「『がんたれ』の屋号の意味はなんでしょう?(笑) 豚骨中華そば がんたれ 

和歌山の中華そば勢力図が激変する予感!!

■豚骨中華そば がんたれ
@岩出市溝川278−1 アルバトロスパート2
【電話】0736-69-5585
【営業時間】11:00〜15:00/18:00〜22:00
【定休日】未定 
【駐車場】店前に共同あり
【地図】お店の場所はコチラ
P1190826.jpg
オープン前から話題になってましたコチラがんたれ!
そらそーでしょ、あの無鉄砲DNAが和歌山に降臨するんですからね。
この日を指折り数えて待つ姿はまるで遠足を心待ちにする小学生のようですから(笑)

自分の中ではオープン後、少し落ち着いてから訪問しようと思ってたのですが、
たまたま打田に行かなくてはならない急用が入りましたのがオープン初日。
(これは神様が行け!って言ってるんや…)
と言う事、しかもランチタイムが過ぎた時間でノーゲスのタイミング♬
共同駐車場へ車を滑り込ませました。



■店内&お品書き
P1190862.jpg
P1190830.jpg
先ず入口左手にある券売機がお出迎え〜♬
これは無鉄砲から採用されるシステム。
和歌山の麺専門店で券売機を採用しているお店はって言うと
う〜ん…  あったっけ…? 御坊のbird manか、な。

ま、それは置いといて気になるメニューですが
デフォが「豚骨中華そば」、そして「濃厚とんこつ中華そば」の基本2種類。
そこへトッピングをチョイするパターンとなってまして
トッピング不要派の私としてはすこぶるありがたいシステムとなっております♬

後ろを振り返るとカウンター上部には
P1190863.jpg
こんなお品書きが掛かっておりまして自体から
(あぁ〜無鉄砲系列へ来たんや〜)
という実感が湧くというもんですねヤッパ(笑)



そしてこの日は迷う事無く「濃厚中華」をプッシュし店内へ。
P1190831.jpgP1190858.jpg
カウンター席とテーブル席があり思った以上に懐が深くなってました。
店内を見渡せる奥の席に陣取りまして食券を渡しまして配膳を待ちましょう。




■濃厚豚骨中華そば(750円)
●スープ:無鉄砲イズム継承豚骨アレンジ
●麺:やや平打ち太ちぢれ自家製麺
●具材料:チャーシュー、穂先メンマ、ほうれん草、玉ねぎ、ネギ 等
厨房内では豚骨スープがガンガンかき混ぜられております。
そしてテーブルには
P1190837.jpgP1190838.jpg
高菜ならぬキムチモヤシっぽいトッピング置かれてましたが
この日は仕事なので次回へ持ち越しに。


テキパキと作業されるスタッフさんとモヤシに見とれていると…
P1190843.jpg
オーダー品が着丼しました(笑)





■デッドで!
P1190845.jpg

「コレヨ〜♬ コレコレ〜♬」


(↑:朱美チャン風にw)



やはり予想通り和歌山で最濃厚な豚骨に決定!!!(笑)
無鉄砲イズム垂れ流しのスープはまさしく「髄を吸う」というもので
コレを初めて食べる地元和歌山の皆さんは
おそらくカルチャーショックを受けるであろうレベル。
ひと口飲んだだけでキューッと胃から腸にかけその豚骨が染み渡るのを感じます。

ただし、単に無鉄砲スープを前面に押し出しただけでないのがミソ。
店主さんなりに和歌山風にアレンジしている味わいで
醤油ダレの風味、キツくない獣臭、思いのほかサラッとしている後口など
スゴく研究・努力された跡がハッキリと感じる仕上がりとなっております♬



そして次に麺へ!
P1190849.jpg


(う、旨いなぁ…)


ボソボソと呟きながら食べている姿は他の人から見ると異様な光景だったか、と。
人間、あまりに感動するとむしろ引きこもってしまうと知りました(爆)

奈良の「しゃばとん」で製麺されているオリジナル自家製麺は
個人的にはド・ストライクなひとしな。「しゃばとん」の麺が大好きなので
この平打ちタイプの太ちぢれ麺を見た瞬間、失禁しそうなほど嬉しさがこみ上げました。

濃厚スープのボディをガシッと受け止めつつ共に高め合う存在感は
まさに一家の大黒柱で、その安定感はおとうさんそのもの。
咀嚼すると先ず感じる適度な弾力とコシ。そして…
その後は粉の風味が濃厚スープと混ざり最高のマッチングが楽しめます。
このスープにこの麺アリって感じ♪


そして穂先メンマにほうれん草をいただきまして…
最後にチャーシューを、ば!
P1190857.jpg
かなり大き目ですが薄いのが無鉄砲らしくて素晴らしい。
この薄さが個人的にはベストなんですよねー!


鉢の形が逆三角形の深いタイプなのは残念ですが(笑)
そんなのはこの中華そばの前ではまったくもってスルー♪
無我夢中でいただきまして完スペする勢いだったのですが流石に無理せず終了。
底には豚の絵柄と英語でメッセージが書かれてましたが…

忘れちゃいました〜(汗)





■食べてみて…
P1190860.jpg
さて、予想通り、いやそれ以上の完成された仕上がりだったコチラがんたれ。
ノーゲスだったので店主さんとしばしの笑談でいくつか質問を。

■屋号の由来について…
店主さん曰くお店で働き始めた頃のご自身の目つきについて赤迫さんから
「ガンをたれているようなのでやめなさい」と注意さた事から
その初心を忘れないように戒める意味で名付けられたそうです。

■なぜ和歌山の岩出市だったのか?
最初は店主さんの出身地かな?って思ってたんですが、
無鉄砲の影響の全くない和歌山という新しい地で自分の力を発揮する!
という強い意志の表れだと言う事でした。

そんな意気込みで挑む店主さんですが、
間違いなく中華そばでも保守王国である和歌山の勢力図を
塗り替えること間違いない力を持ち合わされていると思います。

そして何よりも…
P1190864.jpg
赤迫社長が来られていたのは予想外で、グループ挙げての応援、
気合いが入っているのをヒシヒシと感じました。
今後の発展を祈念いたしまして、そしてガンガン訪問させていただきます♬

でも、ハッキリ言いまして無鉄砲を食べるためにわざわざ大阪、京都へ行ってましたが
それを和歌山で楽しめるのが一番ありがたいかな〜(笑)

【地図】お店の場所はコチラ



※『赤迫社長、なんか痩せて格好良くなってないかい?』
そう思った方はコチラをポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ムテ系が新たに加わることで
和歌山中華そば界の勢力図はどうなるんやろか?』

そんな動きに興味があるならこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m


【『豚骨中華そば がんたれ 』これまでの飲食跡♬】
その1:嬉しいな〜ったら嬉しいな〜♬
その2:あっ!社長!!!

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:岩出市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター