「おそらく和歌山で一番高いところにある麺屋だと思う」 みやま 

お、お人さんメチャおる!!!o(^-^)o

■和風らーめん みやま
@和歌山県伊都郡高野町高野山49-2 新中の橋会館 2F
【営業時間】10:30〜16:00
【定休日】3月〜11月 定休日なし
【電話】0736-56-4433
【駐車場】目の前に駐車場あり
【地図】お店の場所はコチラ
IMG_0563.jpg
開創1200年祭で賑わう高野山に仕事で訪れたんですが…

どこを見ても人人人の行列でございます。

ここまでの人出とは予想も出来なかったのですが地元が賑わうのは嬉しい限り。
そんな想いで仕事を済ませまして向かった先がコチラ。

これまでもズーッと訪問機会を狙ってたんですが中々行けなかったお店に
やっと突撃でございます♬
お店は会館の2F、小綺麗な外観となっておりまして
この薄紫の幟が目印でございます。



■店外&ロウ見本
IMG_0565.jpg
食券制になっておりますので先ずはウィンドーにあるロウ見本で品定め。
「和歌山ラーメン」なるいかにもメニューがありまして750円というその観光地価格に
少しばかり目を剥かせていただきましたが、やはり屋号と同じ和風らーめんをチョイス。
50円も安ければもうそれで満足です(笑)



IMG_0569.jpgIMG_0566.jpg
そして後ろにある券売機でこのチケットを購入し、暖簾をくぐります。

店内は広く、観光客のお客さんで満員。
テーブル席がメインでかなりの収容能力を誇っております♪
床がツルツル滑るのはご愛嬌で、比較的年配のお客さんが多いので
少しばかり気になりました。

そんな気を使っていると配膳されました。



■和風らーめん(700円)
●スープ:甘系和風だし風
●麺:細ストレート
●具材料:チャーシュー、メンマ、モヤシ、蒲鉾、わかめ
IMG_0572.jpg


「おおっ!!!(゚Д゚ノ)ノ」

予想通りのはんぱない和風&観光地感(笑)

ものすごく食べやすいあっさりとしたスープは飲みやすく優しいもの。
幟にもあったように「和風」となっているので老若男女問わず
好き嫌いのないらーめんに仕上がっておりました。

当然のことながら「獣系」を感じることはなくクセは全くありません。


そして麺!
IMG_0577.jpg
これも珍しくないやや黄色がかったストレート麺なんですが
残念だったのが「や・わ・ら・か・す・ぎ・る」という茹で加減。

麺だけでみるとやはり個人的好みからは断然柔らかかったです。
でも麺とスープのマッチングとなると普通に食べやすいラーメンになるから
面白いんですよね〜♬





■食べてみて…
この日のルートはかつらぎ町から上がってきたのですが、
途中にあった黄色い「喜多方ラーメン」と書かれた幟が目についたのが
気になってたので帰りに立ち寄ったところ…
IMG_0580.jpg
山里の中にポツンと庵がありまして発見したのがコチラのお店♬
突入する気は満々だったのですがこの日は生憎の平日でお休み。

みると土日のみの営業のようですがこんな和歌山は高野山の麓に

「喜多方ラーメン」

とはあまりに場違いなご当地ラーメンが存在するとは…

想像もできなかったので機会を見つけて訪問してみます(笑)

【地図】お店の場所はコチラ


※『お、確かに和歌山では一番高いかな!!!』
と感じたならコチラをポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『つーか何で喜多方ラーメンやねん!!!』
そんなツッコミはこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:高野町 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター