「開店から4ヶ月経ちました…」 中華そば ○大(まるだい)

おお〜〜つ!!!o(^-^)o

■中華そば ○大(まるだい)
@和歌山市西浜3-7-58
【営業時間】11:00〜15:00/17:00〜21:00
【定休日】水曜日
【電話】073-447-3100
【駐車場】専用あり
【地図】お店の場所はコチラ
P1150412.jpg

仕事で水軒口へ。
ちょうどランチタイムだったので和工の隣、大浦街道沿いにあります
コチラへ立ち寄らせていただきました♪

駐車場へのアプローチが容易く、ノンストレスなのがいいですね〜!!!
すでに3台の車が駐車されておりました。



■店内&お品書き
P1150418.jpg
店内は相変わらず広く明るいですよね。
テーブル席がメインでかなりの収容能力を誇っております♪
そしてこんな小上がりもありますので
「絶対に座敷がイイ!」という座敷派にも対応しております。

お品書きはコチラ。

オープン当時から比較すると新たな飯メニューが増えておりました♪ 
P1150416.jpgP1150417.jpg
高菜ごはん、自家製チャーシュー炊き込みまぜごはんが
共に200円で新提供されておりましたのでデフォの中華と
まぜごはんをオーダーいたします♪



■中華そば(600円)
●スープ:和歌山トラディショナル豚骨醤油
●麺:やや細ストレート
●具材料:チャーシュー、メンマ、ナルト
P1150422.jpg
サラリーマンのグループが2組。
みんな慌ただしそうに中華そばをすすっておりました。
(やっぱ、昼は忙しいよなぁ…)
共感しながら待っていると最初にまぜごはん。
それなりに混んでいたけれどスグに中華そばが到着いたしました♪



■デッドで!
P1150425.jpg


「おおっ!!!(゚Д゚ノ)ノ」


何じゃコレ! 明らかにオープン当初のスープとは違うじゃないか!!!
その濁ったスープはトラディショナルな和歌山中華のまさにソレ。
しばらく放置しておくと、コラーゲン膜も張ってくるくらいの濃度であります♪

ちなみに前回スープと比較してみると…

■前回
P1100969_20140830065644613.jpg



■そして今回…
P1150428.jpg
透明度、色合い、チャーシュー、全てにおいてその違いがわかりますよね=3

そんな違いを噛み締めながらあらためてデッドで!

黄土色をしたスープは豚骨濃厚系(井出系)で車庫前ではない方のもの。
店内には例の豚骨臭はまったく漂ってないので事前の心構えは全くなし。
ところがいざ中華が配膳されると思わず唸ってしまったのが今回のパターン(笑)

そんなスープに驚かされるのは意外なほどのコクと飲み口。
少なくともココまでの濃度は期待も想像もしていなかったので
ひと口飲むとそのまま5口くらい飲んでしまったのが正直なところ。

クセはないのだが、飲むと鼻腔の奥にはしっかりと豚骨の香りが
まとわりつき、そのまますんなりと胃袋に収まりまして旨い!!!

(こ、これは凄まじい進化やな…)

「いい意味での期待ハズレ!」とはまさにこの事でございます(笑)


そして麺!
P1150435.jpg
これを見てもわかりますがスープが麺に絡まっているでしょ♪

茹で加減は若干芯が残る抜群さで、さらにスープとのマッチングが素晴らしい。
久しぶりに正統派和歌山トラディショナルな中華そばを食べれて
感動を通り越して「興奮!」しちゃいました(笑)
なんか手放しの喜びようですが、それが大袈裟でないくらいに
今日のコンディションと出来映え、進化が素晴らしく感じたんですよ〜ヾ(*○´∀`○*)


そしてチャーシュー。
P1150431.jpg
前回より薄く大きくカットされていましたが
味わい自体はスゴくオーソドックスで旨い♪
コチラは適度な臭いはあるものの「これじゃないとアカン!」というレベル。
とにかく薄いのは個人的には大好きなのでまったく問題なしでした。

次はそんなチャーシューを使った新メニューにトライです。



■自家製チャーシューまぜごはん(200円)
P1150421.jpg
チャーシューが旨いので実は期待していた「まぜごはん♪」なんですが…

ビジュアル的には全然OKな登場でありました。ただし、
全体的に「ぱさぱさ」しておりまして… でも混ぜご飯だから仕方ないかなぁ。

味わいもアベレージなのです一番残念なのは
チャーシューの旨さが活かされてないところ。
P1150444.jpg
個人的には白ご飯の上に単純にカットあるいはスライスしたチャーシューを
そのまま載せて食べるような「丼」の方がいいなぁ…(苦笑)



■食べてみて…
P1150440.jpg
混ぜご飯を食べながらスープを飲み干してみると
鉢底には骨粉がご覧の通りに残ります。

これを見るとスープの出来映えの素晴らしさに納得♪
「しかし開店から数ヶ月感でこの進化はなんなんだろう!」と
本当に驚かされました。

最近は新しいジャンル・タイプのニューカマーが
和歌山中華そばシーンを牽引してきていますが
こんな正統派トラディショナル系が頑張ってくれると
もっともっと中華そばが充実してくると思われます。

「デッド飲み推進会」訪問必須店舗に認定させていただきました♪

会長、そして関係者の皆様
近々の訪和をお待ちしております(強制爆) m(_ _)m


【地図】お店の場所はコチラ


※『確かにスープ違いすぎ!!!(爆)』
と感じたならコチラをポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『しかしトラディショナル中華で勝負してくれるって
嬉しいね!!!』

そんなエールはこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m


【『中華そば ○大(まるだい) 』これまでの飲食跡♬】
その1:祝、新店オープンo(^-^)o

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター