「『紀三井寺はやし』から少し南下したところにある…」 焼肉・ホルモン はやし

ホルモン屋でも

中華そばの看板が見えたらGo〜!!!


■焼肉・ホルモンはやし
@和歌山市毛見1437-100
【営業時間】未確認
【定休日】未確認
【電話】073-445-5005
【駐車場】専用あり
【地図】お店の場所はコチラ
P1160314_20141109075546791.jpg
もうかれこれ前になりますが、R42を走っていると店舗上部に見える
「中華そば」の文字が目に入ってからずーっと気になっていたお店。

「ちゃ〜らら、ちゃ〜らら♬」の宴会シーンから
浴衣のまま風呂につっこまれるテレビ和歌山のCMでお馴染み
「紀三井寺はやし」から南下し毛見トンネルを越えると直ぐに
右折したところにありますコチラ「焼肉・ホルモンはやし」です。

休日出勤の帰り道。海南方面行脚に向かう途中に
(このタイミングを逃すといつ訪問できるか分らん・・・)
ということで立ち寄ってみました。

店前には数台車を止めるスペースがありましたので
そこの車を滑り込ませ扉に手をかけます。
全くノーマークで情報が皆無の店に凸する時の
たまらない瞬間であります(笑)



■店内&お品書き
ガラガラ~♪ と扉を開けた瞬間・・・

(あっ!!! (゚Д゚ノ)ノ)

いきなり目に飛び込んできたのがご飯の上にキムチを乗せて
今にも口に放り込みそうなタイミングのおばあちゃん。
入口の直ぐ右手に座られてまして、ブリリアントな食事中でございました。

この時点で既に身体の2/3を店内に踏み込ませていたので
そのまま身体の向きを変えて外に出るわけにもいかず、

「ち、ちゅうか・・・ 中華そばありますか?」

と勢いで尋ねたところ・・・

「あるよ~」と至極端的な回答が返ってきまして、そのまま

「じゃ、それお願いします・・・」

というオーダーと共に座敷になっている一番奥のコチラに腰を下ろします・・・
P1160319.jpgP1160320_2014110907560912a.jpg
そこにはまさしく「昭和の焼肉屋」という空間が広がってまして、
ちゃぶ台にガスコンロ、それにせんべい座布団という
涙が出るほど懐かしいアイテムによって占領されております(爆)


そんな座敷の上部にはお品書きが貼られてます♪
P1160321.jpg
やはりメインは焼肉・ホルモン!(←当たり前やろwww)

油と煙でイイ感じに色づいたお品書きをもう一度良く見ると・・・
P1160323.jpg
明らかに後から書き足されたっぽい「中華そば550」の文字が躍っておりまして
その時点でようやくオーダーを入れた中華そばの値段が分ったという次第で(苦笑)

おばあさんはと言いますと、あくまでマイペース♪
ゆっくり、ゆっくりと厨房で中華そばを作っておられます。
P1160316.jpg
もちろんお客さんは「0(ゼロ)」ですので時間はたっぷりと。




■中華そば(550円)
●スープ:和歌山トラディショナル豚骨醤油
●麺:やや細ストレート
●具材料:チャーシュー、メンマ、ナルト

(急きも慌てもせず待たせていただきますから
ゆっくりとこさえてくださいよ~♪)


と内心でつぶやきながら配膳を待つこと10分少々、
P1160324.jpg

「おまちどうさ~ん」 

とコチラが目の前に着丼いたしました。



■デッドで!
P1160328.jpg

「おおっ!!!

なんか初めての味わい(゚Д゚ノ)ノ」


獣系がそれほど強くないスープは和歌山トラディショナルとは一線を画すもの。
甘みがほんのりとありまして「スープ>元ダレ」といった印象で
完全に「はやしオリジナル」と言えるものでございます。


麺は中太ストレートタイプ。
P1160333.jpg
全体的に白く麺自身の主張はそれほど強くありません。
ただしスープとのマッチングはgood♪ 

優しいスープを優しい麺が持ち上げるというコンビネーション。
アニマルとホークの兄弟愛とも言うべき見事な連係プレイです(笑)


そして何よりも個性的なのが具材料。
P1160329_2014111006483315c.jpg
かまぼこ、メンマ、ここまでは普通なんですが・・・


チャーシューっていうか何ていうか・・・

豚の燻製を薄切りしてスープに浸した感じのものや、
P1160338.jpg
P1160330_2014111006483312d.jpg
ハムのギフトセットに入っていそうな焼豚のカットした感じのものが
トッピングされておりました。

これらはこれでらでバリエーションを楽しむのが
本筋だと思いますが・・・  どうでしょうか?(笑)




■食べてみて…
P1160339.jpg
ここ半年の間にこちらと良く似た感覚にとらわれた経験を思い出したのがコチラの訪問時。 
ご年配のおばあさんが今も元気にお店を切り盛りされているという共通点ですが
こんなお年になっても働く意欲があるって事が素晴らしいな~♪

今回、中華そばをいただいたわけですがやはりお店のメインは
「焼肉であり、ホルモン」だとおもわれますので、次の機会には
是非ともトライしてみたいなぁ~♪ って思いつつお店を後にしました・・・


【地図】お店の場所はコチラ


※『でたっおババ系老舗!!!(爆)』
と感じたならコチラをポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『次回は是非ホルモンレビューを希望♬(笑)!!!』
そんな要望はこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター