「限定情報をTwitterでGET!」土屋商店

ウヒョ〜プロトタイプだぁ〜♬

■土屋商店
@和歌山市栗栖340-2
【営業時間】
(平日/祝日)11:00~14:30・17:30~22:30 ※水曜日昼のみ、土・祝日は夜20:30迄
【定休日】日曜日
【電話】073-472-1211
【駐車場】店前あり
【地図】お店の場所はコチラ
P1160961.jpg
土屋商店のオフィシャルtwitterからこんな情報が流れたなら… やっぱ

「行くべし、行くべし、行くべし!!!(笑)」

つーことで、これまた仕事終了後にお店℡!つけ麺が残っているかを確認すると…

「大丈夫です、全然大丈夫です!」

と力強いお言葉を、ば(笑) では和佐方面へGO〜♬ m(_ _)m



■店内&お品書き
P1160966.jpg
この日は珍しくノーゲスでゆったりとカウンターへ。
そのため普段忙しそうにしているマスターと麺について
お話をすることもできました。

そしてお品書きは厨房内のダクト上に貼られたものを発見!。
品名はシンプルに「つけ麺」とだけ書かれたもので、
それ以上の情報はないのが逆に楽しみにさせてくれます。

大きな声で

「つけ麺ひとつ〜♬」



■限定つけ麺・200g(700円)
●つけダレ:醤油ベースの甘辛酸系
●麺:やや太ストレート
●具材:ブロックチャーシュー、ネギ、ナルト、メンマ、ネギ、など
P1160968.jpg
マスター曰く「麺はプロトタイプ」ということなので
つけ麺全体としては「開発段階」と言ってもいいでしょうかね。
麺茹でにはそこそこ時間がかかりまして配膳されました!







■デッドで…
P1160971.jpg


メチャメチャ熱いじゃなかとですか!!!

オイリー度の高いつけスープは「これでもか!」
というくらいに熱せられており、ちょっとやそっとでは冷めそうにないもの。

「つけ麺ってスープがすぐに冷めるから嫌なんだよね…」

とおっしゃる方には朗報になりそうなものでございます♬


基本的には醤油ベース。酸味がガツンと攻めて参りまして、
その後からじわじわ甘味が押し寄せてくるタイプのもの。
イメージするなら、マスターも言っていた「大勝軒」のつけ麺で
全体的にキリッと締まったものになっておりまして
なかなか完成度は高いと感じます。


そして麺ですが…
P1160974.jpg
P1160981.jpg
先ずは麺のみでいただきました。
やや平打ちのストレートで、加水率は普通からやや多めです。
適度なコシのある噛み心地で粉の味わいも感じられます。


そしてスープにつけていただいてみます♬
P1160986.jpg

やっぱり麺が熱々〜♬

予想通り、熱いスープでコーティングされた麺は
(これって汁麺かっ!!!)と思わされるくらにに熱々です。

そんな麺ですが、最初はつけスープの存在をより感じまして
その後、徐々に麺の味わいと存在が主張されてくるようなもの。
茹で加減は良く、噛んでも弾力跳ね返されます。

マッチングはアベレージ。
というのも個人的な好みを言わせてもらうなら
もう少し麺がスープを持ち上げて欲しいというものですが
プロトタイプということなので
ここからの進化、熟成が楽しみでございます。


そして…
P1160983.jpg
おもむろに登場したコチラの黄金色の油。
魚介油だそうで、食べている途中で好みに合わせて
つけスープに落として魚介風に味変を楽しめるそう。

で、入れてみるとスーッと魚介の風味が広がり
魚粉だと出るざらつきや苦みが解消されなかなか面白い味わいに♬


最後にチャーシューを。
P1160991.jpg
コチラもジンワリと旨いものでございました。




■食べてみて…
P1160965.jpg
この日も20食限定品をいただきました。
完成度は高い品でしたが、まだまだ伸びしろのあるものでしたので
今後の更なる熟成とレギュラーとして登場するのが楽しみな1杯でございます。
やっぱマメに

「Twitterをチェックしとかな!(vT∇T)ノ♬」

あらためてそう思いました!(笑)

【地図】お店の場所はコチラ

※『メチャシンプルな雰囲気ですな〜♬』
そんな印象を持ったならポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

※『よし!Twitterをフォローしよっ♬』
そう思ったらフローを押した後にコチラをポチっとな〜♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

【『土屋商店』これまでの食跡♬】
その1:今度は「鶏」で暴れるのか!
その2:新たなメニューが仲間入り!

その3:最後の未食、まぜそばにトライ!o(^-^)o
その4:れれ?限定のみか!
その5:このパンチ力に魅力を感じるなぁ♪
その6:13面待ちに匹敵する破壊力だ!!!
その7:国士無双の麺がまぜ麺になるという情報をキャッチすると…

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター