【夏季限定:汁なし担々麺】和 dining 清乃

汁なし初登場じゃ!(≧ε≦)ゞ

■和 dining 清乃
@有田市野696
【営業時間】
11:00~14:00
17:00~22:00
【定休日】火曜日
【電話】0737-83-4447
【駐車場】専用アリ
■せーのなう
さて、一杯目のブラッシュアップされた豚盛黒醤油つけ麺の後は夏期限定の『汁なし担々麺』をいただきます。最近ではこの『汁なし』カテゴリーもメジャーになりつつありますよね~♪(^w^) でもこの『汁なし麺』、中々にくせ者でコンセプトが明確になってないと表現が難しいカテゴリーじゃないんですかね~と個人的に思います。


■汁なし坦々麺(780円)
●スープ
ラー油、山椒、唐辛子のハーモニー系
●麺
有田ブラックと同様
●具材料
ミンチ、白葱、ナッツ、メンマ四川唐辛子、玉ネギ
■この日の感想
メジャーになりつつあるとは言え和歌山県内ではほとんどと言っていいほどキッチリとした汁なし麺は食べれない現実。そこでマスターがどんな料理を提供してくれるか!? 非常に楽しみでございます!ワクワクしながら配膳を待ちました♪

■デッドで!
見た目に派手でボリューミーなビジュアル。
そんな麺を無理矢理舌を伸ばしてデッドで飲んでみたところ…

『めちゃくちゃ辛いやんか~(>_<)』






担々麺ということである程度は想像してたんですが、
それを遥かに超える辛さに怯んでしまいます(マジっす…(;_;))

個人的には普通に辛さは大丈夫!と思ってたんですが、
それは独りよがりと気付くにはそれほど時間はかかりません。
とにかく辛いんですもの~~(ToT) 食べ始めてスグに滝汗が滴り落ち、
(※これには絶対に手を出せん!)
とガマンしていたお水ですが敢えなく陥落…f^_^; 
こうなると1、2口食べては水、1、2口食べては水、と
「水飲みスパイラル」に陥ってしまいまして食べ終わる最後まで続きます...




途中、トッピングのミンチとナッツで中和するも、
とにかく水を飲んでしまったのが敗因。
微妙な味わいがわからないまま麺を食べ切る結果となりました。うーん残念!!...orz 

幸いにもナッツ君達が私の口の中の辛さを中和してくれる役目を担ってくれました。

「た、助かったよ…」m(_ _)m



■〆飯サプライズ♪
麺を食べ終わった時点で豆腐が載った〆飯が運ばれました。ただの白飯が運ばれてくるって思ってたのでこれは嬉しいサプライズ♪ ナッツとミンチが残ったスープに豆腐飯を入れて混ぜ合わせていただきました。しかーし!!! ここで予想もしなかった事が。辛さを中和してくれていたナッツ君達ですがそのままの固さがご飯の食感にはマッチしなかったんですよ。頭はご飯の柔らかさをイメージしてるのに実際はそれを凌駕する硬さが…(°□°;) ナッツが擂られ
た粉末の状態の方が食べやすい気がしましたのでマスター、いちどご考慮のほどを(笑)しかし


ながら辛いのがへっちゃらな皆様には非常に魅力あるパンチある汁なし麺となっていると思いますので夏限定が終わるまでに是非ともお試しあれ♪ (※ご飯 in 画像がお見苦しい点、お許しくださいませm(_ _)m



※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:有田市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター