「Deep night in Wakayama 御坊いこら〜♬・その2」 らぁめん たんぼ

御坊地域在住の麺友のおすすめ

「たんぼ」に大阪よりご一行様ご案〜内〜♬


■らぁめん たんぼ
@和歌山県御坊市財部217-2サランバンてなんとはうす1F
【営業時間】
ヒル営業 11:00〜14:00 /火・水・木18:00〜24:00(金・土は翌2時/日曜は21時迄)
【定休日】月曜日(祝日の場合は火曜日)
【電話】0738-32-8333
【駐車場】店前あり
【地図】お店の場所はコチラ
さてさて、薗にある「まるよし」を後にし向かった先は
本日の本丸であります「たんぼ」へGo〜♬ 
大阪メンバーズの一番楽しみにしていたお店がコチラでございますが…
P1160759_201410260503321c2.jpg

まだ夜の部開店されてないので

「オートマチックシャッター(笑)」

という状態に! 暖簾なしの店内の様子が外からも伺えますが
18時前には店主さんが「早くからありがとうございます♬」と
店内へ招き入れてくれました。こんな小さな心遣いが嬉しいですよね♡




■店内&お品書き
P1160743_20141026050246d4c.jpg
私はオープン当時に続き二度目の訪問♬
店内の開店祝いだったお花は整理されてまして若干広く感じます。
あらためてみてもウッディな店内は非常にモダンで清潔感がありますね!

そんな店内に6名がどやどやと押し寄せテーブル席に陣取ります。
P1160740.jpgP1160741.jpg
先ずはお品書きを、ば。
個人的には前回は「醤油」をチョイスしたので今回は
トップメニューにある「塩」をということで初志貫徹!
前回は提供されていなかった「つけ麺」も登場し
いつものことながら迷ったんですが… やっぱ「塩」でいきます。

で、大阪メンバーは醤油:4で塩:1という構成となりました。




■塩らぁめん(680円)
●スープ:清湯塩+魚介風味
●麺:やや細ストレート
●具材料:チャーシュー、メンマ、白ネギ、糸唐辛子、鰹節、柚子 等
厨房では店主さんがテキパキと動いておられます。
一気に6名分となると大変ですが、この後も他のお客さんが
どんどんと入店されてまして…  店内も一気にヒートUPする様子がわかります。
P1160746.jpg
そんな状況でもしばらしてきちっと着丼いたします♬




■デッドで!
P1160747_20141026050317233.jpg

「全体は黄色に覆われてるじゃないか! (゚Д゚ノ)ノ」

そんなファーストインプレな「塩」
かなりタレが立っていそうな雰囲気がプンプンする黄色加減だったんですが
デッドでスープを目の当たりにするとそれほど黄色は目立ちませんでした。

ひと口含むと、芳醇な魚介とキレある柚子の香りが鼻を突き抜けます。
塩ダレがバチッと決まったスープは醤油と同じで

(やっぱ、和歌山には限りなく無いタイプのラーメンやな…)

という感想が最初に。
そしてさらに口に含むとと滋味深い塩の風味と香味油がアクセントとなり
なんとも言えない淡麗系清湯の味わいがじんわり感じ取れると思います。

「あっさり」という簡単な単語では済まされない奥深さと工夫が現されたもので
店主さんの意気込みを感じずにはいられません♬
P1160750_20141026050317935.jpg
最初からくる鰹の香りがイイ感じですね〜♡



そして麺。
P1160757_201410260503280bc.jpg
やや細タイプの麺ですが若干甘さが変化した印象で
全体的に繊細さが薄れ骨太になったような気がしました。

マッチングはGOOD♬
ただし、スープも麺も存在感はあるのですが
やや塩タレが勝っているのかな? 
麺よりも完全にスープが主役となっており
その主張がすこぶる強い感じですね(笑)
(※後日、麺友から寄せられた情報ですが、この時既に当初の麺から違う製麺所へ変更されていたそうです。)



そしてチャーシューなんですが…
P1160753_20141026050317f0e.jpg
P1160751.jpg
厚さはそれほどでもなかったのですが、
個人的に(少し固いかなぁ…)と感じたのは前回と同様。

でも、ほとんどの方は
(それほど固くないんとちゃうかなぁ…)
と感じる固さか、な。
固いのが苦手なんですよ…私が(苦笑)




■食べてみて…
P1160739.jpg
先ずはお店の営業情報が10月より変更になったようで
このような案内が店先に貼られておりましたのでご報告でございます。

さてさて、総勢6名で御坊の新店に訪問させていただいたわけですが
大阪からの客人の評判は概ね「良好♬」でございました。

ラーメン自体は醤油も塩もレベルの高いものですが、
抜き出た個性は特になく、他府県から訪問させるくらいの
曳きの強さとなるとそうでもないなぁ… という総じての意見でございました。

でも和歌山、しかも御坊地域でこのレベルの麺を食べれるのは嬉しい限り。
食べている間にも家族連れのお客さんがたくさんこられてました♬
このレベル、味わいを維持しつつ地元に根付いたお店になるよう
この日のメンバー一同でお祈り申し上げます。

頑張れ〜♡

【地図】お店の場所はコチラ


※『醤油と塩どちらがオススメ?(笑)』
と思った方はコチラをポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『激戦区の御坊地域ですが頑張れ〜♬』
そんなエールはこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m


【『らぁめん たんぼ 』これまでの飲食跡♬】
その1:【祝・新店オープン】らぁめんたんぼ
その2:「たんぼ」ってなんか聞いた事ある名前やけど… 

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:御坊市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター