【日曜日限定】暴豚製麺所

日曜日ごとに限定品~( ̄∀ ̄)v


■暴豚製麺所
@和歌山市中317
【営業時間】
(平日)
11:00~15:00 17:00~21:00
(日曜日)
10:00~売り切れまで
【定休日】今のところ無休
【電話】不明
【駐車場】6台
■この日の感想
『二週連続で限定品??(」゜□゜)」』と従兄弟からのTEL。情報によると豚骨魚介系を日曜日限定200玉でされるそうな!『どうしても行きたいから迎えに行くわ~♪』と一方的に計画を進めるB型の従兄弟(^。^;) ま、一方的にせんでもこっちも行くがな(笑)



■限定の印
食券販売機の上にパッキンを切ってマジックで書かれてます♪お世辞にもキレイとは言えずかなりなぐり書き…?(笑) 指示通りデフォの食券を購入し入店で~す。




■豚骨魚介暴豚ラーメン
(680円)
●スープ
暴豚ラーメンのかえしが魚介系
●麺
暴豚オリジナル自家製麺
●具材料
チャーシュー2枚、キャベツ、もやし、背脂
■この日の感想
有無を言わず従兄弟と共に限定品をチョイスしたこの日。カウンター席から調理シーンを見ながらの配膳待ち。限定品でもいつもの『ニンニク入れますか~?』のお約束。この日はにんにく普通、そのほかはチョイ増しでお願い♪ その後も引き続き調理シーンをガン見(笑) 特に変化のなかった調理ですが最後にデカい袋に入ったカツオをドサッと!! この量がキモなんすかね~(^w^)

■デッドで!!
























配膳されたラーメンをデッドで飲んでみます。
たまたまお隣さんはデフォのラーメンだったので横目で比較してみると...




スープの色ですがコチラの方が若干白っぽい印象ですがそれほど差はありません。味わいですが『若干、魚介風か?』という感じで明らかな差というのはないですね。個人的には正直、先週の『まぜ麺』の方が印象深かったです(^w^) とはいえ、麺のインパクトは十分で300gの並をモサモサと粘り強く咀嚼しながら最後まで美味しくいただきました♪ そしてトッピングも「ちょいマシ」だったのですが、「マシ」との量の変化


はそれほど変わんなかったですね。さぁ、今回は300gのチョイ増しにトライしたので次回は更なる高みを目指して、禁断の麺『麺大・400g』という聖域に足を踏み入れましょうかね~(だ、大丈夫か…な…(爆))

Tag:和歌山市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター