今回はうどんじゃなくて中華そばで〜♬  山為食堂

guestさんがうるさいの…

■山為食堂
@和歌山市福町12
【営業時間】11:00〜17:00
【定休日】日曜日・祝日
【電話】073-422-9113
【駐車場】店前&向かいにあり
【地図】お店の場所はコチラ
P1160613.jpg
はいはい、山為でございま〜す♬
県外の取引先様がどうしても食べたかったらしく
ランチタイムにご案内することにいたしました(笑)



■店内&お品書き
P1160610_20141116075306d02.jpg

「早く山為を食べた〜〜〜〜〜い」

と妖怪人間のような悲痛な叫び声を隣で聞きながら
車を店前駐車場に滑り込ませたのが13時前。

平日だった事もありお客さんでいっぱい!ってことはなく
比較的空いていたのがラッキーでございます。


して、メニューを見る間もなく…
P1160607_201411160753046a0.jpg


「中華そばとご飯を2つ〜♡


というオーダーは私でなく取引先様(爆)
そこまで思いが深いんかよ!!! 思わずツッコんじゃいました。

ただし、この日のメニューですが…
P1110695.jpgP1160608.jpg
前回は裏に書かれていたこだわりの食材達リストですが
白紙になってました…  こだわりが無くなったのかな?




■中華そば&ごはん(850円+100円)
●スープ:山為豚骨オリジナル
●麺:やや太ストレート
●具材料:チャーシュー、蒲鉾、千代巻、ネギ
P1160615.jpg
お客さんが少なくてもそれなりに時間のかかる中華そばが
いつものように配膳されてまいりました♬




■デッドで!
P1160618.jpg

(おぉ〜2回訪問ぶり〜♬(笑))

前回、前々回はカレーうどんをコールし、
(お、お前アホやろ!)
的な視線を一斉に浴びたのがウソのように
普通に落ち着いていただけます(笑)

山為オリジナルな濃度の高いスープは胃袋を満足させるには十分で、
あれだけうるさかった取引先様の口を黙らすにも威力抜群でございます。


そして、太めの麺ですが…
P1160629.jpg
具合のイイ茹で加減で、適度な食感がそのスープを
バッチリと持ち上げてくれるのがたまらない!

(嗚呼、山為は和歌山中華そばの雄やなぁ〜♬)

今更ですがやはり実感させてくれますね。


そして…
一緒に配膳されている白米。
P1160617.jpg

これにお約束のチャーシューをon〜♬



P1160620.jpg

やはりコチラもまた旨い、オリジナル山為チャーシュー丼!
元来、チャーシュー好きじゃない私には
この丼仕様は無くてはならない必須アイテムでございます。
こうすることでチャーシューを持て余す事無く
最後までキチンといただけるのでありました。
これを見て、


「おぉ〜!それエエやんか〜♡」

と、中華そばをオーダーしていた取引先さんが
途中からですがライス大盛りでオーダーしたことを付け加えておきます(笑)




■食べてみて…
P1160611.jpg
さて、この日もそうだったのですが
やはり最近女性オンリー、しかもおひとりで中華そばを食べる方が
多いような気がします。

この日も我々が食べている間に2名の単独女性客が来られて
「中華そば&ライス」をオーダーしてましたからね〜♬
取引先様もまた、「珍しい、珍しい」を連発されており、
その雰囲気、味わい共に大・大・大満足されたご様子。

また会社メンバーに勧めてもらえるそうです。
地味〜な和歌山観光客増員策でございました(爆)

【地図】お店の場所はコチラ


※『カレーうどんもイイけど中華そばが似合うよね〜♪』
この意見に激しく同意してもらえるならポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『確かに最近、女性のお客さんが増えたね〜!!!』
そんなに思ったならこちらも一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m


【『山為食堂』これまでの食跡♬】
その1:山為食堂(ヤマタメショクドウ) 2005/07
その2:2006/3/9 山為食堂
その3:2006/4/13 山為食堂
その4:2007/3/20 山為食堂
その5:山為食堂 辛みそラーメン
その6:2006/5/31 山為食堂
その7:2006/7/26 山為食堂
その8:2006/9/14 山為食堂
その9:12/26 山為→グリーンコーナー→まるやま小松原→○宮→○豊(臨時休業)→正善
その10:2007/3/28 山為食堂
その11:2007/5/11 山為食堂
その12:二軒目 山為食堂 ~和歌山中華そばツアー 2007/6/23 
その13:山為食堂 2007/12/19
その14:山為食堂 2008/3/12
その15:取引先様とプチ中華そばツアーへ♪ その2
その16:山為食堂  2008/8/19
その17:いつもの中華そばに○○を入れると…
その18:めちゃめちゃ待たされました…(ToT)
その19:おふくろの味じゃないが恋しくなるのはナゼ?
その20:16時なのにお客さん多いっす(°□°汗)
その21:城北Pの1時間サービスは800円からにしてもらいたい…(T_T)
その22:うーん…厳しいなぁ...
その23:裏メニュー!? チャーシュー丼(300円)(爆)
その24:単独オーダーはお初でした(笑)
その25:パーキングサービスが…
その26:なにぃ!!! 細麺てか???(?_?)
その27:叔父にねだられて…
その28:細麺と太麺を直接比べてみた!
その28:初めての…うどん♪(アコムCMの音楽でw)
その29:ものすごく悔しさが残ったので…

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター