和歌山で正統派まぜそばの第一人者です! 土屋商店

だって市内だとココしかないもん(苦笑)

■土屋商店
@和歌山市栗栖340-2
【営業時間】
(平日)11:00~15:00・17:30~23:30
(日曜)9:00~15:00、(土祝)9:00~15:00・17:30~21:00
【定休日】無休
【電話】073-472-1211
【駐車場】店前あり
【地図】お店の場所はコチラ
P1190729.jpg
定期的に食べたくなるのが「まぜそば」!
となるとコチラに来てしまうのは必然。
というのも、本格派まぜそばを市内で提供してくれるのは
他店では見当たらないから。
ツーことで訪問いたしました♬



■店内&お品書き
P1190767.jpg
仕事帰りの訪問ですが店前には車がづらづらと駐車されておりまして
店内はお客さんのムンムン♬

そんな中、壁のお品書きを見ながら「まぜそば」と白飯の(小)をチョイス。
なぜ「小」なのかと申しますと、そばを食べてしまった後に残るタレの量が
それほど多くないので飯量を少なくするのがベストだという自己判断からですねん。




■特製まぜそば(並・650円)+白ごはん(少・120円)
●元ダレ:醤油がかなり強いオイリー系
●麺:太ややちぢれ
●具材:刻みブロックチャーシュー、メンマ、ネギ、生卵、ナルト、背脂
「茹で時間がしばらくかかります!」
とはマスターから。麺線が太いのでその点は了承済み。
P1190732.jpg
よってしばらく経ってからの配膳と相成りました。




■デッドで…
P1190736.jpg

「ん? 卵黄小さいか、な!?」

そんな具材料のファーストインプレ。


緑ネギ&白ネギがザックリとバランスよくダイナミックに
入れられておりますのでその存在とカラーのインパクトは大。

脂の多いチャーシューブロックとメンマもたっぷりと載ってますので
パッと見では麺が全くもって見えません、ハイ。




デッドに卵を割ってみた!
P1190742.jpg
先ずはその卵黄に箸を入れました!!!
その部分の底から麺を少しばかり引き上げて割った卵黄を麺に馴染ませます。



そしてそこを中心に麺を底のタレが上部に出るよう
P1190745.jpg
一気に全体を持ち上げましてグイッと♬



そして一気に麺と具材料を混ぜ合わせますと…
P1190748.jpg
油分と醤油ダレがガンガン混ざり合いまして
麺がツートンカラーに染まって顔を出して来ましたよ♬


このタイミングで小ごはんが登場しましたが
しばらくの間は待機していただきます(笑)
P1190740.jpg





そして麺を一気にズズズ〜ッと。
P1190752.jpg
オーション系の太ややちぢれ麺の存在感はハンパねぇもの!
がっしりしたボディは今の草食男子にはナイ肉食系。

(スキがあったら食べちゃうよ♡)

的なバブル期男子のガルルル状態でございます(爆)

あれだけ表に顔を見せていた具材料ですが
一気に麺が主役に躍り出た今では完全に脇役になっちゃってまして
その存在はあくまで太刀持ち&露払いになっておりまする。



強め醤油ダレと油の味わいを一気に堪能すると…
P1190753.jpgP1190755.jpg
ご覧のように残った具材量の上から待機していただいておりました
白飯をそのまま…

鉢に i〜〜〜〜n!!!

前々から言っておりますように具材を1/2くらい残すのが
後の〆飯を楽しむ意味ではベストですよ〜!



そして…

P1190758.jpg

混ぜ、混ぜ、混ぜ、混ぜ…

いただきます!!!



濃いめに作られているまぜタレは実に御飯に良く合います!
P1190765.jpg

麺と御飯の両方いただける幸せ〜♪

タレの濃さ&油が白飯をコーティングするかのように絡みまして
残していた具材量、特にブロックチャーシューの脂も御飯の温度で溶けまして
たまらない旨味を引き出しております。

残りの具材料とのバランスも具合よく最後までキッチリいただきました。〜♡




■食べてみて…
P1190731.jpg
少なくとも私が食べていた間にお店に来られたお客さんは
全て男性で、しかも「まぜそば&白飯」をオーダーされてました。
それを見ると「まぜそば」の存在も認知されてきているのだと実感。

汁麺、つけ麺、そしてまぜ麺。
新たなジャンルや新アイテムが続々と開発されていき
嬉しい限りでございますね〜♬

「まぜそば」を体験したことの無い方は是非とも!!!

【地図】お店の場所はコチラ


※『「バブル期男子のガルルル状態」ってどないやねん!(爆)』
そんなツッコミはコチラをポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

※『でもホンマ会社内のフリーの女子の数を見ると
最近の男子は草食系が多いと思う… 』

「そ、そこ?(笑)」というツッコミはコチラをポチっとな〜♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

【『土屋商店』これまでの食跡♬】
その1:今度は「鶏」で暴れるのか!
その2:新たなメニューが仲間入り!

その3:最後の未食、まぜそばにトライ!o(^-^)o
その4:れれ?限定のみか!
その5:このパンチ力に魅力を感じるなぁ♪
その6:13面待ちに匹敵する破壊力だ!!!
その7:国士無双の麺がまぜ麺になるという情報をキャッチすると…
その8:ウヒョ〜プロトタイプだぁ〜♬
その9:Twitter情報を見落とすなよ!

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター