「二部制、営業形態を変更されておりました!」 拉麺・居酒屋 漢(おとこ)

夜は居酒屋に変身します♬

■拉麺・居酒屋 漢(おとこ)
@和歌山市雑賀屋町東ノ丁64-1
【営業時間】11:00~14:00 / 18:00~23:00
【定休日】日曜日
【電話】073-494-3510
【駐車場】近くにCPあり
【地図】お店の場所はコチラ
P1210428.jpg
県民文化会館に所用があり訪問。
久しぶりに和歌山バスを利用し県庁前で下車し
歩道橋を渡ったところがお店の前でございましたので
そのままinしちゃいました。
こちらは2013年の新装オープン以来の訪問ですね♬



表には大きな「漢」の文字! ピンクのためメッチャ目立ちまして
「気仙沼三元豚」と書かれておりまする。
P1210429.jpg
そして看板には「拉麺」に加えて「居酒屋」の文字。
夜に変身するんでしょうね〜




■店内&お品書き
P1210438.jpg
カウンター席が奥まで延び、テーブル席もあります。
店内は男性のお客さんで7割の入りでございます。
そんな席に座ってお品書きをチェック!


A~Dの4種類に加え漢(おとこ)のセットメニューがズラリとならび
そして屋号の由来もバチッと!
P1210432.jpgP1210433.jpg
基本的には2種がメインでベースの豚骨に「塩」と「醤油」がラインナップ。
ふと一番したを見ると担々麺があったので、
(たまには毛並みの違う味わいもいいかな〜♬)
ってことで唐揚げと担々麺のCセットをオーダーします。





■担々麺+唐揚げセット(800円)
●スープ:ライト豚骨+担々
●麺:中太ストレート
●具材料:ミンチ、青梗菜、味玉 等
P1210439.jpg
カウンターにもテーブルにもそこそこお客さんがおられ
かなりな賑わいをみせておりましたので時間がかかるかな〜って
思いながら待ってましたが… 意外とすんなり配膳されました.

先ずは担々麺から〜(笑)




■デッドで!
P1210440.jpg
ライト豚骨のスープはあっさり系の味わいで
担々麺にしたときのバランスがいいようなファーストインプレッション。
辛すぎない風味ながらミンチを単独でいただくとピリッとしたパンチも効いていて
ラーメンらしいラーメンに仕上がっております。


そして担々麺の肉部分はトッピングされてまして
そのままスープに混ぜていけるようになっております♬
P1210444.jpg
これをどう捌いていくかは自分次第♡
最初からガンガン混ぜ合わせるのもよし、
じっくりとスープを味わいながら麺とからめるのもよし、
最後まで崩さず、ご飯の上に載せるのもアリかな〜(爆)←:ないわ!そんなもんw




で、麺も細いものではなくそれなりに太い中太ストレート。
P1210454.jpg
1本芯の通った茹で加減が中々に具合よく、麺延びすることなく
最後まで美味しくいただけたのが収穫です。

若干、プラスティッキーな喉ごしですが、担々麺としていただくと
デフォより相性がいいんとちゃうかな〜?っていうもので
しっくりといただけます♬


具材のほうは青梗菜に、煮玉子、胡麻と至って普通のラインナップですが
P1210458.jpg
どれもこれも役割を果たししっかりとまとまりをみせておりました。




■ごはん&からあげ
P1210466.jpg
P1210461.jpg
今回は途中から「からあげ」に箸を進めてみました。
肉質は柔らかく仕上がっていたのですが、ひとつひとつのパーツが
やや小ぶりだったのでちょっと食べ応えは無かったかな?

でも、適度な下味は旨く、皮の部分にいたってはカリッとしっかり揚がってまして
個人的には満足でございました。




■食べてみて…
P1210435.jpg
和歌山トラディショナルではないタイプですが、
「万人受けする」という意味では十分なラーメンで普通に旨いと思います。

カウンターの中にはお客さんから焼酎もたくさんキープされていて
夜はやはり居酒屋さんに変わるそうです。飲みに来てみたいな〜♡

【地図】お店の場所はコチラ


※『坦々麺ってイイ感じ♬』
と感じたならコチラをポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『夜はやっぱ麺屋より吞み屋の方がもうかるんかな???』
そんな純粋な疑問はこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m


【『拉麺 居酒屋 漢(おとこ) 』これまでの飲食跡♬】
その1:拉麺 ○漢(おとこ) 2013.2月開店

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター