪問してませんが本当に落ち着く空間でした。
嗚呼、メンバーに是非とも食べてもらいたかったなぁ…

ありがとう川上…m(_ _)m



 私のおすすめ:
千房 まめぞう豆乳お好み焼・焼そばセット

Tag:和歌山市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター