お盆はやっぱ人多いな〜!!! 「中華そば○木」

この日のお客さんの層がいつもと全然違ったです…

■○木 中華そば
@和歌山市和歌浦南1-1-3
【営業時間】17:00~翌1:00
【定休日】月曜日
【電話】073-447-9557
【駐車場】専用駐車場アリ
【地図】お店の場所はコチラ
P1140835.jpg
P1140836.jpg
お盆の仕事帰りに寄り道したコチラ。
いつもなら駐車場も楽勝で置けるのに…

(満車のうえ店前にも溢れてるやないか!(」゜□゜)」

そんなお盆の○木♪
店内に一歩足を踏み入れると、そこは地元年寄りのワンダーランド!
カウンター席もテーブル席も地元のアダルティグループのメンバーでいっぱい。
そんな中、タイミング良くテーブル席がひとつだけ空席に。
ダッシュで着席し、

「中華ひとつ〜〜♪」




■店内&お品書き
P1140840.jpg
とにかく、年配のお客さんに占拠されている店内。
既に中華そばを完食してるにもかかわらず久しぶりなのか
はたまたお盆に集まっている親類縁者なのか

とにかく互いの話が盛り上がっちゃって帰る気配なし!(汗)
そんなテーブルを横目に壁のお品書きを確認していると
中華そばが運ばれて来ました〜♪



■中華そば(600円)
●スープ:醤油エッジ+豚骨
●麺:普通黄色ストレート
●具材料:豚赤身チャーシュー、千代巻、ねぎ、細ギリメンマ
運ばれる前から漂う醤油の香りを楽しみながら
着丼するのを待ってたところ・・・
P1140841.jpg
この札がかけられました。
やはりお盆の入りで地元のお客さんの持ち帰りが
多かったようですね。そしてしばらくして中華そばが到着です。




■デッドで!
P1140843.jpg

(えっ!スープの色薄いやん…(汗))

これまでには無かったくらいの明らかにライトな茶褐色なスープの色。
どちらかと言えば真っ黒に近いくらいのスープ色が多かったのに
この色には正直驚かされます。

そして味わいもしかり。
P1140846.jpg
ビシッっとエッジが効いたものではなく、
私の持つ○木のイメージよりは全然マイルディな仕上がり。
いつもの酸味も形を潜めておりまして…

味わいより雰囲気がガラッと変わった印象をうけました。


麺は普通ストレート!
P1140850.jpg
茹で加減もほんの気持ちだけ柔らかい感じですが
これはこれでマッチングとしてはOK!
食べ始めより最後になればなるほど旨くなってきました♪


そんな中、注目したのがこの日の具材料!
P1140854.jpg
赤身チャーシューですがパサパサ感は全くなく
どちらかと言うと「しっとり感」が前面に。


中でも一番素晴らしかったのが千代巻♪
P1140845.jpg
パッと見はわかり辛いですがかなり分厚くカットされてまして
千代巻の旨さをとことん感じる事ができました。

近くに蒲鉾の名店「丸濱」が控えているので
そちらの蒲鉾を使用してるのかな?って想像しちゃいました。

圧巻のラストはトラディショナル胡椒を注入!!!
P1140855.jpg
ピリリと味が引き締まりまして味変を楽しめました。
ここまでくるとこれまで強く感じていた酸味が
不要な気がしてくるから不思議ですね(笑)

マイルディな味わいの余韻がどんどん広がって
最後は美味しくフィニッシュです♪



■食べてみて…
P1140838.jpg
今回はホント来店平均年齢が50才を越えていたかと思われます。
「お盆」ということが大きく関わっているんでしょうが
一番年配のお客さんだと80くらいのおばあちゃんも
元気に中華そばを啜っておられました。

こんなシーンを見ると

「やはり和歌山には中華そば文化が根付いているんやなあ〜」

とあらためて感じます。

中華そばを食べている時の皆さんんの笑顔がホント印象的でした♪

【地図】お店の場所はコチラ


※『それほどスープの色は薄いとは思わへんけど…』
そう感じたならこちらをポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『年配のお客さんがたくさん来るお店ってイイよね〜♪』
「確かに!」って感じたならこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m



【『○木(まるき)中華そば 』これまでの食跡♬】
その1:○木(マルキ)
その2:2005/12/7 ○木
その3:2006/1/13 ○木と○イ
その4:2007/1/13 ○木
その5:2006/5/28 ○木
その6:2006/8/19 ○木
その7:2006/10/28 ○木
その8:○木 2007/9/12
その9:○木(まるき)中華そば   2008/6/25 
その10:濃いめの醤油はやっぱ効くなぁ~(^~^)
その11:実はここの持ち帰りは初めての経験なんすよ~(^~^)
その12:夜のみ営業の老舗は「中華一点」で勝負する潔さアリ!!!
その13:初シャッター(笑)
その14:あぁ昔ながらのお品書きが…(」゜□゜)」
その15:若い世代に支えられてます!!!

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター