中華そば しま彰(しましょう)

『え?!』アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!
こ、このビジュアルはもしかして...


中華そば しま彰(しましょう)

紀の川市貴志川町長原102

ジョイフルサンマリノ内
【営業時間】
11:00~13:20
18:00~売切終了
【定休日】火曜日
【電話】0736-64-0710
【駐車場】専用アリ
■しま彰なう
実はこの日で3回目の訪問になるコチラ。所用で近くまで来たついでに訪問すると… 開いてましたよ~♪ 三度目の正直ってやつですねぇ(笑)



■店内&お品書き
山吹色の暖簾をくぐって店内へ。中は8席のカウンターに座敷がひとつ。こぢんまりまとまっており、真新しくて気持ちがイイですねぇ。奥が厨房になってまして大将の顔が見え隠れします。そしてお品書きですがデフォの中華そばが500円で大盛600円、特製700円と続きます。テーブルの上に『味付たまご50円』と書かれたザルが置かれてましたが13時を回った時間では売り切れ… 茹でたまごならぬ味付たまごに少しばかり心を動かされましたが(笑) とりあえずデフォっていうかノーマル中華そばをオーダーしましたが今時500円の価格は素晴らしいCPですね~♫


■中華そば(500円)
●スープ
醤油エッジの利いた豚骨メイン系
●麺
やや細ストレート
●具材料
チャーシュー、葱、メンマ
■この日の感想
入店したのが13時前でしたが既に満員でしたのでしばらくは店外で待ちますがその時点でオーダーを聞いてくれました。スグに席が空いたので店内へ移動すると同時に中華そばが配膳されたのですがそのビジュアルを見てホンマに心臓が止まりそうになったんですよ実際の現場では…



じゃじゃーーーーーん!!!







『まんまうらしま」
やーーん!!(」゜□゜)」』

正直
『ま、まさか!!』
と思いましたよ。そしてあらゆる角度から検証、確認しましたが
ビジュアルから鉢に至るまで完全に『うらしま』の中華そばでございます。


(※ちなみに直近のうらしま画像はこちら)







(比較のご参考まで!)


グにホールを片付けていた奥さんに尋ねました!!

私:『コレってうらしまのそばですよね?』

奥さん:『そうやで。でも私は奥さんとちごて手伝いやから
詳しくは中の(厨房の)本人に聞いてよ。喜ぶから~(^w^)』

と切り返された...

一子相伝しかも門外不出の味だと勝手に思い込んでいた私にとって、
その中華そばの存在ははあまりに衝撃的で
アドレナリンがドクドクと分泌されているかのよう。
先ずはその味わいを試そうとあらためてデッドで飲んでみた。



■デッドで!!!
うんうん、確かにうらしまの味だわなこりゃ。
骨粉のざらつきのあるnot滑らかなスープは舌の記憶リストに残っているもの。スープ自体は臭くはないがほのかに残る獣臭にやや感じるテロリ度はまさに本家の食感です。私自身、ここ最近のスープはあまりに濃過ぎに感じるので訪問間隔が開いてしまっている状況ですが、直近の本家と比べるとコチラの方がより
醤油かえしのキレイがありシャープな印象ですかねぇ... ただし乳化度は本家に軍配が上がりした。麺は当然宮本製麺の同じもの。モサモサ感があり茹で加減は上々です♪ チャーシュー、メンマも本家よりは優しい仕上がりですかねぇ。ただメンマは少し太かったです。完汁はお約束
(笑) 現在の本家スープは濃過ぎのためこのところ何回かの飲み干せないのですがコチラは大丈


夫でした。骨粉もご覧の通りの量で健在でございます。 全体的な感想は荒々しさが残るものの意外にバランス良く仕上がってまして美味しくいただけました~(≧ε≦)ゞ 是非とも本家との食べ比べをオススメします♫


■なれそめ
食べ終わって大将に聞くと… 

直近で約3カ月の修行期間を経て開店までこぎつけたそう。
「まだまだこれからです」と謙虚に話されてました。
屋号も「うらしま」の「しま」と大将自らの名前の「彰」をとって
『しま彰(しましょう)』と名付けられてます。 

話を聞きながらですが
(爺さんの頃から足繁く通ってるけどお弟子さんなんか見たことないで~?!)
と自問するもここんとこ数ヶ月はほとんど訪問してなかったことに気づく俺…(^。^;)

いずれにしても新たなるうらしまDNAの誕生をお祝いしつつ、
これまで(日、祝休みで営業時間が昼間の2時間以内)という高すぎる本家のハードルに
うらしまの味を体験できなかった皆様にはお弟子さんの登場は朗報じゃないでしょうか♫
有名かつ偉大な本家の看板が今後は大きなプレッシャーになるかもしれませんが
(って言うのがプレッシャーか...(笑))
それに負けないようこれからも頑張ってください~♫ 応援しま~す(^з^)-☆!! 



※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:紀の川市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター