「国士無双の麺がまぜ麺になるという情報をキャッチすると…」土屋商店

美しい太麺を〜♬

汁のない喜びを〜♬

このタレのトキメキを〜♬

あ〜な〜た〜にぃぃぃぃい〜♬


■土屋商店
@和歌山市栗栖340-2
【営業時間】
(平日/祝日)11:00~14:30・17:30~22:30 ※水曜日昼のみ、土・祝日は夜20:30迄
【定休日】日曜日
【電話】073-472-1211
【駐車場】店前あり
【地図】お店の場所はコチラ
P1150952.jpg
P1150954.jpg
国士無双の麺が非常に印象的だった前回。
そんな中、土屋商店のオフィシャルtwitterからこんな情報を出されたなら… 当然

「行くしかないでしょう!(笑)」

つーことで、仕事終了後にお店℡!限定麺が残っているかを確認すると…

「まだ大丈夫ですよ〜!」

との事。ソッコー訪問でございますm(_ _)m




■店内&お品書き
P1150951.jpg
カウンターに座りお品書きを確認!
そこには「国士無双麺使用限定まぜそば」の文字はナシ。
おそらくtwitter限定なのでしょう。スタッフさんに恐る恐る
限定麺をお願いすると…

「お電話をいただいた方ですね〜♬」

ということでオーダーが通りました。



■限定まぜめん200g(国士無双麺バージョン)(650円)
●元ダレ:醤油ダレ&オイリータレ
●麺:極太もちもち系
●具材:カットチャーシュー、生卵、メンマ、ネギ(青、白)、ナルト など
コチラのまぜそばは概食済みで、そのパンチ力はご承知の通り♬
普通麺でもパンチがあるのに極太の国士無双麺があわさると考えるだけで
もうたまりませんわな。そんなワクワク感で待っていると着丼いたしました!
P1150955.jpg




■デッドで…
混ぜ合わせるのがもったいないくらい整ったビジュアルはどこのお店でも同じ事。
綺麗に具材量達が鎮座しております。
P1150960.jpgP1150961.jpg
P1150963.jpgP1150962.jpg
その瞬間は「まぜそば」ならではのドキドキする瞬間です(笑)


そんなことを考えながら「エイっ!」ってかき混ぜ始めると…
P1150966.jpg
具材の下からは極太麺がこんにちは〜♬
と顔を見せ始めまして…



さらに気合いを入れて混ぜすすめてと…
P1150968.jpg
そして麺を鉢底から引っ張り上げ、
そして元タレとガンガン混ぜ合わせますと
タレの黒さが麺に移っていきまして醤油のいい香りが
漂ってきましたよ〜♬


そして更に更に混ぜ合わせると
P1150971.jpg
『松崎しげる』
のように色づいてまいります(爆)



そんな麺を引っ張り上げると
P1150975.jpg

「中指を立ててますや〜ん(爆)」

このガシガシ感がまぜそばに合う、合う(笑)
この太さ、この弾力、この噛み応え、そしてタレのパンチ!
これらが三位一体、波状となって攻撃してまいります♬

汁麺でもその存在感が際立っていた国士麺ですが、
想像通り今回のまぜそばでもその実力を遺憾なく発揮されとります。



しばらくは無言で麺と格闘をいたします。
この後は〆飯をいただく段取りとなっておりますので私は具材を3/5くらい残します。
この具材量があるのと無いのでは大違いでございます。(↑:ここがポイントね)

そして麺が最後の二口、三口になったところでスタッフさんに
「白ごはん少ないめ」(←:ここもポイントね)
をお願いいたしますと…
P1150981.jpg



そして麺をやっつけた後の鉢に…
P1150985.jpg




ダ〜〜イブ!!!
P1150989.jpg



そして混ぜ合わせて…
P1150990.jpgP1150992.jpg



いただきます〜♬
P1160001.jpg
うんうん、この濃い元ダレと白ご飯のマッチングが頗るイイ感じ♬
麺をたっぷりと楽しんだ後に、白飯もたっぷりと。
飯の量を少なくしているのでタレが少ないということもないし
何と言っても…


「とにかくご飯と


合うんです!(キッパリ!)



麺と飯、バッチリ二度美味しさを堪能いたしました♬



■食べてみて…
P1160004.jpg
いやぁ〜♬ 結局はこの国士麺にまたまた魅せられたこの日。
極太麺とご飯の楽しませていただきまして

「完スペ!(vT∇T)ノ

でございました〜♬」


想像以上によかったこのまぜめんでの提供。
今後も限定情報には耳を傾けておかなければなりませんよぉぉぉぉ(笑)

【地図】お店の場所はコチラ

※『まぜ麺との相性良さそうでんがな〜♬』
そんな印象を持ったならポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

※『そうか!松崎しげるほど黒いんか!(爆)』
「それメチャメチャ黒いやん!」というツッコミはコチラをポチっとな〜♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

【『土屋商店』これまでの食跡♬】
その1:今度は「鶏」で暴れるのか!
その2:新たなメニューが仲間入り!

その3:最後の未食、まぜそばにトライ!o(^-^)o
その4:れれ?限定のみか!
その5:このパンチ力に魅力を感じるなぁ♪
その6:13面待ちに匹敵する破壊力だ!!!

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター