「あっ、営業時間が二部制になってるし…」 まるやま小松原

夕方の部、シャッター

■まるやま小松原店
@和歌山市小松原6-1-14 
【営業時間】[平日]11:00~15:00/17:00~翌1:30 [土・日・祝]11:00~翌1:30
【定休日】月曜日 但し、月曜が祝日なら火曜日
【電話】073-423-6071
【駐車場】専用アリ
【地図】お店の場所はコチラ
P1210378.jpg
仕事の途中で遅いランチをいただこうとコチラまるやま小松原へ。
久しぶりに訪問してみると暖簾が出ていない…

(し、しまった休みか???)

と思うも店内からは明るいライトの光が漏れている。



レレ?? とサイド入口の営業時間の案内張り紙を見ると
P1210327.jpg
あ〜〜〜! 二部制になってるや〜〜ン。
コチラは時間を気にせず訪問できるお店としてインプットしてましたが
それも修正しておかなくてはなりません(笑)


時計を見ると16時25分でしたがこの日は見事に「まるやま口」になっちゃった
ので17時まで裏の駐車場で待たせていただくことに。
つまり…
P1210324.jpg

オートマチック シャッター(爆)

となり、めでたく夜の部ポールでございます。




■店内&お品書き
P1210336.jpg
P1210334.jpg
店内には相変わらず旨そうな「おでん」が並んでおりましたので
一番最初に目が止まった「おでんセット」をオーダーして着席へ。


カウンター席に腰を下ろすやいなや「中華そばひとつ〜♬」と高らかに宣言。
P1210339.jpgP1210349.jpg
そしておでんダネを3種類取り分けると御飯が配膳されました。
ここで… あっ、中華そばは後にしよう! と
おばちゃんに中華は御飯の後で持って来てもらおうとお願いしましたが
既に麺茹でが始まってまして…(苦笑)

仕方なく同時配膳となりました。




■中華そば(600円)
●スープ:醤油エッジ系とんこつ
●麺:やや細ストレート
●具材:チャーシュー、メンマ、蒲鉾2枚、ネギ
P1210352.jpg
入口右のスープ厨房には中華鉢が所狭しと
並べられておりましていつでも中華そばが
作れるようにスタンバッておりますね♬
そんな鉢を見ていると中華そばが着丼いたしました。




■デッドで
P1210354.jpg
ビジュアルはトラディショナルの最右翼的な風格すら感じます。
そのオイリーチックなスープは乳化はないものの小さい脂分が
スープにとけ込んでおり熱々でいただけるのがウリ。

ただし、スープのコクは少なく、想像していたよりかなりおとなしい雰囲気に
包まれておりまして、その昔のようなアグレッシブさは見る影もありません。



そして麺。
P1210362.jpg
撮影のために最初に持ち上げた時にピンと感じたのですが
かなりゆるく、柔らかい仕上がりになっているじゃないっすか。
最近食べた中華そばの中では間違いなく一番やわらかいものか、と。

しかしスープと一緒に食べてみるとこの麺の柔らかさが
スゴくピッタリと合っているのかはわかります。
食べていてもスルスル胃袋に収まっていきますからね(笑)


そしてオーソドックスな蒲鉾2枚とチャーシューも平均点の出来映えで
P1210359.jpg
スゴく満足度が高いひとしなでございました♬




■おでん(3種類200円)+御飯(200円)
P1210342.jpg
P1210369.jpg
この日はおでんと中華そばのセットをチョイスしました。
そしておでんダネはひとつ100円〜 となってますが
3個頼んで2個分の代金というかなり廉価設定になっており
ボリューム感もソコソコで楽しめると思います。

この日チョイスしたネタがこれら3種。
P1210344.jpgP1210347.jpg
好物の大根と厚あげは定番中の定番。



そこへ珍しかったのが「お豆腐♬」
P1210348.jpg
和歌山でおでんにお豆腐が入っているのは
あまり記憶にないのでこれまで食べた記憶があまり無いのですが
中々に旨い♬

ただし…

白いごはんに合うかどうかとなるとこれは別問題で
正直…  この湯豆腐だと清酒の方が断然旨いだろうなぁ〜って
言うのが率直な感想でございます。

仕事中だったのでもちろんアルコールが飲めませんが
次回は是非とも自らの舌で酒&湯豆腐を味わってみようと
心に近いました♡




■食べてみて…
P1210375.jpg
最近、中華そばのみならずサイドメニューにもアタックしております(笑)
やっぱり自分のサイドメニューの資料としてかなり必要っぽいところもあるので
積極的にいただけたらなぁ〜 って思いながら食べてます♬


<おまけ>
入口付近に置かれたおかもち。
P1210376.jpg
小さいバージョンの種類もあり可愛いですね♬

【地図】お店の場所はコチラ

※『「おかもち」って現役で活躍してるのやろか?』
そう感じた方、あるいは「ほんまや〜」と思った方はポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『2部制になったんやったら時間気にせんとあかんわなぁ…』
という方もこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

【『まるやま小松原本店 』これまでの食跡♬】
その1:まるやま小松原 (マルヤマコマツバラ) 訪問日:2005/07
その2:2005/12/29 まるやま小松原
その3:2006/7/5 まるやま小松原
その4:2006/8/19 まるやま小松原
その5:12/26 山為→グリーンコーナー→まるやま小松原→○宮→○豊(臨時休業)→正善
その6:まるやま 小松原 2007/12/6
その7:ここまでのグッドコンディションは記憶にないぞ!
その8:実はエラいことになってました・・・(驚愕)
その9:○三からここまでやったらどのくらいの距離やろ?
その10:意外と深いねん、これが…
その11:おばちゃんが愛想イイので気持ちもイイ♪
その12:罰金めちゃめちゃ高いがな!!(笑)
その13:初めての『大盛』( ~っ~)/
その14:「お〜か〜もちもち♪ お〜か〜もちもち♪」

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
07 | 2017/03 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター