こちらの考え方には賛同しますよ〜♬ 「泉佐野塩元帥」

正月から乱れ食い〜(*^o^*)v

■塩元帥泉佐野店
@泉佐野市松原1-2-43
【営業時間】11:00〜24:00
【定休日】無休
【電話】072-461-3583
【駐車場】専用あり
【地図】お店の場所はコチラ
P1140056.jpg
泉南地域への親戚へ新年の挨拶を済ませたお昼時。
向かった先は昨年来から出店ラッシュが続くコチラへ♬
家族で訪問する時はやはり箱店の大きいテーブルがベスト!
そして安心、安全なラーメンをいただけるという付加価値もあるんです。



■店内&お品書き
P1140004.jpg
いつも元気に接客してくれるスタッフさんは気持ちのいいもの!


そして目の前にスタンバッタのが
P1140002.jpg
「ご自由におとりください」のお馴染みキムチでござい♬
これは家族の大好物なのでアッと言う間に無くなりますがな〜(笑)


そんな接客を受けつつ、家族が各々食べたいものをオーダーしていく中
私がチョイスしたのが… 「醤油つけめん+唐揚げ」でございます。


そしてしばらくすると家族のラーメンがどんどん配膳されていきます!


■濃口醤油ラーメン(810円)
P1140005.jpgP1140007.jpg
高橋社長の原点とも言うべき醤油が前面に出た逸品。
シャープなエッジながらスープの旨さが引き立ちます。


■天然塩ラーメン(700円)
P1140011.jpgP1140013.jpg
塩元帥のデフォスープ。滋味深い味わいの中にキッチリと塩の
存在が主張されたラーメン。


■梅塩ラーメン(810円)
P1140015.jpgP1140019.jpg
少し変化球になるコチラ。「梅」の風味が塩の味わいを引き立ててます。
柔らかい酸味がアクセントとなり塩ダレとの融合を楽しめます。




■小酒つけ麺(820円)
●スープ:醤油エッジベース
●麺:やや平打ち中太ストレート
●具材料:チャーシュー、蒲鉾、ネギ、海苔、メンマ、ナルト
P1140028.jpg
一番最後に配膳されたのが私のつけ麺。
麺茹でに時間がかかるので当たり前なんですが
久しぶりな「つけ麺」とのご対面〜♬




■デッドで!!
P1140030.jpg

(うほっ、醤油の風味がガッツん〜っと♬)

薄〜いオイル膜が張られたつけスープには
香り高い醤油がドシッと腰を据えているかのような雰囲気。
これから入れられる麺を

「さぁこいっ!!!」

と待ち構えている戦国武将のよう(笑)


それに対する麺ですが…
P1140032_20150103092646410.jpg
太やや平打ちストレート。
モチモチぷっちんという物ではなく、しっとりしなやかなその肢体。
粉の風味がバッチリ感じる味わいなので、食感より味わい重視な印象を受けました。

手間ひまかけて作られたスープを全て受け止めて、そして染込ませて…
P1140048.jpg
P1140050.jpg

全ての旨さを余すところなく食べていただきたい!
とう思いが伝わってきそうな存在感がありました。
まさにお父さん的麺だと実感。最後まで美味しく納得の1杯ですね♬



そして家族のセットメニューのサイドがコチラ。

■サイド飯メニュー
P1140035_20150103092703d3b.jpg
P1140044.jpg

いつも通りのパラパラ〜〜♪╰(*´︶`*)╯

コチラも安定した味わいの焼き飯。
パラパラと口の中で米粒が踊っておりまする♬


ほんでもって私の好きな唐揚げ(笑)
P1140024.jpg
焼き飯とのマッチングは今ひとつで、やはり白飯がベストか、と!
ラーメンに負けずとも劣らない唐揚げで満足度は「大」でございました。




■食べてみて…
P1140054.jpg
最後はスープ割りで〆となりました。うまかったっす♬


【余談】
さてさて、箱店ながら会社のコンセプトがしっかりと確立されております塩元帥。
HPを見ていても社長である高橋さんの確固たる信念が表れてます。

「自然素材だけで如何に美味しくお客様に感動していただけるものを提供できるか」

の取り組みにはラーメン屋さんの不可能を可能にする夢が込められているのだと思います。

個人的には特に素材、化学調味料、原価など、こだわりは特になく
「自分が旨く感じればそれでよし!」を重視しておるんですが、
より美味しく、より安心で、より安全なラーメンを食べれるに越した事はありませんよね。
だから高橋さんの挑戦にはホント頭が下がる思い。この上なく賛同いたします。

よって、泉南方面に来た時は
必ず立ち寄らせていただきますm(_ _)m


【地図】お店の場所はコチラ


※『泉南地域では群を抜く旨さやね!(絶対)』
と思っている方はポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『これからも高橋社長に信念を貫いてもらいたいです!!』
そんな願いを込めてこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ


【『泉佐野塩元帥』これまでの食跡♬】
その1:ラーメン不毛の泉南エリアに名店の箱店が降臨♪
その2:安定感のある旨さだな(*^o^*)v
その3:迷い無く行ってしまうよぉ〜(*^o^*)v

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:泉佐野市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター