お色直しリベンジ in 姫路城 〜そのラスト:動物園編〜

寂れているかと思いきや!!!

■姫路市立動物園
@姫路市本町68番地
【営業時間】9:00~17:00(入園は30分前まで)
【入園料】入園料/大人200円、小人(5歳~中学3年生)30円
【休園日】12月29日~1月1日
【電話】079-284-3636
【駐車場】お城周辺にあり
【地図】お店の場所はコチラ

ランチを食べてお腹がいっぱいになったので散歩も兼ねて城内にある
「姫路市立動物園」を訪れてみることにしました。



場所は城内にあるのでそのまま入口へと進みます。
blog_import_54dd8412db9ff.jpg
当然ながら小さいお子様連れのファミリーユースでいっぱいなので
こんなおっさんが小汚い格好でウロウロしているとかなりの違和感があり
ソッコー職質の対象でありますがこの日は家族を引き連れていたので
そこはセーフでございました(笑)

入園料金は大人は200円で小人(5歳~中学3年生)は30円という破格値!
公共施設パワー炸裂でございます。



■園内&散策
園内はかなりな賑わいをみせているものの雰囲気はいたって地味なもの。
入園前から和歌山城公園動物園程度のものを想像していたのですが…


いきなり出くわしたデカいシロクマの迫力に驚かされます!
IMG_0743.jpg


(こ、こんなデカいシロクマおるがな!!!(汗))

熊に関してもツキノワグマのベニーくらいしか想像してなかった私。

(これは心してかからないと動物に失礼やな…)

とひととしての反省を試みて散策を続けます。
すると…



ライオン、キリン、レッサーパンダなどそうそうたる動物達のメンバーがズラリと。
(私が好きな動物がメインなんですけどね…(苦笑))

P1010365.jpgP1010363.jpg
IMG_0744.jpgP1010361.jpg
P1010362.jpg
今では約40種類の哺乳類と約70種の鳥類がいるそうですよ=3


麒麟の親子も仲良くたわむれてました。
P1010369.jpg
P1010368.jpg




中でも…
IMG_0736.jpg

IMG_0735.jpg


「おおっ!!!(゚Д゚ノ)ノ」


このカバの迫力がハンパねぇ!


こんな間近で行水するカバにはお目にかかった事がありませんでした。
少なくともこれまでは…


そんな動物ゾーンを過ぎると
これまたウラ寂れたゲーム機コーナーがズラリと。
とりあえず懐かしいversionを見つけたので100円玉を入れてみると
いきなり動かなかった…(苦笑)

そんなゲームコーナーのお隣で出会ったのがコチラ!!!
IMG_0749.jpgIMG_0747.jpg

なんともまぁ重厚感漂う回転系遊具!
軽やかさのかけらもありませんし
正直、ボロボロでございます(爆)


(おぃおぃ、こんな鉄の塊…動くんかいな…(汗))

マジで御年いくつなのか? もう数十年経っていると思われます。
そんな中でもひときわ異彩を放ったのがコチラの観覧車。
P1010372.jpg
IMG_0750.jpg


しかし何とも言えないレトロ感がノスタルジックで
体が自然とその「観覧車」を求めてしまいまして


乗車しちゃいました(笑)


ゆっくりとゆっくりと回る観覧車。
IMG_0751.jpg
「ギィギィ」と軋む音が不安であります。


ゆっくりとゆっくりと回る観覧車。
IMG_0752.jpg
慣れて来るとその軋む音が心地よくなってきます。


ゆっくりとゆっくりと回る観覧車。
IMG_0753.jpg
お隣には飛行機♬


ゆっくりとゆっくりと回る観覧車。
IMG_0756.jpg
決して高くはないですが一番上では綺麗に姫路城を目の前に見る事ができます。


ゆっくりとゆっくりと回る観覧車。
IMG_0757.jpg
降りる頃には「おつとめご苦労様」という気持ちに。


お世話をしていたおじさん曰く、
IMG_0748.jpg
この観覧車は1960年代にどこからか持ってこられたそうで
もう数十年っていうか私が生まれる前から動いている計算…(驚)
日本でも一、二を争う古さだそうです。




■訪れてみて…

こんな動物園に興味をもったのでちょこっとばかし生い立ちを調べてみました。
(Wikipediaより抜粋)

1: 1951年12月1日にサンフランシスコ講和条約調印を記念して開園。
2:1955年には博物館相当施設に指定されている。
3:年間の訪問者数は約40万人
4:2011年の段階では、およそ120種400点の動物を飼育している。
5:毎年12月下旬に当年から翌年への干支動物の引き継ぎ式を行っている。

などなど、かなりの歴史ある動物園でありました。
しかも見所も満載♬

「たかが市民動物園、されど市民動物園」

大人だけでもオススメスポットでございました。


そんなこんなでそろそろいい時間に。
P1010375.jpg
公園前のお店でちょいとビールとおでんをつまみまして
和歌山まで帰る事にしましょう。


そしてこの日はプチ贅沢。
行きは「快速」を乗り継いできましたが
5ef08d41d92f56c80ae08a997f133521.jpg
85268789a044bd0129701ed293333a77.jpg

帰りは「新幹線&くろしお」で飲みながら帰りました。

いやぁ〜電車の旅もいいわ♬



【地図】お店の場所はコチラ


※『動物園、何気にイイ感じ♬』
と感じたならコチラをポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『この遊具に是非とも乗ってみたい!!!』
そう強く感じたならこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

Tag:姫路市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター