「三度目の正直でやっと出会えました♬」らーめん♥まぜそば 縁(えにし)

やっぱカメラ無いのは辛い…

■ラーメン♥まぜそば 縁(えにし)  
@神戸市灘区岩屋北町5丁目2-32
【営業時間】11:30〜14:00/18:00〜21:00
【定休日】水曜日、木曜日昼
【電話】070-5262-3677
【駐車場】専用あり
【地図】お店の場所はコチラ
IMG_0355.jpg
尼崎で旨い(会長すんませんw)塩を食べた後はこれまた話題の新店舗である
コチラのお店へとやってまいりました。

実はこちら個人的には長い間フラレテきまして三度目の正直という事実。
1回目は京都は伏見でフラレ・・・
2回目は兵庫県は淡路島でフラレ・・・
その正体は・・・あの行列でお馴染みのお店「はなふく」でございます♪

3回目の訪問となった場所は神戸市は灘区、岩屋駅のほん近く、
見覚えある伏見時代の看板と共に見事に復活されました!!

阪神&JRのどちらからも同じような距離でどちらも同じような距離、
そして近くにはコインパーキングが比較的たくさんあります。
IMG_0356.jpg
そんなお店の外観は「おしゃれ」というより可愛い♪系。
その看板だったり、入口の戸につけられたプチ暖簾だったり(笑)

入口の横にはこれまた大きなお品書がありまして
IMG_0351.jpgIMG_0348.jpg
これを見ながらオーダー品を決めて店内へ!



■店内&お品書き
IMG_0358.jpg
店内はやや暗めの照明で、カウンター席にテーブル1卓のレイアウトになってます。
我々が座ったカウンターの後部は製麺室が設置されておりました。
席と席の間隔が広く、カウンターのテーブルは奥行きもありますね♪
またトイレも新しく清潔感に包まれておりました。


一番のお店の特徴と言えば・・・
IMG_0357.jpg

昼と夜ではメニューが異なる点ですかね。
昼は汁麺、夜はまぜ麺と、二面性を持っておりまする。
ただ、たま~にって言うか不定期に「限定ラーメン」を出されているようで
お店のTwitter (@enishige)なんぞで確認されるとよかよか~♪

そんなメニューの中から濃厚そうなキツ~い一杯をオーダーすることにしました。



■鶏濃厚ラーメン(900円)
●スープ:鶏のすり身つぶし風濃厚系
●麺:やや平打ちストレート
●具材料:チャーシュー、タマネギ、ネギ
IMG_0360.jpg
ゆったりと時間が流れる中で、男前の店主さんが
手際よくラーメンをこしらえていかれてます。
その動きは決してスローじゃないですが特にあわてた様子も無く
すご~く安心して見ている事ができ、そんな中での着丼でございます。



■デッドで!
IMG_0364.jpg



「お〜〜!!!見た目で

濃厚MAX(゚Д゚ノ)ノ」



飲んでみるととて良く感じる「ドロドロ」な食感。
鶏肉をそのまますり潰してスープにしたようなザラザラ? ざくざく? 
そんな食べ心地が面白く、印象深いものでございます♪

味わいは塩分が若干多く感じ、そして醤油タレのエッジも感じます。
濃厚なんですが、コクどころか「濃醇」と表現させていただきました(笑)

そして食べ進むにつれ、より強く感じるのが「丁寧さ」で、
質実剛健ながらひとつひとつゆっくりと積み上げながら
作られているような印象すら受けました。

具材もチャーシュー、刻み玉ねぎにねぎと非常にシンプルですが力強さを感じます。
新鮮で冷たい玉ねぎはスープに浸しておくと
ほどよく温かく、柔らかく、そして甘くなるんです♪


麺は平打ちの自家製麺!
IMG_0367.jpg

兵庫県産の小麦が使われているようでスープとのマッチングは最高で
そのスープがベットリと麺に絡みついております。
もちもちなのにチュルルンとした食感と舌触りで
ホント、スープとの絡みがハンパないんです!

チャーシューは持ち上げると箸で崩れるほど柔らかく
少し甘みのある味わいがスープと対照的な顔を見せましてたまりません。

大きめのネギと玉ねぎの苦みがアクセントとなるし
シャキシャキとした食感と鮮度が素晴らしかったです♪



■食べてみて…
IMG_0370.jpg
さて、今回のラーメンのタイプは、最初がMAXで徐々に風味が落ちていくタイプだと実感。
全体的に見てもスープはやや塩分高めなので、もう少し甘味が欲しいなぁ~って
いう個人的感想でございました。

しかしまぁ、ここまでドロドロスープなのに飲んだ後はしつこくないのが面白く、
そしてどこよりも分厚い濃厚さは深く心に刻み込まれました。
癖になりますし無化学調味料でこの濃度とは恐れ入りました。

無骨に丁寧につくられた味わいは気持ちが伝わります。
お店を出てまた直ぐに食べたくなりましたので再訪確定でございます(笑)

ふと思ったんですが・・・  ご飯入れたらどうやろか? 旨いかな・・・


【地図】お店の場所はコチラ


※『確かにスープペトペトやーん!!!(爆)』
と感じたならコチラをポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『三度フラレテもまだ追いかけるか~(笑)』
そうせんと旨い麺にありつけまへんで~という方はコチラを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:灘区 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
07 | 2017/03 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター