暴豚製麺所

和歌山にG系降臨~( ̄∀ ̄)


■暴豚製麺所
@和歌山市中317
【営業時間】
(平日)
11:00~15:00 17:00~21:00
(日曜日)
10:00~売り切れまで
【定休日】今のところ無休
【電話】不明
【駐車場】6台
■この日の感想
4/10オープン当日に訪問するも二部営業のハザマに落ち込んでしまいフラレタ暴豚製麺所。この日は満を持して営業内での訪問をば(笑) そして往復30kmオーバーを歩いて来ちゃいました(↑:ただのバカ(爆))



■券売機
お昼の12時30分に来店したこの日。入口にある券売機へと進みます。ボタンは基本的に6パターン。麺の小・並・大に豚(チャーシュー増し)の小・並・大の中からチョイスするのですが普通なら麺量が200gもある 『小』を選ぶのが賢明か。これでも一般的な麺屋さんの大盛くらいあると思いますから(笑) しかしここはラヲタ魂を見せつける時じゃないのか!?とは言え、さすがに最初から「大」は自殺行為。とりあえずはやや弱気で「並」の券を購入しトライすることにしましょう♪


■店内
店内に入ると先ず目に飛び込んでくるのは大和製作所の製麺機!!! いきなりの自家製麺の洗礼ですね(笑) 奥にカウンター席が伸びてましてテーブル席はありません。端の席の向こうは大きなガラス窓があり店内はかなり明るいです。そしてカウンターよりゆったりとした厨房が印象的。そしてカウンターの上へ券を置きオーダーとなります。



■ラーメン(並)
●スープ
豚骨のみを使ったブイヨン風
●麺
やや平打ちのオーション&ドラゴン風麺
●具材料
もやし、キャベツ、背脂、にんにく 他
■この日の感想
(前に食べたのは数年前の地球規模やったかな~ でもどんな味か忘れたな~(爆))なんて味を思い出しながら待ってると思いのほか早く配膳されました。このタイミングで『ニンニク入れますか~?』と聞かれまして、野菜、背脂、タレの量を指定するようになってます。この日は初訪問でしたがこの後、人と会うので『にんにく入れません...』を小声で発声しました(笑)


■デッドで飲んでみた!
あくまで『並』なので構えるほどの威圧感はまったくないですが、他のお店では十分大のサイズ、あるいはそれ以上。豚骨オンリーのスープで第一印象は『ん?薄いか?』と感じましたが2、3口食べた頃から背脂の甘味さも合わさって『思ったほど薄くないよな~♪』と変化していきます。ただ、豚骨本来の『ボディの強さ』はそれほどでもなく、反面よりジャンキーさが色濃く表現された感がありました。麺量は300g、製麺時に圧をかけられた感じの自家製麺は平打でややウェーブがかったもの。茹で加減は若干固めに仕上がってます。コシの弾力性はまだまだ熟成させる余地はあろうかと思いますがマッチングはなかなか良かったです♪ チャーシューはぶっといのが2枚、デフォで入ってます。個人的には1枚だけで十分、いや、1/2枚でいいか。あまりにもボリュームありすぎでしたぁ…(^。^;) トッピングとして鍋茹でされた野菜はもやし、キャベツがメインでスー


プと麺が鉢に入った後にドサッと載せられます。画像はデフォになります。ただ…いちばん気になったのがスープの熱さ。おそらく少し置かれた野菜をトッピングされたのが原因だと思いますがスープがややぬるかったです最後まで食べましたが全汁までは至らずでございますorz



■これから&お願い
直近で以前二郎系を食べたのは数年前の京都・地球規模やったかな。味わいの記憶はまったく残ってないので比較出来ませんがコチラはコチラで美味しくいただきました♪ 場所は和歌山大学の近く、ガッツリ系なので学生さんには指示されるかと思われます。ただ私が訪問した時間帯は営業さんで比較的年配のお客さんが多かったです。そして隣りにいたサラリーマンさん、あまりのボリュームに撃沈され白目剥きながら涙目で食べてる姿が印象的でした…(爆) 皆様絶対に無理はしないでください。そしてお店のスタッフさんへ、口が脂でドロドロになるのでティッシュの箱を置いてくれたら嬉しいな~!(b^ー°)

Tag:和歌山市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター