「あれから6年も経ったのか…」 中華そば まる龍

相変わらず全体が黄色のお店は目立っております(笑)

■お好み焼き 中華そば まる龍
@和歌山市栄谷471
【営業時間】11:00〜23:00
【定休日】月曜日(祝日の場合は翌日)
【電話】073-453-9300
【駐車場】近くにCPあり
【地図】お店の場所はコチラ
P1150409.jpg
P1150410.jpg
前を通ると絶対に目に飛び込んでくるコチラ。
全体が黄色で塗られた店舗外観と赤字で○に龍と書かれた
看板はひときわ目立っておりますからね。



■店内&お品書き
P1150391.jpgP1150392.jpg
広くて綺麗にされている店内は相変わらず。
看板に「お好み焼き」と書かれているので
焼き器付きのテーブルがメインで並んでおります。

お品書きも以前よりはシンプルなものに変更されてまして
こんな感じ♪
P1150393.jpg
P1150394.jpg
デフォ以外のものにトライしてみようかとも思いましたが
久しぶりだったので確認の意味でデフォをチョイスします。



■中華そば(550円)
●スープ:豚骨メインの醤油
●麺:細ストレート
●具材料:チャーシュー、メンマ、ネギ
P1150396.jpg
オーダー後ですが厨房からは豚骨の香りが「プ〜ン」と漂ってきます。
(おっ♡)と思わせてくれるものでございました。
しばらくして着丼いたしました。



■デッドで!
P1150397.jpg

(おぉ… かなり甘いなぁ…)

というファーストインプレ。
とにかく真っ先に感じたのがスープの甘みで、
(この甘み由来は何なのか?)
豚骨ではないし、野菜にしてもチト違うし…
いまいちわかりませんでした。

そうそう、厨房から流れてきた豚骨の香りも
中華そばからはそれほど感じなかったのも事実で、
スープ自身は粘度はまったく無く、サラッとしたタイプ。
味わいも至ってアベレージなものでございます。



麺は細ストレート!
P1150403.jpg
コチラもアベレージなやや黄色がかったストレートなタイプ♪
麺の主張はなく「どこにでもいる生徒」的な存在感です。
スープとのマッチングは…  
(もうちょいとスープに絡んで欲しいなぁ…)
という個人的希望ですね。



で、特徴的なのが具材達!
P1150401.jpgP1150400.jpgP1150398.jpg
チャーシュー、ネギ、メンマの全てに「炙り痕」っていうか
「焦げ目」がついているのが以前から続くコチラのオリジナル。

ただ、その効果の程はわかりませんがもしアクセントやインパクトを
狙うなら、背脂、香味油、あるいは焦しネギ&焦しオニオン系なんかを
入れる方が劇的な変化が生まれて面白いかもしれません。


そして一番存在感があったのがチャーシュー!!!
和歌山ではかなり珍しい長いタイプのものだったんですが
持ち上げると…
P1150408.jpg
持つとホロホロ崩れるくらいに柔らかく、
チャーシューの味わいも個人的にはストライクゾーンで
ございました。純粋に

(あ、これで焼豚丼をオーダーしたら良かった…)

と思ったんですが、過去レビューを見ると
前回、思いっきりオーダーしており、
そのトッピングに苦しむ姿が…(苦笑)

でも、チャーシュー自体はメチャメチャ旨かったですよ♪



■食べてみて…
P1150395.jpgP1150411.jpg
創成期(たこ焼きチューチュー)の頃から比べると
中華そばはかなり変化したしたものの
粉もん+中華そばの構成はこれまでとは変わらず、
ズーット頑張っておられるご様子。

そして何よりも価格が「550円」というCPは素晴らしいと思います。
現在、和歌山市内でこの価格で提供されているお店はほとんどないですから
出来る限り頑張ってもらいたいなぁ〜って思います♪

場所的には車でしか来れないのが残念なんですが
そうでなければ是非とも看板メニューの「お好み焼き」で
ビールをグイッと飲んでみたいと思いますね!!!

【地図】お店の場所はコチラ


※『今時550円で提供されてるのは素晴らしいと思う!』
ホンマ、ホンマ!と思ったならポチっとな〜♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『あの頃(たこチュー)に食べた中華そばって
アグレッシブやったよなぁ…』

食べた事ある方、食べたいと思った方、どちらもコチラをポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ


【『○龍(前身:たこ焼きチューチュー) 』これまでの飲食跡♬】
その1:2006/4/27 たこ焼きチューチュー
その2:2006/5/5 たこ焼きチューチュー
その3:2006/5/22 たこ焼きチューチュー
その4:2006/5/28 たこ焼きチューチュー
その5:2006/7/5 たこ焼きチューチュー
その6:2006/8/14 たこ焼きチューチュー
その7:2006/10/15 たこ焼きチューチュー
その8:せっかくたこ焼きを楽しみにしてたのに・・・(T_T)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター