【限定メニュー】和 dining 清乃  

「新鮮な刺身が食べたい!!」
というリクエストがあればどうする?


■和 dining 清乃
@有田市野696
【営業時間】
11:00~14:00
17:00~22:00
【定休日】火曜日
【電話】0737-83-4447
【駐車場】専用アリ
■せーのなう
いよいよ7/1より始まったの道』スタンプラリー。この日は午前中より和歌山は有田川町の月乃家へ県外ラヲタがこぞって押し寄せる中、私は法事のため迎撃できず…orz そんな意気消沈中に「美味しい刺身が食べたい!」という家族からのリクエストが♫ 仕方なく(笑)夜の部に参戦しますはコチラ。私の狙いはもちろん「同系列で清湯の美味しい」コチラへ(笑)土日限定の「角長ゴールド『匠』の冷やし」でございます。事前リサーチはばっちり♪満を持していただこうではありませんか!(*^o^*)



■『匠』の冷やし(780円)
●スープ
角長匠醤油の利いた煮干系
●麺
中太ややチヂレ
●具材料
レアチャーシュー、味玉子、茗荷、干し梅肉、大葉、小松菜
■この日の感想
オーダーしてからぐるりと店内を見渡す。(しかし麺メニューをチョイスするお客さんが増えたよなぁ…)私がコチラにお邪魔するようになってまだ1年経ってませんが最初に比べたら本当にラーメンを食べてる方々が増えましたよね。これもひとえに店主さんのラーメンに対する探求心と熱い思いがここまで押し上げたのだと思います。そうこうしているうちに配膳されました。



■デッドで!!
ビジュアルはまんまゴールド! スープがちべたくキンキンに冷やされ『ヒャー(≧ε≦)』って感じ♪ 汁麺に比べたら醤油の香りは弱いですがそれにも負けないコクと旨味はしっかと表現されておりグッドです。麺もザックリ感はそのままに締まったボディはイチローの体脂肪率数%のそれ(←なんじゃそりゃ…笑)  想像以上にスープとのマッチングが良くちぢれトレーにスープがちゃんと受け止められてます、うんうん(=゜-゜)(=。_。)。そして食べすすむにつれじんわりと広がるサッパリ感。それもそのハズ、茗荷谷に大葉、それに加え干し梅肉から流れ出る梅エキスが醤油の隠れた甘さを引き出してくるんです。この冷やしを最後まで堪能させてくれる仕掛けがこれら!!! まさに三種の神器と言っても過言ではありますまい。香味油もキッチリと冷や


し用に仕上げられ最後の一滴までいただきました♪「いやぁ~満足、満足(笑)」 しかし一杯で終わる訳がないのが清乃マジック。この後「夏塩』をいただこうと思いますが箸休めにいただいたのがコチラです。

■鮪、まぐろ、マグロ!!!
店主さん曰く「たま~に舞い込んで網にかかる」らしいです、本マグロ。
たまたまそんな日に当たったということでガッツりと刺身とニギリをいただきます♪


ズキューン!!!

新鮮な3種の刺身もコリャ、ええですわw 
リクエストした家族も言葉がありません(笑)

そして更に!


ズキューーン、
ズキューーーン!!!

肉感、肉質、新鮮なだけあって、いい意味で固めのモチモチ感は
超新鮮さを意識させられるもの。毎度ながらこの寿司列には圧倒させられまんがな~~ぁ!

そんな中、画像を撮るのに必至で気がつくと寿司が1カン、刺身が少々のみ...

お前ら、もっと考えて食わんかーい!!!

と一喝するも、残りの1カンを食べると...


うまぁ~(◎´∀`)ノ♡

この言葉しか出ませんよ... ハイ...

そして、この日二杯目となる夏塩を、ばいただきます。



■夏塩(680円)
●スープ
紀州地鶏の塩清湯
●麺
清湯に合う真空麺
●具材料
鶏ハム、メンマ、干し梅肉、小松菜、茗荷、大葉
■この日の感想
匠の冷やしを食べ終わりますが余韻覚めやらぬ間に限定の夏塩が配膳されました。それは普通の塩っぽいビジュアルですが…

■デッドで!!


こちらはメニューupされてないですがmixiでは紹介されている限定メニュー。
店主さん渾身の塩は丸鶏ベースの魚介。「夏塩」という名前からは

「これまた塩の冷やし???」

と思いがちですがnonnon汁麺でごじゃります。

デフォの塩と違う点はというと茗荷、大葉、干し梅肉と
こちらもサッパリ夏らしい具材が使用されてます。
そして鶏はもとよりサンマ節、ホタテ、スルメ、昆布等のベースに
煮干しをガツンと利かせたうえ香味油も夏らしくまろやかなテイストがちりばめられ
工夫が凝らされてます。

トッピングは地鶏のハム。こちらも初登場からはしばらく経ちますが
最初に比べ部位、塩加減、風味、食感が幾度となくブラッシュアップされてまして
かなり素晴らしいものに仕上がっております♪

麺もこの塩にピッタリとマッチングされてまして
滑らかながらコシのある麺がその喉を通る瞬間は麺好きなら堪えられません!!!(笑)
汁麺ながら清涼感溢れる一杯。この夏にぜひとも一度はお試しあれ~♫


※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:有田市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター