開店から約2年… あれからどうなっているのでしょうか? 「ラーメンたかとら」

開店してから2度目の訪問で変化を検証してみよう♪

■ラーメンたかとら
@和歌山市狐島379-11
【営業時間】(月〜金)11:30~14:00、土日祝は15:00/17:00~翌1:00
【定休日】木曜日
【電話】070-6926-0853
【駐車場】ナシ
【地図】お店の場所はコチラ
P1140814.jpg
オープン当初訪問してから2度目の訪問となりましたコチラ。
駐車場が無いという厳しい条件ですが、
比較的固定客がついているような印象を受けました。
帰社途中の訪問でしたがおきゃくさんもそこそこいらっしゃいました。



■お品書き&店内
P1140818.jpgP1140819.jpg
テーブル席とカウンター席×2ゾーンで、かなり広い店内。
そんな中、奥にあるカウンター席2へ陣取ります。
というのも、こちらのカウンターは酒場的カウンターになってまして
目の前には多量のグラスと缶詰がうずたかく積み上げられ
お酒のオーダーを今か今かと待っているような雰囲気!(笑)

車なので飲めないですがそうでなければ間違いなく
一杯飲んでいたと思われます♪

で、お品書きもまたしかり。
P1140816.jpgP1140817.jpg
手作り感満載のかわいいお品書きには麺メニューとお酒メニューが♪
麺メニューの中では「麻婆ラーメン」というものに惹かれましたが
あいにくのメニュー落ち…
よってデフォのラーメンをオーダー!
しばらくしてデフォの上にある「カララーメン」なるものに
気がつきましたが後の祭りでございます… まっ、エエか(笑)




■ラーメン(580円)
●スープ:ライト豚骨
●麺:やや細ストレート
●具材料:チャーシュー、蒲鉾、メンマ
しばらくして着丼いたしましたラーメン。
パッと見は前回同様の白っぽいもので九州風な印象を受けます。
いわゆるトラディショナル和歌山中華そばとは一線を画すもので
中々にオリジナリティ溢れるラーメンだと思いますが
ビジュアルはとにかくおとなしいですね…
P1140821.jpg





■デッドで!
P1140823.jpg
真っ白系なので豚骨が前面にでているのかと感じますが、
どうも豚骨1本でも無い様子…(確認はできておりませんがねw)

濃厚とはほど遠いですが、シャバいこともない… 
丁度中間点的な位置になりますかね。
比較的優しい味わいは若者より年配者向けにはなるのかな。

元ダレをもっとどっしりとしたものにすると
スープの存在感も向上するかとは思われますが
後はバランス次第ですかね。

全体的に甘さもありまして食べ易いのは間違いありません。
しかしパンチの無さも存在するのが正直なところです。


麺はやや細めのストレート♪
P1140827.jpg
若干、加水率が高めなんでしょうか?
食感はプッツンというものが残っていたので
これまた和歌山トラディショナルな麺と比較して
少しばかり趣が違う印象をうけました。

と言いましても、マッチングはアベレージなので
特に思う事はなく、最後までしっかりいただけました♪


一番印象に残ったのがチャーシュー。
P1140826.jpg
やや身厚にカットされておりまして柔らかいタイプ♪
赤身と脂身のバランスも良く、イヤな臭いや食感は無く、
噛めば肉の旨さがストレートに味わえるもの。
非常に高い完成度を感じまして、チャーシューには興味の無い私ですが
記憶にはキッチリと留まりました!




■食べてみて…
P1140832.jpg
最後は味変をすべくテーブル席に置かれていたホワイトペッパーを投入
してみたのですが、ピリッと感が若干出ただけでほとんど変化なしでございました。

前回とはほとんど変わらずマッチング、バランスは悪くなく
アベレージだと思いますが… ただちょっぴり「地味」なんですよね…
でも反面、敢えて「和歌山の中華そば」とは立ち位置の違う麺で勝負されており
しかも2年もの間しっかりと営業されているという点では
地元のお客さんをキッチリと掴まれているのだと個人的に想像します♪

これからも頑張ってくださいね〜!!!

【地図】お店の場所はコチラ


※『確かにビジュアルは地味やなぁ…』
このビジュアルに納得したならポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『しかし、チューハイの450円はちょっと高いよなぁ…』
そう感じたならこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m


【『たかとら 』これまでの飲食跡♬】
その1:幹線道路の裏側に潜む新店舗の実力はいかに(?_?)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター