TAKOYAKI BAR 翁(おきな) 元祖丸正のたこ焼き

元祖丸正のたこ焼きらしいですが... 覚えてないなぁ(苦笑)



TAKOYAKI BAR (おきな) 元祖丸正のたこ焼き
@和歌山市太田1-13-1 
駅前東ビル 1F
【営業時間】11:00~23:00
【定休日】火曜・第2月曜
【電話】073-473-0556
【駐車場】近くにCP有り
■おきななう
某焼き鳥屋を後にしたのが16時半。たこ焼きで飲みたくなったので向かったのはJR和歌山駅裏へ。頭の中では◯福へお邪魔するつもりだったんですが、ふと思い出したのが「そー言えば、芳文の隣に丸正の何ちゃらっていうたこ焼きやが確か...」という記憶。てなことで一度足を運んでみることに。



■店内&お品書き
「お~♫」なんかたこ焼きやらしからぬ雰囲気やないか~ぃ という第一印象。「BAR」というだけあって黒を基調とした店舗は、ぱっと見、たこ焼き屋ではありません。早速店内へ入ると... 目の前にカウンターがあってテーブル席が数脚。厨房の中に焼き器がありましてその前には持ち帰り窓口が。店舗横から持ち帰りのオーダーが入れることができるようです。メニュー

はいたってシンプルなもの。いろんな味わいのたこ焼きがありますがデフォたこ焼きは10個で400円也。久しぶりにたこ焼きを食べるので今の相場ってわかりませんが... 持っていたイメージでは10個500円だったので個人的には安く感じました(笑)そして生ビールとたこ焼きを1皿オーダーしました。



■大繁盛!!!
折しもこの日はちょうど別のサラリーマングループとバッティングしたために店内は満員御礼札止め状態! テーブル席を占拠したグループのオーダーが先に通っていたので配膳されるまでしばらくかかりました。その間は... 生ビールのみでチビリチビリと(苦笑)厨房内で「焼き」を担当している方(店主さんかな?)もとにかく目の前のオーダー&たこ焼きと格闘されており目が血走ってます。そんな熱気ムンムンの中、こちらはおとなしく配膳を待ちます(笑)

■とろ~り♫
十数分後になりましたが運ばれたたこ焼きがコチラ。























ソースがタップリ、マヨもタップリ タイプで
表面は「カリッと」ではなく「ふわっと」してます。
箸で割った中身は「とろ~っ」としてまして、旨いです♫



10個食べ終わって、まだ大丈夫だったので
もう一皿別の味にもトライしてみようかとも思ったのですが
先のリーマングループの人数が更に増えそうな勢いだったので
この日はこれにて退却しました。

JR和歌山駅から徒歩1分、駅前にあるのでスグにわかります。

仕事帰りにちょいと一杯♫

そんなシチュエーションにピッタリのお店です。

Tag:和歌山市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター