ん? 「時三」

焼めしに変化が…

■時三
@和歌山市美園町4-82
【営業時間】19:00〜翌3:00
【定休日】日曜日
【電話】不明
【駐車場】近くにCPあり
【地図】お店の場所はコチラ
P1140749.jpg
P1140751.jpg
この日はランチにありつけずその腹いせもあって
仕事帰りにコチラ時三へGO〜♪

最近、店に入らずとも前を通ったら
結構お客さんで賑わっている様子がうかがえるんですよね〜。
そんなイメージで入店したのが21時30分。
この日も既に3名のお客さんがズルズルと麺を啜っていらっしゃいました。



■お品書き
P1140784.jpg
先にもあったようにこの日は朝から何も食べておらず空腹MAX!!!
よって迷い無くオーダーしたのが
「もやし」&「焼めし」のセット♪
かなりパワー&ボリューミーな組み合わせですが
一気にガツガツ食う爽快感は何物にも代え難いものです(笑)
注文を入れると

「あいよ〜ぉ♪」

という返事と同時に時さんが中華鍋を振り始めます。
さては、先ずはモヤシからやね…(笑)



■もやし中華(800円)
●スープ:豚骨ベース+鶏ガラ+醤油
●麺:細ストレート
●具材料:たっぷりモヤシ、人参、筍、ネギ

「カン、カン、カン♪」

中華鍋とコンロが合わさる音が心地よい響きを奏でる中
P1140753.jpg
TVを見ながら待つ事8分、先ず到着したのがもやし中華でござい〜♪



■デッドで!
P1140758.jpg


『スープ、旨っ!!!』

やや甘味ある味わいはスゴく優しくて、
黒ペッパー警部のピリリ感はアクセントとしてgood♪
そして獣系のコクあるベースとモヤシ炒め油のマッチングで
その熱々度は凄まじき哉(爆)

そんなスープの中からは…
P1140754.jpg

ウヒョ━ヽ(゚Д゚)ノ モヤシタマランワァァァ━!!

ガッツりとモリモリに盛られたモヤシの山は
いつも通りの見事なマウンテンビジュアル♪

で、何が素晴らしいって、「細い」もやしにもかかわらず、
シャキシャキと心地良い芯が残るその炒め方にアリ!

もう店主からの挑戦状のような悪魔的量のもやしなんですが
適度な油分にコーティングされ、香ばしい味わいが
食欲を増幅させる効果があり! と私は信じております。
っていうか、するすると食べてしまっちゃうんですよね(笑)

今回は先ず、真ん中のモヤシを食べてしまって
P1140761.jpg
その山をドーナツ化(笑)

周りに残ったモヤシを望み中央部分から見えるスープを見ると
P1140762.jpg

まるで阿蘇山のカルデラ湖のごとし♪


そしてその周りのモヤシの山をガツガツとやっつけるんですよね。
約1/3のもやしをやっつけてから鉢の底から麺を引き上げ上に載せると…
P1140764.jpg
モヤシと麺が渾然一体となって襲ってくるんですよ。
このボリューム感と圧迫感は『M』な私にとってはたまりません(爆)


異様な程にスープと見事なマッチングを見せる麺は
黄色がやや強い、普通ストレートなもの。
P1140767.jpg
茹で加減が具合良く、2/3のモヤシと一緒にかき込むのは
なんともまぁたまりませんわな(笑)
さすがに完スペは無理なのでスープを残し
途中に到着している「焼めし」にかかります。



■焼めし(600円)
P1140769.jpg
フワッと仕上がった焼めしは、卵の量が十分なもの♪
焼き色もそこそこで良い香りがしております。


そんな焼きめしをいただいてみたところ…


『ん??』

P1140773.jpg


な、何か優しいなぁ…


元来アグレッシブなものではなかったんですが、
もう少しこう締まった味わいだったイメージが残ってたんですが
今宵の焼めしは少しばかりゆるい感じがする…


味わいの濃さやパンチではなく、どちらかと言えばその食感。
P1140781.jpg
やや荒っぽく表現するなら「若干湿った仕上がり」ていう感じかな。

なんか、ちょっと引っかかった印象を引きずったまま
完食となりました。



■食べてみて…
P1140782.jpg
やはりここの「もやし&焼めし」のセットは

ボリューミー極まりないなぁ…(苦笑)

とあらためて実感。

今宵の焼めしは若干の違和感がありましたが
それほどたいそうな事ではなかったです。それより
モヤシ中華のパワフルさが相変わらず楽しいですね♪

ラーメン鉢にこれでもかと高く盛られた「もやし」のひたむきさと
「トラディショナル中華の二郎系」とでも言うべき存在感は
いまでは和歌山に無くてはならない存在になりつつあると思います♪
P1140765.jpg
食欲を掻き立てられるその香りと
炒めたスープとミキシングされた味わいは
日々、新たなる中毒者を生んでいると思われます…

╰(*´︶`*)╯中毒にご注意(爆)( *˘╰╯˘*)

【地図】お店の場所はコチラ


※『「お前が一番中毒者やろ!!!(笑)』
そんなツッコミはコチラをポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『この組み合わせはもはや鉄板!』
と思っているならこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m


【『時三(ときぞう) 』これまでの飲食跡♬】
その1:時三(トキゾウ) 2005/07
その2:タイムスリップしたような空間
その3:このモヤシ中華はハッキリ言って食うべき逸品じゃ!!!
その4:今宵もたっぷりのモヤシを堪能す(笑)
その5:「たま~に」ですが、20時でも開店されてない時があります(笑)
その6:モヤシワールドを堪能するにはここは外せない!!!(笑)
その7:時三フルコースを堪能した日
その8:中華食べなかったのは初めてだ(笑)
その9:こんなものをお願いしちゃいました(笑)
その10:Deep night tour in Wakayama 中華いこら~♫ 3軒目 中華そば時三(ときぞう)
その11:約3年振りに『もやし』をいただきました!
その12:最近、焼めしづいてるなぁ(笑)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター