田辺へ行ったら是非とも立ち寄って欲しい地区 「お好み焼き ヒロ」

井戸端会議の花が満開(笑)

■お好み焼き ヒロ
@和歌山県田辺市江川14-8
【営業時間】11:00~17:40
【定休日】水曜日
【電話】0739-26-5073
【駐車場】なし
【地図】お店の場所はコチラ
P1180416.jpg
田辺にある親戚の家へ訪問するついでに訪ねてみたコチラ。
久しぶりに「江川地区」に足を踏み入れてみた♪
近くに田辺漁港があり、古きよき港町の雰囲気を色濃く残す江川地区は
その昔から知る人ぞ知る和歌山のB級グルメ「江川のちゃんぽん」の発祥地。

田辺に来たのなら「ちゃんぽん」を食べずしてスルーすることはありえない(笑)
というわけで、神社の奥にひっそりと佇む老舗のコチラの暖簾をくぐりました♪




■店内&お品書き
そのひなびた雰囲気通りに店内は昭和時間がゆったりと流れております。
P1180414.jpg
入口の一部と奥には客席がありますがほとんどが焼き場というコチラ(笑)
地元のご常連さんが集うお店は井戸端会議の坩堝と化しておりました。


一番奥のテレビのあるテーブルに腰をおろしまして・・・
P1180381.jpg
先ずはお品書きを、ば。
ひときわ異彩を放つ「ちゃんぽん」はもちろんですが
今回は粉もんの「お好み焼き」をチョイス♬
ただし、車だったのでビールは断念しましてお水で我慢、我慢。


オーダーを入れると手際良くおばちゃんが麺の袋を開け始めます。
そして「カチャカチャ」っとお好みの粉を混ぜる音もリズミカルに♬
P1180382.jpg
しかし、手を動かしながらもご常連さんとの会話も休む事はありません(笑)
そして先ず、お好み焼きが運ばれてきました!




■お好み焼き(並)(330円)
P1180389.jpg

「おっ! 粉の多いタイプやな…」

黄色っぽいボディにソースがかかり、そして鰹粉がふりかけられた
トラディショナルなビジュアルは見た目にもわかる粉の多いタイプ。

「ホットケーキチック」といえば少し乱暴かもしれませんが
おばちゃんがコテで叩く度に

「パンパン♬」

と乾いた音が店内に響き渡ります(笑)


それほど厚くはなく、香ばしい臭い鰹の香りが辺りに漂います。
そして割ってみると…
P1180393.jpg

P1180400.jpg

こんな感じ♬

やはり野菜より粉のウェイトが多いタイプ。
よって水分が断然欲しくなりますね〜♬

全体的なボリュームは想像以上にありました。
「並」の大きさでも2人でシェア出来るでしょう。


これを見てもわかりますがスープが麺に絡まっているでしょ♪


お好み焼きを食べ始めると直ぐに到着したのが
本丸の「ちゃんぽん」でございます。





■ちゃんぽん(500円)
P1180385.jpg

今回で二度目の「江川のちゃんぽん」

いわゆる「うどん」と「焼きそば麺」を1/2ずつ入れて焼き上げたもの。
一般的に「ちゃんぽん」と聞くと野菜たっぷりの中華麺になりますが
ここ江川地区では「うどんとそばをちゃんんぽんする」という意味で
この名がついておりまする♬


「それやったら焼うどん1/2と焼きそば1/2を

ワンプレートに盛ったらええやん!」



という声が聞こえて来そうですが、そうでもないんです。

というのも…
P1180399_20141224063200963.jpg
うどんとそばという違う味わい、違う食感のものが
一緒に攻め入ってくる不思議な感覚は
麺を混ぜ合わせて調理する事でしか得る事はできません。

そばとうどんは明確に違うものですが、
この「ちゃんぽん」はその違いを楽しめるのがイイですね〜♬




■食べてみて…
P1180388.jpg
やっぱ一番残念だったのは「ビール」が飲めなかったこと…
これはやっぱ外せません(苦笑)

加えてご常連さんの楽しい会話、お店の雰囲気、おばちゃんの人柄、など
挙げればキリがないほど地元に根付いた「ならでは」がここには存在します。

田辺に立ち寄られた際には是非ともこの「江川のちゃんぽん」にトライして欲しいですね〜♡

【地図】お店の場所はコチラ


※『んじゃ、「焼うどんと焼きそば」を1/2したらええやん!!!』
てツッコンだろ〜って思ってた(爆)』

と思ってた方はコチラをポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『「ちゃんぽん」もさることながら
この町の雰囲気がイイネ!!!』

そんなエールはこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m


【『お好み焼き ヒロ 』これまでの飲食跡♬】
その1:ゆったり流れる昭和時間に身を委ね

テーマ : お好み焼き
ジャンル : グルメ

Tag:田辺市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター