麺 dining 月乃家

オペレーションが今後の課題ですね...


■麺 dining 月乃家
@有田川町天満428-1
【営業時間】
11:00~14:30
17:00~22:00
【定休日】火曜日、第3月曜
【電話】0737-52-5716
【駐車場】450台分の専用アリ
■つきのやなう
有田川町ツアーの二軒目。最大の懸案事項だった喜多筋がクリアできた後はもう流れにまかせるって言うかコチラは本尊なので外せない(笑) 日曜日のランチタイムにもかかわらず店前には人影なし!でもこれ惑わされてはいけない。店前に広がる駐400台の駐車場には隠れ行列があるので店頭で確認すると…やはり3組の先客が(^。^;) しかし約15分後には入店することができ店内のテーブル席へ。4人掛けのテーブルで大の大人が5人座りするという強者力を発揮するもひとりは完全にお誕生日席(笑) そんな状態で各々がオーダーを、ば。特濃にも惹かれましたが、ここは今まで食べた事のない『鶏白湯』にトライすることにしました~(≧ε≦)


■鶏白湯(750円)
●スープ
地鶏メインのライト白湯
●麺
普通ストレート
●具材料
味玉子、チャーシュー、メンマ、海苔
■この日の感想
日曜日からか、後から後からひっきりなしにお客さんがやってくる!! 新しくバイトさんが入ったということでしたが流石に多くのお客さんが訪れるランチタイムのさばきは半端じゃなく、店内はてんやわんやの大騒ぎさ。結局、配膳されたのはオーダー後約15分が過ぎてから。ここまで時間がかかったのはこちらにおじゃまさせてもらうようになっておそらく初めての事でした…(ToT)

■デッドで!


飲んでみた!  鶏の香りはするがやや薄い印象の鶏白湯。
年がいもなく『濃い濃い病』というラヲタによく見られる
職業病(笑)に感染してる私にとってはやや物足りなさを感じるもの...

そう感じる要因はスープ単体としてではなく麺と一緒に食べてのマッチングにありました。
つまりスープより麺が勝ってしまってます。


麺を持ち上げてもスープとの絡みが少なく粉の味わいがストレートにやってくるんです。
そして鶏の味わいが後から…   コレはあまりに寂し過ぎましたね、ホント…(ToT) 




ただしチャーシューは旨あぁ~♪でございます。
いつもながら食べ易い固さとスープとマッチするもので
これだけでビールが飲みたくなるんですよ。
とは言う物の、おそらく一般的には
『丁度イイ具合や~ん♪』
と言われるお客さんも多いだろうと思いますので
あくまで個人的意見ということにしておいてくださいませ m(_ _)m

■有田だけにオレンジが眩しい

店頭に飾られているタペストリーがリニューアルされてます!!!
ミカンどころ有田ということでオレンジ色にしてみました♪(←ホンマかよ、オイ!!!w)
すごくお店の雰囲気に合ってて

「いい感じ♡」

そして明日7/1からはいよいよ「らの道」スタンプラリーイベントが
スタートします。月乃家さんも和歌山県代表として参加されてますので
ラーメン好きの皆さんは是非ともふるってご参加くださいませ~~♪
そしてこのタペストリーを目標に来店してくださいね♪ 宜しくお願いします。


※『食べ歩きランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ラーメン ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

ガ━(;Ⅲ□Ⅲ;)━ン!!

Tag:有田川町 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター