【とこ in 飛騨・白川(その1)】久々の飛騨方面♬  飛騨民俗村・飛騨の里

久々に飛騨地方へGo〜o(^-^)o

今年は家族の休みのタイミングが合いまして久々の飛騨方面へ一泊二日の旅に。
もうかれこれ5回目になるかな、飛騨は落ち着くんですよね〜♬

今回の目的は特になし。しいて挙げるなら

「未訪問の老舗ラーメン店行脚かな?」

(↑:やっぱそこ?(爆))

そしてこれまでにまだ見れてなかった場所を中心に回ってきました。
ゆっくりと「歩くるるぶ」と呼ばれた私が作るプランニングは毎回毎回家族には

「大不評…(汗)」

というのも「スケジュールがびっしりでゆっくりできない」と言うのが
その理由らしい。というわけで今回はゆっったりとしたプランニングを
たてた次第で。とは言うものの一泊二日だと時間が限られているので
早朝の3時に起床しましていざ飛騨へ向かいます! 



■飛騨民俗村(飛騨の里&民俗村)
@岐阜県高山市上岡本町1-590
【営業時間】8:30~17:00
【定休日】年中無休
【入館料】大人700円 小人(小・中学生)200円
【電話】0577-34-4711
【駐車場】専用あり
【地図】施設の場所はコチラ
はい到着しました高山市。
しかーし!!! 時計の針は朝の8時3分… う〜ん早く来すぎたか(苦笑)
土曜日だったので渋滞に巻き込まれるを恐れて早朝に出発したのが
思いのほか効果がありすぎましたね。 でも…
P1020286_20151118055652735.jpg

「安心してください、開いてますよ!」

なんとコチラの施設は8時30分からの営業でございました♬
メッチャ早いので助かりましたよ。





■施設内へ
P1020283.jpg
まずは入口にあります村内地図でオススメコースを確認。
コチラの飛騨民俗村・飛騨の里にはいわゆる実物大の博物館で
合掌造りを中心とした建物が移築されておりその昔の暮らしを
再現されております。


そのコースに沿って歩いてますと手焼きせんべいを体験できる
コーナーがありました。
P1020290.jpg



原料はコチラ。これを鉄製の串で挟みまして
焼き器の中でゆっくり丁寧に炙るそう。
P1020292.jpg

P1020293_20151118055709cec.jpg



観光客向けの焼き方指南でおます。
P1020298_20151118055711b3d.jpg
こちらもインバウンドの風が吹いているようで
とにかく外国人観光客が増えたとおじさん。

そんなお話をしながら焼く事数分…
P1020291.jpg
丁寧に教えてくれるおじさん。


そして
P1020299_20151118055721d35.jpg

できあがり〜♬

素朴なおせんべいが香ばしいっす。
これは非常に懐かしく、ストレートに旨い。
しかもこの体験&実食で100円くらいでしたよ(笑)



そしてまたコースに戻りまして歩いていると…
P1020313.jpg
榑葺き屋根の民家がありました♬
その昔、高山・国府・古川の民家がこの榑板を屋根に葺く家が
多かったそうです。その中では機織りを体験することができるようになってます。

そんな民家に入ると…
P1020307.jpg

P1020303.jpg

P1020304_2015111805572710d.jpg

初めて見ました機織り器!

これを実際に使ってコースターを作りに挑戦。


ここでもおばあさんが自ら手本をみせながら
丁寧に教えてくれます♬
P1020309_20151118055742478.jpg

P1020310.jpg


P1020312_20151118055743ee2.jpg
1本、1本、丁寧に足で踏みながら織っていきます。
「カタン、カタン♬」
という音が心地いいですよ〜!

私も実際に織ってみましたがこれがかなり難しい。
古の人々の生活をイメージしながら体験させていただきました。

そして最後に…
P1020308.jpg
出来上がった敷物をいただきました。
(ちなみにおばあさんの手の近くにある青いやつねw)

おばあさんの昔の生活や今の生活など色々とお話してくれました。
体験時間はたっぷりありましてほぼ1時間近く費やしました。

費用はこれで500円! これまたCPの高い貴重な体験ができました〜♬



P1020288_20151118055656291.jpg
この他にも、本格的な合掌造りの家や様々な民具が展示されています。
それらを見る事で飛騨地方の暮らしの文化に触れる事ができました〜ヾ(*○´∀`○*)

【地図】施設の場所はコチラ


※『機織り器、初めて見ました!!!』
という方はコチラをポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『しかし中学生が小人料金とは良心的〜♬』
と感じたならこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

Tag:【岐阜県】 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター