「祝!再開・開店♬」薩摩ラーメン四天王 園部

「エコシステム」が健在だったことに拍手♬

■薩摩ラーメン 四天王園部
@和歌山市園部640-6
【営業時間】11:00~14:00 17:00~24:00
【定休日】月曜
【電話】073-462-4977
【駐車場】店前あり
【地図】お店の場所はコチラ
P1180875.jpg
この事件から見事立ち直られて迎えた再開初日。
「お店の再開を心待ちにしていたたくさんのファンのお客さんが行列を作っている!」
という情報を聞きつけやって来ました四天王。

お店の構えもこれまでと同じで、単なるリニューアルの雰囲気で
前回と比較するならお店が綺麗になったくらいかな。(←そこが一番キモやけどw)
そんな新装間もない四天王園部に足を運びました♬

到着したのが13時過ぎ。この日が前に5名のお客さんが並ばれてまして
寒風吹きすさぶ中、待っておりますと…
P1180880.jpg

(アレ? 暖簾、つぎはぎだらけや(笑))

事故の影響があったんでしょうか?
新しい布と文字が上から縫い付けられておりました。


そして店前にある看板がコチラ。
P1180879.jpg
心配していたチャーシューカットのエコサービスは健在で2枚抜きは200円安くなります♬
ホントこのシステムが残っていただけで天にも昇る気持ちでございます(爆)
そんな興奮しアドレナリンが分泌される状況下で店内へ招き入られます。
待ち時間は約15分くらいでしたかね。





■店内&お品書き
P1180889.jpg
店内もパーツ、パーツが綺麗になってますが
基本的な位置は特に変わった印象はありません。


デカい寸胴が見えるカウンターの端に腰をおろしまして先ずはお品書きを、ば。
パッと見てもやはり
P1180888.jpgP1180887.jpg

エコサービスは健在だった。



ただし…
P1180886.jpg

ね、値上げになっとりますがな…(泣)



ちなみにコチラが以前のお品書き。
P1040810_20141214065834fb9.jpg
前回の訪問はちょうど1年程前。昨年はまだ税金が5%だったので
一番人気の四天王ラーメンデフォが750(788)円でしたが
今回だと850円(918円)となる…これはちょっと痛いですね(泣)

でも諸事情がおありだと思いますので仕方なしでしょう。
で、オーダーですが自分の中のデフォである四天王ラーメンで
久しぶりなのでチャーシューの1枚抜きを♬
そしてそれをチャーシュー丼にすべく白ご飯と漬物がついた
Aセットをチョイスしました。




■四天王ラーメン(チャーシュー1枚)650円
●スープ:白湯系
●麺:中太ストレート
●具材:炒めキャベツ、豚バラ、ニラ、ネギ、
P1180889.jpg
目の前では大将と娘さん(かな?)がテキパキと調理されてまして
半年のブランクを感じさせない息の合ったところを見せておりまする。

そして馴染みのご常連様でしょうか、口々に「おめでとうございます♬」と
お祝いの言葉をかけられてました。「これからも今まで通りにたのみます」と
少しはにかんだ様子で応えられているのが印象的です♡
P1180893.jpg
厨房内で繰り広げられるそんなシーンを見ながら
しばらくすると「ドドン!」と麺が到着いたしました!




■デッドで!
P1180897.jpg

白湯スープは適度に塩っぱくていいな〜♬

という味わい。「コクは伴わず塩っぱい」というのもこれまで通りか、な。
豚骨の白湯とはまた少し違った印象のスープは私のジャンキー魂に火をつけてくれるには
十分なものでございます(笑)


して、そのデカい1枚のチャーシュー!
そのデカさ、厚さ、迫力、どれをとっても破壊力満点。
P1180901.jpg
やはりここのチャーシューは「○高ラーメン」亡き後では
他の追随を許さずブッチぎりで先頭を走っておりますね(笑)



これを先ずは白ご飯の上に載せまして
P1180903.jpg
P1180905.jpg

ハンドメイドチャーシュー丼の出来上がり♬

これを横にのけまして先ずは野菜と麺からスタートです。


ではあらためてデッドで!
香ばしく濃く炒められた野菜ですが、スープが思いのほか塩っぱいので
逆にあっさりした味わいになっているのが笑います。
P1180908.jpgP1180912.jpg
個人的にはもっともっと野菜がボリューミーなのが好きなんですが
それはまぁ置いといて…(笑)
たっぷり載っかっている青ネギが新鮮なのはGOOD♬
そしてちょびっと入っている豚はご愛嬌ですかね。




そして麺。
P1180917.jpg

(あれ? 気のせいか少し太くなった??)

と感じたファーストインプレ。茹で加減は普通よりやや柔らかめですが、
とにかくスープとのマッチングは文句なし。
そしてたっぷり野菜と麺とを一緒に持ち上げてワシワシといただくのが園部流。

口一杯にほおばると自然と頬が緩むのがわかりました(笑)


4/5くらい食べたところで先に作っておりましたチャーシュー丼に食指を♬

とにかく厚みがスゴいチャーシューですが、
脂分が意外に少なく歯ごたえがガシガシッとしっかりしております。
ここのチャーシューはもっと久しぶりだったので
その味わいをほとんど忘れてたのも事実(苦笑)

もう少しこう、甘柔らかいのが好きなのでこれからは絶対に2枚抜きにしなくては!(爆)




■食べてみて
P1180876.jpg
さて食べている間もひっきりなしにお客さんが訪れ
あらためてコチラの人気の高さを実感した次第でございます。

このご常連さんがお店の屋台骨をこれからもズーッと支えていってくれるのでしょう。

「ホンマに嬉しいわぁ♬」

という大将の言葉が全てを物語っておりました。これからも頑張って欲しいですね!

【地図】お店の場所はコチラ


※「やっぱ『チャーシュー抜きエコサービス』最高♬〜( ~っ~)/
あらためてそう思ったならこちらをポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『でも増税+値上げ…はかなり痛いよな!!(」゜□゜)」』
激しく同意してもらえるならコチラをポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ


【『四天王 園部 』これまでの飲食跡♬】
その1:1/14 四天王園部
その2:薩摩ラーメン 四天王  2005/9
その3:数ある四天王FCの中でも独自路線を進むお店だね!
その4:コチラのエコシステムは画期的だ!!! (大推奨)
その5:園部の四天王が火事や!
その6:【復活情報!!!】「看板が上がったよ〜♬」 薩摩ラーメン四天王 園部
その7:「間もなく開店です!」

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター