「こまちゃん… 代打の日だった…(泣)」 風の森

時間調整にて訪問したが…

■天満 風の森
@大阪市北区天神橋4-2-19
【営業時間】17:00頃~23:00 頃
【定休日】不定休
【営業時間】17:00頃~23:00(不定休)
【電話】06-6356-3400
【地図】お店の場所はコチラ
P1150159_2014082608071817f.jpg
ロッダを後にした私は鶴見緑地線と堺筋線を乗り継ぎまして天満へ♪
最後の〆でサクッとこまちゃんへ訪問しましたが…

代打の日やん…orz

知り合いの方が代打で営業開始されようとしてましたので
仕方なく帰路につくことに…(昼間に散々飲み倒してきたので)

JR天満駅では和歌山までの直通快速の時間待ちが30分ほどあったので
フラフラと以前訪問したけど閉まっていたコチラに足を向けたところ…

「お、営業中や〜ん♪」

時間調整のために1杯飲む事しました。

カウンター席にはカップルがひと組。
そしてマスターもそこに座って一緒に酒を飲んでます。

若干のアウェー感に包まれながら

「お店の写真を撮らせてもらってもエエですか?」

と尋ねたんですが…

「いきなり、写真かいなぁ〜 先ずは飲んでからやろ〜」

とマスターがいきなり冷蔵庫から一升瓶を取り出して1杯ついできました(驚)




■店内&お品書き
ところが、その1杯が全てのスタート。
そこからマスターのお酒に対する情熱と愛情と情報が
ドバドバとセールストークとなって溢れ出します(笑)

(ここからまさにマスターの独壇場だったので要約すると…)

・置いている酒は奈良県御所市にある油長酒造「風の森」のみ。
・すべてが生酒でありまして、加水、アルコール添加も不可で無濾過。
・お米も山田錦のほかにも、飯米の秋津穂や酒造好適米の露葉風など個性的。
・肴よりとにかく風の森を飲め♪

というかなり個性、押しの強いところが随所に。

お酒自体は300年近い歴史のある蔵で質はメチャ高いのでなるほど美味しい♪
そしてマスターにおまかせでチョイスしてもらったのが…

風の森 純米  秋津穂
風の森 純米  雄町
風の森 純米吟醸  山田錦
風の森 純米大吟醸 キヌヒカリ

とこの4杯。
どれもこれも味わい深い清酒で、ものすごく旨口でありました。
元来、お酒を楽しむ店なのでシンプルな物しか置いてないですが
マスターの勢いに圧倒されて画像を撮るどころか肴も注文せず!(爆)

風の森の仕込み水を使ったチェイサーといっしょに
マスター&カウンターに座っていたカップル(ご夫婦でした)
と旧知の友のごとく清酒について語りながら楽しいお酒を飲めました。

気になる味わいですが、マスター曰く一番人気が高いのが
秋津穂(アキツホ)とのこと。
柔らかいほのかな甘みと新鮮な米の旨味がマッチしたお酒だったのですが
個人的には「雄町純米酒」のバランスと発砲感が一番印象的でした♪



■飲んでみて…
P1150157_20140826080716eae.jpg
とにかくマスターの押しが強く個性的です♪
知り合いでなくともその場に居合わせたなら誰もがフレンドリーに
なれると思います。

そして4杯飲んでも約1,200円とリーズナブルに♪
ただ、つまみはほとんど無いので空腹時や1軒目には
絶対にオススメできません。悪酔いする可能性がありますよ(笑)

30分で帰るところが1時間になっちゃいましたが
楽しく日本酒をいただけました。 ごちそうさまでした〜m(_ _)m

【地図】お店の場所はコチラ


※『風の森って旨いよなぁ〜!』
と思った方はポチっとな〜♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ


※『風の森って飲んだことないので飲みたい〜♪』
そんな方もコチラをポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

テーマ : 居酒屋巡り
ジャンル : グルメ

Tag:北区 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター