「清乃の2号店に初見参!(笑)」 清乃 近鉄和歌山店

祝・出店おめでとうございます!!!o(^-^)o

■清乃近鉄和歌山店
@和歌山市友田町5-18
【営業時間】10:00〜19:00(OSあり・近鉄の営業に準ずる)
【定休日】不定休(近鉄の営業に準ずる)
【電話】073-433-1122(代表)
【駐車場】近鉄和歌山にあり(近隣にCPあり)
【地図】お店の場所はコチラ
P1020068.jpg
清乃の本店の変貌ぶりに驚かされた余韻がまだまだ消えないタイミングで
マスターから得た情報にさらに驚かされ向かったのがコチラ。
確かに和歌山近鉄の地下のイートインコーナーへ出店されておりました!!!
出店が4月23日だそうで、かれこれ4ヶ月が経過しての初訪問。
清乃ファンとしては失格… 怒られますよね…(苦笑)

場所はわかちか広場から近鉄の地階入口入ってスグのところ。
もともとは粉もん屋さんがあった場所ですね〜♬
P1020065.jpg
カウンターが8席というこぢんまりしたスペースに腰を下ろします。
新たに加わったスタッフさんに尋ねると
「おかげさまで開店からたくさんのお客様に来てもらってます」
と嬉しそう。マスターもホッとひと安心じゃないでしょうか。

仕事が終わってからの訪問だったので18時を回ってましたが
私と同じリーマン的お客さんが座ってました。



■店内&お品書き
P1020071.jpg
コチラは先に食券を購入するシステム。和歌山では珍しいです。
が、聞くと慣れるまでのやり方がそうで将来的には食後清算も
健闘されてるとか。


さてお品書きはコチラ!!!
P1020075.jpg
基本的に「こってり和歌山ラーメン」のデフォと
限定の「煮干ブラック」の2つがありまして、あとは麺量とシャーシュー量を
チョイス出来るものになってます。またご飯類は、チャーシュー丼としらすごはん
がありますが古式に則りましてデフォのこってり和歌山ラーメンと白飯を
オーダーしました♬



■こってり和歌山ラーメン(750円)+白白飯(150円)
●スープ:豚骨醤油のこってり
●麺:やや細ストレート
●具材料:チャーシュー、太いメンマ、ネギ。
P1020076.jpg
厨房内でスタッフさんが調理をスタート♬
百貨店のフロア内施設なので厨房機器は最小限ですね。
もっと本格的なお店を想像しておりましたが
これはこれでコンパクトに纏まってる感じです。
麺が細いので素早茹で上げられ配膳されました。
P1020082_201508280516599f3.jpg



■デッドで!
さて、配膳されたこってり和歌山らーめん。
以前、有田の本店でいただいたことのあるタイプですが
チャーシューとメンマのトッピングというシンプルタイプ。
ネギは若干少ないかな? しかしながらスープはどっしり
こってりしているのが見た目にもわかります。
そしてデッドでいただいてみると…
P1020084.jpg

「おおっ!!! 『新和歌山豚骨』〜(゚Д゚ノ)ノ」

そんな表現が口から飛び出しました(笑)

『テロリ』を完全に通り越した『こってり』はまさに看板に偽り無しバージョン。
贅沢に豚骨が使用されているであろうスープは粘度が高いものの
醤油の風味もしっかりと残したタイプ。それでいて飲んでみると
意外とサクッと飲み干せるマイルディさも兼ね備えたもので

『こ、これ旨いやないかい…』

思わずつぶやきシローでございます。
おそらく本店の同メニューと基本的には同じなんでしょうが
この厨房のレベルに応じた作り方のできるスープとして仕上がっている
印象を受けました。

いわゆる「骨粉」的な口の中に残るザラザラとした食感や
獣系特有の臭みが皆無で、豚骨と醤油の旨味だけを濃厚に
抽出されたもの。

非常にクオリティの高い一杯に仕上がってますね♬



そして麺にうつります。
P1020103.jpg
和歌山のトラディショナルに準じた太さの「やや細い」タイプで
非常に良く出来たもの。麺の味わいもさることながら
このスープと一緒に食べることで互いを引き上げるマッチングはさすが。
噛むと「キュキュッ」とした食感ですが非常に心地よさを感じることができ
茹で加減も「固め」で個人的にはGOODです♬



そして具材ですが、極太のメンマはその風貌とは違い
柔らか目の噛み心地がいいですね。
P1020097.jpg



またホロホロとしたタイプのチャーシューはしっかりと味付けされたもので
濃いめの仕上がり♬

となると…登場するのがコチラの白飯。
P1020077.jpg


白いご飯の上にチャーシューを手早く載っけてから…
P1020089.jpg

P1020111.jpg
ドロりとしたスープをチャーシューの上からかけて…


できあがったのが簡易チャーシュー丼でござい(笑)
P1020112.jpg
麺をいただいてからの飯ですがスープがやっぱこってりしているので
ラーメンだけでなく飯を一緒にいただく方がベストでしょう!(キッパリ!!!w)




■食べてみて…
P1020098.jpg
全体的にスープが少なく映るお客さんも多いと思われるそのスープ量ですが
麺との絡みのバランスを考えるとこれくらいでいいかな〜っていう感じ。
というのも粘度があるのでこれ以上のスープ量があっても逆に持て余してしまって

スープ>麺 

というようなバランスになってしまうやろ〜っていう至極個人的な感想でございました♬


さてさてコチラの2号店。本日いただいたこってり和歌山ラーメンは
想像以上の仕上がりだったことに驚かされました。

(やはり本店のメニューはマスターが直接作るので
その足下にも及ばないだろう…)


と思っていたのですが、それをいい意味で払拭していただけるものでした。

とは言うものの、やはり本店は本店。
そのレベルの差は正直ありますのでせっかく和歌山へ来られたなら
一度は本店に足を運ばれるのをオススメします♬

しかし、本店の味を経験されているならコチラのお店でも十分満足できるので、
(少なくとも私がそうなんですが…w)
有田まで行く時間が無い時には「清乃の味」を和歌山市内で味わえるというのは
非常にありがたく、嬉しい存在でございますのでこれからはどんどん
利用したいと思いますね〜!

目印はこの「こってり和歌山らーめん」の黒幕!
P1020069.jpg
県外からのお客さんにわかりやすいように
敢えて「中華そば」と書かなかったと言うことです(笑)

【地図】お店の場所はコチラ


※『「なんで中華そばと違うねん!!!」
ってツッコもと思たのに(爆)』

と思ったコチラをポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『有田の本店もエエけど
和歌山市内で食べれるのが素直に嬉しい!!!』

私同様、そう感じたならこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター