本町串居酒屋 一朋堂  

紀州赤鶏が自慢のお店がランチを始められました(≧ε≦)


■本町串居酒屋 一朋堂
@和歌山市本町1丁目18
【ランチ営業時間】
11:30~なくなり次第終了
【居酒屋営業】
17:00~23:00(LO:22:30)
【定休日】月曜日
【電話】073-402-5511
【駐車場】目の前にCPアリ
■いっほうどうなう
ブログ仲間の紅のしろくまさんがレビューしていたお店がコチラ♪ 鶏メイン居酒屋さんの限定ランチメニューということで訪問してきました!



■お品書き&店内
場所はもともと宮井平安堂のあったところ。老舗コーヒーショップ『ぼへみあん』のお隣になります。そんなお店の店内はシックでお洒落な雰囲気で座席もゆったりととられてます。大人数にも少人数にも対応できそうなお店ですね。そんな中ですが狙いのメニューはただ一つ。ランチ限定のラーメンでございます…m(_ _)m



■ラーメン(680円)
●スープ
鶏ベース白湯系
●麺
細ストレート
●具材料
チャーシュー、味玉子、もやし、メンマ、ネギ、糸唐辛子 等
■この日の感想
ひとりではデカすぎるテーブルに腰を下ろしまして麺のオーダーを入れるもメニューを見てるとチョイと気になったのが丼。物は試しと追加オーダーをGO~しときました♪(笑) スローな洋楽が流れる落ち着いた雰囲気の中ラーメン&丼が運ばれてきます。



■デッドで飲んだ!
ビジュアルはよくある白湯スープ。良く言えば『落ち着いてクセのない』となりますが悪く言うと『個性のないありきたりなもの』となります。そんなスープをデッドで飲みますがやはり第一印象通りごくごくアベレージな鶏ガラ白湯醤油だと言うのがわかります。ただし『丁寧に作られている感』というのは非常にありまして、特に鶏の香りはクセがなくイイ具合に漂ってました。麺は細いス


トレート。茹で加減は良くスープとのマッチングも問題ナシ。全体的にも普通に旨いです♪ ですが… 良くも悪くもアベレージなのでその存在や味わいが記憶に残り辛いのが残念です…...(;_;)




■とりそぼろごはん
さて、同じくオーダーしたとりそぼろごはん。個人的には十分な量ですが一般的にはどうでしょう、チョイとボリュームが不足してそうな感じ。スープにもあったように鶏特有クセはなく、比較的薄味でおとなしいですが上品な仕上がりで印象的。一味の刺激と共にいただくご飯が美味しかったです。ただ個人的には300円の価格はチョイと高いと感じました。中華そばと丼で980円になりますからね~~f^_^; さてさて、精算時に店主さんらしき方とお話ができました。聞くと、鶏は『紀州赤鶏』を使われてるのだそう。『夜の焼き鳥同様にランチも力を入れるぜ!』的な元気な雰囲気をひしひしと感じました。お昼は20食限定なのでハードルは若干高くなるかもしれませんのでお気をつけ下さいませ。機会があれば夜の部も行ってみたいです~♪ごちそうさまでした!
【お店の場所はコチラをクリック♪】

Tag:和歌山市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター