「せっかく会席を食べたのに〆にアロチへ(笑)」 本家アロチ丸高

会席をいただいた後でも

〆はやぱり中華だった(笑)


■本家アロチ○高
@和歌山市友田町2-50
【営業時間】17:30〜翌3:00
【定休日】日曜日
【電話】073-432-3313
【駐車場】近くにCPあり
【地図】お店の場所はコチラ
P1120769.jpg
P1120768.jpg
会食では紳士らしく振る舞っていた親戚筋のおじさま連中。
その後は久しぶりに会ったメンツでアロチへgo〜♪
昔話に花が咲き、最後の〆はやはりコチラでございます(笑)



■店内&お品書き
P1120774.jpg
たらふく飲み食いしているのにキンキンのビールは
ここが一番なんじゃないだろうか!

そして毎度の事の繰り返しだが…
これまでしこたま飲んでるにもかかわらず
座るとビールと餃子を頼んでしまうのは仕方なし(爆) 

ここでも身内昔話の延長戦♪
そうこうしているうちにオーダー品の餃子と中華そばがドドンと♪



■焼き餃子
P1120777.jpg

「なんか、今日の餃子…よう焼けてないかい?(笑)」

ひとつだけ天使の羽がついているこの餃子♪
和食の後のパンチはメチャメチャありまして
やっぱ丸高では外せないひとしなですね!!!

たらふく飲み食いしてきてますが全く箸が止まりません!(爆)




■中華そば(600円)
●スープ:老舗和歌山豚骨醤油
●麺:やや細ストレート
●具材料:チャーシュー、千代巻、メンマ、ネギ
P1120779.jpg
私の場合は中華は別腹なので新たな気持ちと胃袋で
このトラディショナルタイプと対峙いたします。m(_ _)m



■デッドで!
P1120782.jpg
このところの丸高訪問は中々にインターバルが短うございますが
しかしながらトラッドは飽きのこないシンプルさが売りでございます♪

そして、それが短くなるとその変化も比較的敏感に感じとれるもの。
スープ色を見てもそうでしたが、デッドで飲んでも

(前回よりはその乳化度は若干弱いかなぁ…)

という微妙な変化は感じ取れました。
でもそれはほんの少しの違いなので全体としての旨さはかわりません♪
豚骨と醤油のバランスなんかは申し分のないところでしょう。


麺はやや細ストレート。
P1120788.jpg
茹で加減については問題なし!
相変わらずのバランスの良さで、スルスルと胃袋に納まるとともに
そのスープとの絡みも十分なもの♪


チャーシュー、千代巻きもまたしかり
P1120784.jpg
これがビールのちょっとしたおつまみになるのは
今に始まったことじゃないですが私の中ではお約束です(笑)



■食べてみて…
P1120783.jpg
やっぱ宴会の後は〆で中華は身内の中でも当たり前だと
いうのがわかった事が本日の収穫じゃないでしょうか♪
叔父、叔母も久々のアロチの夜を満喫したようです。
私がいつもより多めの「デフォ in 胡椒」で満足したように。

「お前、いっつもいっつもこんな旨い中華
食うてたらバチ当たるろ〜(笑)」


そんな叔父の言葉が印象に残るとともに
そんな言葉でこの日はおひらきとなりました。

身内会、楽しかったよ〜〜(○´∀`)ノ゙♡♡♡

【地図】お店の場所はコチラ


※『叔父さんはこの日から中華を食べ歩いてるらしい(爆)』
「よっぽど旨かったんやろかぇ〜」と思ったならポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『なんか最近、デフォ胡椒が多くないかい???』
そんな印象を受けたならこちらも一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ


【『アロチ本家 ○高 中華そば 』これまでの飲食跡♬】
その1:○高アロチ(マルタカアロチ) 訪問日2005/07
その2:2006/9/2 ○高アロチ
その3:2006/9/29 ○高アロチ 紀州路物産展
その4:○高アロチ店 2008/2/22
その5:アロチ界隈も不景気なんです・・・(泣)
その6:「なまものにつき要冷蔵」ですよ~(=゜-゜)(=。_。)
その7:店主さんの渾身の1杯はコレだ!!!
その8:毎日の朝食が中華そばでもへっちゃらです(爆)
その9:キンキンに冷えたビールで乾杯♪
その10:サイドメニューも主役級で御座います…m(_ _)m
その11:今年もやってきました~(⌒~⌒)
その12:今年のデッドは南南東~♪
その13:退職後のひとり旅の途中で
その14:久しぶりに日付変更線を越えてもた…(笑)
その15:アロチも20時だと違った顔を見せますな(笑)
その16:ひとり呑みの酔っぱらいラプソディー(笑)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター